• 2016年夏に作新学院のエースとして全国制覇を成し遂げ、同年ドラフト1位で西武入り、昨季7勝を挙げ、4年目の今季に本格覚醒の期待がかかる今井達也投手
  • ・・・
  • 26日のオリックスとの練習試合に登板し“不本意な”自己最速をマークした
  • ・・・
  • 5回から2番手で登場した今井は先頭の宜保に対し、ボール、ボール、ボール、見送りストライク、ボールでいきなり四球を与えたが、5球全てが150キロ超
後で読む
「絶対出てないです、絶対出てないです、絶対出てないです。それはもう断言できます」 2016年夏に作新学院のエースとして全国制覇を成し遂げ、同年ドラフト1位で西武入り、昨季7勝(9敗)を挙げ、4年目の今季に本格覚醒の期待がかかる今井達也投手。

26日のオリックスとの練習試合(宮崎・清武)に登板し“不本意な”自己最速をマークした。

観客がどよめいた。

5回から2番手で登場した今井は先頭の宜保に対し、ボール、ボール、ボール、見送りストライク、ボールでいきなり四球を与えたが、 5球全てが150キロ超。

続く中川を149キロで遊ゴロ併殺に仕留めた。

そして小田への初球は、球場スコアボードの表示で155キロを計測。

昨年3月30日のソフトバンク戦でマークした自己最速154キロを1キロ更新した。

さらにカウントを1-2とした後、再び155キロを計測した4球目が、小田の右太もも付近を直撃する死球に。

小田はそのまま交代したほどだ。

今井は続く杉本を149キロで投ゴロに打ち取る。

結局、8回まで計4イニングを投げ、1安打3四死球を許したものの3三振を奪い無失点で切り抜けた。

だが、辻監督は試合後、首を横に振り「ダメでしょ。(ストライクとボールが)ハッキリしていたもの。(技術的に)きっちり確立されていない」と手厳しかった。

むしろ、最速こそ150キロ止まりだったものの、空振り三振2つと右直で3者凡退で終えた8回の投球を評価。

「せっかく良くなったから、西口(投手コーチ)に『もう1イニング投げさせろ』と言ったんだけど、『球数が……』と反対するし、どこかおかしくなったら俺の責任になるから、折れたよ」と笑わせた。

今井も自覚していた。

「力み倒して制球が定まらず、まだまだっていうか、実戦で投げられるレベルじゃないと思いました。 試合前に西口さんから『ストライク先行でいけるように』という話をしてもらっていたんですけど、なかなかできなかった」と猛省。

遊ゴロ併殺と投ゴロも「真っすぐがたまたま、ちょっとシュートして……狙い通りのボールではなかった」という。

開幕投手のニールは4回5安打2失点も辻監督は「安定している。余計な四球を出さない」 その上で「最後の回だけですね。あれくらい力が抜けて、最後(リリースの瞬間)だけ力が入れば、いいボールが行く。あれが最初からできなければいけないと、試合後に森(友哉捕手)さんと話しました」と明かした。

そして155キロについては「絶対出てないです、絶対出てないです、絶対出てないです。それはもう断言できます」と繰り返し、「(自分の感覚では)150も出ていないんじゃないですかね」と計測ミスと言わんばかりで、自己最速認定を拒んだ。

「真っすぐの強さ、質で勝負していきたい。球速はあまり気にせず、真っすぐを狙われてもファウルになるような、そういうボールを求めています。狙った高さ、コースにしっかり投げ切ることも大事なので、自分の目的、目標を見失わず、完成度を上げていかないと」と語り、「しっかり練習をしないといけないと、改めて思いました。ブルペンでも打者に立ってもらうなり、極力実戦に近い形で練習することが足りてなかった」と自ら解説してみせた。

オープン戦・練習試合序盤のこの時期は、単純に結果だけではその価値を計れず、ましてやスピード表示は球場によってまちまちで当てにならない。

この日の先発は昨季12勝1敗で、すでに今季開幕投手を務めることが発表されているザック・ニール投手で、最速は147キロ、4回5安打2失点とパッとしなかったが、辻監督は「安定している。余計な四球を出さないし、大量失点しそうにない。(球速は)『速すぎたんじゃないか?』と本人に言ったよ」と信頼を深めた様子だ。

現時点でこのあたりに、今井との大きな差がある。

2/26(水) 20:39配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事