• ロシアのプーチン大統領は、新たな憲法に領土の割譲を禁止する条文を盛り込むことに賛同する一方、国境線を画定する交渉は妨げない方針を強調し、日本を含む周辺国に配慮する姿勢を示したものとみられます
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事