• 損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった
  • ・・・
  • いじめと自殺の因果関係を認めた一方…「自殺は自らの意思によるものであり…」などとして過失相殺し…元同級生2人に計約3750万円の支払いを命じた一審・大津地裁判決を変更して賠償額を減額
  • ・・・
  • 元同級生側に約400万円を支払うよう命じた
後で読む
 大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が2011年10月に自殺したのはいじめが原因だとして、男子生徒の両親が元同級生3人らに計約3850万円の 損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が27日、大阪高裁であった。

 佐村浩之裁判長は、いじめと自殺の因果関係を認めた一方、「自殺は自らの意思によるものであり、両親側も家庭環境を整え、いじめを受けている子を精神的に 支えることができなかった」などとして過失相殺し、元同級生2人に計約3750万円の支払いを命じた一審・大津地裁判決を変更して賠償額を減額。

元同級生側に 約400万円を支払うよう命じた。

 一審判決によると、男子生徒は11年9月以降、顔を殴られたり蹴られたりする▽制汗スプレーを使い切るまでふきつけられる▽口に粘着テープを貼られ、 手足を鉢巻きで縛られる▽蜂の死骸を食べさせられそうになる――などの行為を元同級生2人から受けた。

朝日新聞社
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事