• 首でも血圧が測れるか興味を持ち、近くにいた男性消防士長(35)の首に太もも用の血圧計の帯を巻いて加圧したところ、失神してしまった
  • ・・・
  • 失神は一瞬で、すぐに意識は戻った…2人は事を荒立てたくないとして上司に報告しなかったが、12月5日に匿名の「市長への手紙」が寄せられて発覚
  • ・・・
  • 同消防署の聴取に2人とも事実を認め、失神した消防士長は「ある程度絞まったら止めてくれると思っていた」と話したという
後で読む
同僚の消防隊員の首に電動の血圧計の帯を巻いて加圧し、失神させたとして、川崎市消防局は26日、宮前消防署の男性消防士長(29)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。

消防士長は「悪ふざけでやってしまった。失神するまで加圧できるとは思わなかった」と話しているという。

 市消防局によると、救急隊員だった消防士長は昨年10月2日、救急車内で資機材の点検を実施。

首でも血圧が測れるか興味を持ち、近くにいた男性消防士長(35)の首に太もも用の血圧計の帯を巻いて加圧したところ、失神してしまった。

失神は一瞬で、すぐに意識は戻った。

 2人は事を荒立てたくないとして上司に報告しなかったが、12月5日に匿名の「市長への手紙」が寄せられて発覚。

同消防署の聴取に2人とも事実を認め、失神した消防士長は「ある程度絞まったら止めてくれると思っていた」と話したという。

 原悟志消防局長は「市民の生命・身体・財産を守るべき消防署員として誠に不名誉な行為で、市民に心から深くおわびする」とコメントした。

2/26(水) 20:50配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事