• 日本共産党の歴史について振り返れば、戦前に暴力革命路線を取っていたことが有名だが、戦後においても1950年代に過激な武装闘争路線を取っていたことでも知られる
  • ・・・
  • 現在、この50年代の武装闘争路線の歴史は日本共産党にとって漆黒の闇のような歴史となっており、あくまで一部の分派が行った過ちだったとしている
  • ・・・
  • 冒頭、某国会議員が不勉強なのか、不誠実なのか分からないと書いたのは、少しでも歴史を調べてみれば、日本共産党が隠蔽しようとしている闇の歴史が見えてくるはずだからである
後で読む
 【日本の選択】  底抜けに不勉強な人物なのか、限りなく不誠実な人物なのか、どちらか見分けがつかなかった。

先日、野党の某国会議員のツイートを見て驚愕(きょうがく)した。

日本共産党が暴力革命を目指していた事実があるのか否かを問うていたのである。

 これは「神社では神様を祀っているって本当ですか?」「クリスマスってキリストの誕生日って本当ですか?」といった類の、基本的な常識を尋ねているようなものだ。

 日本共産党の歴史について振り返れば、戦前に暴力革命路線を取っていたことが有名だが、戦後においても1950年代に過激な武装闘争路線を取っていたことでも知られる。

 朝鮮戦争の勃発(50年)に際し、ソ連のスターリンが後方攪乱(かくらん)のために日本共産党に武装闘争路線を命じたのだ。

この指令に従って、新たに発表されたのが「1951年テーゼ(51年綱領)」である。

この中で、日本共産党は「日本の解放と民主的変革を、平和の手段によって達成しうると考えるのはまちがいである」と明言し、武力革命の必要性を説いた。

 現在、この50年代の武装闘争路線の歴史は日本共産党にとって漆黒の闇のような歴史となっており、あくまで一部の分派が行った過ちだったとしている。

しかしながら、日本共産党の名の下で出されたテーゼであることは否定のできない事実である。

 現在、「議会で多数を得ての平和的変革こそ日本共産党の一貫した立場」(2月14日、『しんぶん赤旗』電子版)などと主張し、「日本共産党は、『暴力主義的破壊活動』の方針なるものを、党の正規の方針として持ったり、実行したりしたことは、ただの一度もありません」と説明している。

 しかし、この50年代の黒い闇の歴史を分派の責任に負わせ、自分たちは無責任だとするのは無理があるだろう。

 ドイツのリヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー大統領の「過去に目を閉ざす者は、現在にも盲目になる」との言葉を引用しながら、過去の日本軍の残虐行為を反省せよと唱える「リベラル」が多い。

だが、彼らは日本共産党の過去には目を閉ざし、盲目的に野党共闘を目指そうとする。

 冒頭、某国会議員が不勉強なのか、不誠実なのか分からないと書いたのは、少しでも歴史を調べてみれば、日本共産党が隠蔽しようとしている闇の歴史が見えてくるはずだからである。

仮に、知らないのであれば、あまりにも不勉強であり国会議員の資格はない。

 仮に、日本共産党の闇の歴史と、その体質を知りながら無知を演じていたとするならば、限りなく不誠実な人物であり、国会議員の資格はない。

いずれにしても、この人物は国政に参画する器ではない。

 なお、私が某議員としか書かないのは武士の情けからではない。

実名で批判され、目立ったことを喜ぶような倒錯した精神を持つ野党議員が少なくないからである。

 ■岩田温(いわた・あつし) 1983年、静岡県生まれ。

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、同大学院修士課程修了。

拓殖大学客員研究員などを経て、現在、大和大学政治経済学部政治行政学科専任講師。

専攻は政治哲学。

著書・共著に『「リベラル」という病』(彩図社)、『偽善者の見破り方リベラル・メディアの「おかしな議論」を斬る』(イースト・プレス)、『なぜ彼らは北朝鮮の「チュチェ思想」に従うのか』(扶桑社)など。

夕刊フジ 2/27(木) 16:56
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事