• IAEA=国際原子力機関のグロッシ事務局長は、東京電力福島第一原子力発電所にたまり続けている放射性物質のトリチウムなどを含んだ水の処分について、地元や韓国から反対の声が上がっていることに対応するため、IAEAとしてモニタリングを行う用意があると日本政府に伝えたことを明らかにしました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事