• 無難に生きる方法論今こそ自宅勤務 テレワークの推進を石蔵文信 / 大阪大学招へい教授2020年2月27日新型コロナウイルスが猛威をふるい、各地でイベントが中止になっています
  • ・・・
  • インフルエンザなら症状が出た時点で自宅待機をすればある程度感染は防げるかもしれません
  • ・・・
  • しかし、今回の新型コロナウイルスの場合は無症状の感染者が大変多いことや症状のない時からの感染力がかなり強いようです
後で読む
無難に生きる方法論 今こそ自宅勤務 テレワークの推進を 石蔵文信 / 大阪大学招へい教授2020年2月27日  新型コロナウイルスが猛威をふるい、各地でイベントが中止になっています。

私にも講演会の中止のお知らせが多く届いています。

医学系の学会の中止も相次いでいます。

ウイルス感染症の流行に重要な要素は、人です。

 通常、ウイルスは生き物(例えばヒト)を宿主とするのでヒトのいないところには広がりません。

テレビでは連日、船や電車などの混雑したところがリスクであると言われています。

インフルエンザなら症状が出た時点で自宅待機をすればある程度感染は防げるかもしれません。

 しかし、今回の新型コロナウイルスの場合は無症状の感染者が大変多いことや症状のない時からの感染力がかなり強いようです。

そのため、このウイルス感染を完全に制御するのは、非常に困難なように感じます。

 問題は、感染症にかかった後の致死率と思われます。

今のところ、発表されている致死率は2%くらいで、しかも合併症のある方や高齢者の致死率が少し高いために一般の方にはそれほど脅威ではなさそうです。

コロナウィルスの市中感染が広がりつつある現状では、水際対策より感染予防が主な対策になるように思えます。

この記事は有料記事です。

残り964文字(全文1434文字)
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

https://twitter.com/9crow3/status/1231725878922498048

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事