• 文字を書くことができない人が選挙で投票する際に、代筆を頼む相手を投票所の事務員に限定している公職選挙法の規定の是非が争われた裁判で、大阪地方裁判所は、規定は合理的だと判断し、自分のヘルパーに代筆を頼むことを認めるよう求めていた男性の訴えを退けました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事