• アウェイゴール差でオリンピアコスの16強進出が決まった
  • ・・・
  • クラブ・ブルージュと対戦したマンチェスター・Uは、今冬新加入のオディオン・イガロの加入後初得点などで5発大勝
  • ・・・
  • 新型コロナウイルス流行の影響で無観客の中で行われたインテル対ルドゴレツの一戦は、インテルがロメル・ルカクの得点などで2-1で勝利
後で読む
ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグの15試合が、26日から27日にかけて行われた。

なお、奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)と長谷部誠、鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)の一戦は、嵐の影響で日本時間2月28日26時(29日2時)キックオフに延期となった。

 昨季のファイナリスト・アーセナル(イングランド)は、ホームでオリンピアコス(ギリシャ)と対戦した。

オリンピアコスが53分に合計スコアを1-1にすると、試合は延長戦に突入。

アーセナルは113分に一時リードを広げたが、試合終了間際の120分に失点。

アウェイゴール差でオリンピアコスの16強進出が決まった。

 昨季のチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝まで進出したアヤックス(オランダ)は、ホームでヘタフェ(スペイン)と対戦。

2-1の勝利となったが、敵地でのファーストレグでアウェイゴールを奪えなかったツケが回って合計スコアは2-3となり、ベスト32で姿を消すことになってしまった。

 クラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦したマンチェスター・U(イングランド)は、今冬新加入のオディオン・イガロの加入後初得点などで5発大勝。

合計スコアを6-1として、順当に決勝トーナメント2回戦へ駒を進めた。

 新型コロナウイルス流行の影響で無観客の中で行われたインテル(イタリア)対ルドゴレツ(ブルガリア)の一戦は、インテルがロメル・ルカクの得点などで2-1で勝利。

合計スコア4-1で勝ち上がった。

 ポルト(ポルトガル)のMF中島翔哉は、ホームのレヴァークーゼン戦に29分から出場。

チームは1-3で敗戦し、合計スコア2-5で敗退した。

また、ポルトガル勢はベンフィカとスポルティング、ブラガも揃って敗退。

ポルトガル勢がCL・ELともに16強を前に姿を消したのは、現行のフォーマットとなった2003-04シーズン以降では初のこととなった。

 AZ(オランダ)のDF菅原由勢の出場はなく、チームはLASKリンツ(オーストリア)に0-2(合計スコア1-3)で敗れ敗退が決まった。

 決勝T1回戦セカンドレグの結果と合計スコアは以下の通り。

決勝T2回戦の組み合わせ抽選会は、日本時間28日の21時から行われる。

■26日 ブラガ 0-1(合計スコア2-4) レンジャーズ ■27日 アヤックス 2-1(合計スコア2-3) ヘタフェ セルティック 1-3(合計スコア2-4) コペンハーゲン セビージャ 0-0 クルージュ(合計スコア1-1)  ※アウェイゴール差でセビージャが突破 アーセナル 1-2(合計スコア2-2) オリンピアコス  ※アウェイゴール差でオリンピアコスが突破 マンチェスター・U 5-0(合計スコア6-1) クラブ・ブルージュ インテル 2-1(合計スコア4-1) ルドゴレツ ベンフィカ 3-3(合計スコア4-5) シャフタール エスパニョール 3-2(合計スコア3-6) ウルヴァーハンプトン イスタンブール・バシャクシェヒル 4-1(合計スコア5-4) スポルティン ポルト 1-3(合計スコア2-5) レヴァークーゼン バーゼル 1-0(合計スコア4-0) APOEL LASK 2-0(合計スコア3-1) AZ マルメ 0-1(合計スコア1-5) ヴォルフスブルクグ ヘント 0-1(合計スコア1-2) ローマ ■28日開催 ザルツブルク vs フランクフルト(合計スコア2-4) 2/28(金) 9:57配信サッカーキング
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事