• 27日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落し、前日比401円14銭(1.79%)安の2万2025円05銭で前場を終えた
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への警戒から、海外投資家による断続的な先物売りが出て、相場を押し下げた
  • ・・・
  • 前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2993億円、売買高は7億7176万株だった
後で読む
東証前引け 大幅続落、一時2万2000円割れ 新型コロナ警戒続く 2020年2月27日 11:49 27日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落し、前日比401円14銭(1.79%)安の2万2025円05銭で前場を終えた。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への警戒から、海外投資家による断続的な先物売りが出て、相場を押し下げた。

心理的な節目の2万2000円を下回り、取引時間中としては2019年10月以来、4カ月半ぶりの安値を付ける場面があった。

米CNBCが日本時間27日午前、「米疾病対策センター(CDC)が米国内で最初の新型コロナウイルスの『地域感染』の可能性があるケースを確認した」と報じた。

世界各地で感染者が増加し、経済に悪影響をもたらすとの警戒感が一段と強まり、米株価指数先物が下落し日本株の重荷となった。

日経平均が一時438円安となり2万2000円を下回った局面では、逆張り志向の個人投資家による押し目買いが入り下げ渋った。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2993億円、売買高は7億7176万株だった。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も大幅続落した。

東証1部の値下がり銘柄数は1949と、全体の9割を占めた。

値上がりは171、変わらずは37銘柄だった。

新生銀やZHDが売られた。

SUMCOと太陽誘電、パナソニックが安く、川崎汽やIHIが軟調だった。

半面、キリンHDや味の素が上昇。

オリンパスや中外薬が堅調に推移し、ファミマや日本製鉄が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事