• 俳優の小泉孝太郎が、4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』に出演する
  • ・・・
  • 13年ぶりとなる新作で前作同様、里中賢介役を続投する
  • ・・・
  • 「当時も『チーム ハケンの品格』…一緒にワクワクできるような作品にできたらと思っています」
後で読む
2/27(木) 5:00 オリコン 小泉孝太郎、『ハケンの品格』13年ぶり新作で続投 主任から課長へ出世「一緒にワクワクできるような作品に」 日本テレビ4月期水曜ドラマ『ハケンの品格』で続投が決定した小泉孝太郎 (C)日本テレビ  俳優の小泉孝太郎が、4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ハケンの品格』(毎週水曜 後10:00)に出演する。

13年ぶりとなる新作で前作同様、里中賢介役を続投する。

主演の篠原涼子演じる“最強のハケン社員”大前春子との恋の行方にも注目。

「当時も『チーム ハケンの品格』の熱量には特別なエネルギーを感じていましたので、それをさらにパワーアップして皆さんにお伝えしたいです。初めて見る方にも、そして前作から引き続き見てくださる方にも、一緒にワクワクできるような作品にできたらと思っています」と意気込みを語っている。

 時代は平成から令和へ。

新卒で会社に就職し正社員になれば将来は安泰、という日本の雇用システムは終わり、もはや「サラリーマンになれば一生安泰」というのは幻想となった。

日本人の仕事に対する考え方も大きな変化を見せているなか、「働き方改革」「高齢化」「副業」「アウトソーシング」「AI導入」などカオスと化したこの時代、一匹狼のスーパー派遣社員・大前春子はどんな働き方をしているのだろうか。

このドラマは新しい時代の働く者の品格を問う。

 13年前はマーケティング課の主任だった里中だが、『ハケン弁当』の大成功も後押しし、なんだかんだと出世コースに乗った結果、営業局営業企画課長に出世。

しかし近年の「働きかた」の複雑化やそれぞれの立場によっての矛盾や対立が増え、それでも良い管理職であろうと不器用に汗をかく毎日…。

 里中は会社の未来に漠然とした不安を抱き、右肩下がりの会社とその社員たちに良い刺激を与えようと、一大決心で“スーパーハケン”大前春子を呼び出す。

果たして里中は、揺らぐ会社(S&F)を立て直すことができるのか。

 今回の復活に小泉も「もちろんうれしかったですが、『本当に…?』とちょっと信じられない思いの方が強かったです」と驚き。

「ただ、今日衣装合わせをして、スタッフさんと会って、役柄・共演者の話をしてく中で徐々に実感が沸いてきました。また大前春子に会えると思うと…視聴者の皆さんと同じくらい楽しみです」と期待を寄せる。

 「13年という時が経っていますが、それぞれがそれぞれの場で活躍、成長して、また集まってお芝居ができる事は何よりの喜びですし、一度一緒に作品を作ったことのあるチームだからこそのあうんの呼吸、チームワークが発揮できるのではと思っています」と自信を見せる。

「僕が演じる里中は、主任から課長に昇進してはいますが、彼の持つ人柄は変わっておらず、立場が変わったからこその悩みや目線は、きっと視聴者に近いものだと思うので、里中を通していろんなことを感じていただけたらうれしいです」と呼びかけている。

(おわり)
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事