• 去年、無人で自動運転していた横浜市の新交通システム「シーサイドライン」が逆走した事故で、事故の原因とされている車両内のケーブルの断線について、車両を製造する際の配線作業が適切に行われず、ケーブルの絶縁体が摩耗する状態になっていたことが運輸安全委員会の調査で分かりました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事