• 前半からロケッツの猛攻を受け、112-140で敗北したものの、この日グリズリーズの渡邊雄太がベンチ入りを果たし、今季レギュラーシーズン10試合目に出場した
  • ・・・
  • 渡邊は第1クォーター残り3分48秒、ヨナス・バランチュナスとの交代でコートに立ち、ディフェンスリバウンド1つを獲得して、ジャンパーを1本放ったがこれをミス
  • ・・・
  • しかし第2クォーターはスタートから出場し、同クォーター残り8分48秒にはロケッツのディフェンスを引きつけたジョッシュ・ジャクソンからのアシストを受け、ボスハンドダンクを決めた
後で読む
■ジャクソンとの連携でダンクを決めた渡邊  2月27日(現地時間26日)、メンフィス・グリズリーズがアウェイであるトヨタ・センターにてヒューストン・ロケッツと対戦。

前半からロケッツの猛攻を受け、112-140で敗北したものの、この日グリズリーズの渡邊雄太がベンチ入りを果たし、今季レギュラーシーズン10試合目に出場した。

 渡邊は第1クォーター残り3分48秒、ヨナス・バランチュナスとの交代でコートに立ち、ディフェンスリバウンド1つを獲得して、ジャンパーを1本放ったがこれをミス。

しかし第2クォーターはスタートから出場し、同クォーター残り8分48秒にはロケッツのディフェンスを引きつけたジョッシュ・ジャクソンからのアシストを受け、ボスハンドダンクを決めた。

その後ロケッツのオースティン・リバースにレイアップを決められ、スコアを25-42とされたグリズリーズはタイムアウト。

このタイミングで渡邊は再びベンチへ戻ることに。

 迎えた後半、第3クォーターには出場しなかったが、第4クォーター残り9分2秒に再びコートへと戻った。

タフショットを放ち、トランジションでは右ウイングの3ポイントシュートをアテンプトするが、リングに嫌われる。

またドライブから豪快にダンクを試みた際に、ロケッツのブルーノ・カボクロにブロックされてしまったが、会場ではその臆することない大胆さにどよめきが起こった。

 最終的に渡邊は試合終了までコートに立ち、約16分の出場時間の中で2得点3リバウンド2アシストを記録。

動画
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事