• 山口が勝負するのはメジャー…なのに、開幕が1カ月後に迫ったこの時期、打たれた原因を環境の差異に求めるのは、スタートラインに立つ以前の問題だろうと周囲の関係者をアキれさせているのだ
  • ・・・
  • マイナー暮らしがほとんどで、いまだ「ヤンキース史上最悪の契約」と米メディアに揶揄されている最大の原因は、環境の違いに適応できなかったことだといわれる
  • ・・・
  • メジャーのマウンドは硬く、踏み出した右足が日本のように沈まない
後で読む
24日のメジャー初登板(対ブレーブス)でいきなり炎上したブルージェイズの山口俊(32)。

周囲が気をもんでいるのは3分の2回で3安打3失点、2四死球の結果より、本人の取り組み方、考え方だという。

試合後の山口が「メジャー公認球に適応しているところ」と発言、「日本のボールより大きくて、縫い目が低い」と続けた。

山口が勝負するのはメジャー。

ボールやマウンドの硬さは違って当然だし、違和感があるならさっさと適応してしかるべき。

なのに、開幕が1カ月後に迫ったこの時期、打たれた原因を環境の差異に求めるのは、スタートラインに立つ以前の問題だろうと周囲の関係者をアキれさせているのだ。

例えば井川慶は20億円超でヤンキースに入団するも、5年間でわずか2勝(4敗)。

マイナー暮らしがほとんどで、いまだ「ヤンキース史上最悪の契約」と米メディアに揶揄されている最大の原因は、環境の違いに適応できなかったことだといわれる。

メジャーのマウンドは硬く、踏み出した右足が日本のように沈まない。

だからチェンジアップが抜けないと、ボヤき続けたそうだ。

それだったら、メジャーの環境に通用するチェンジアップを模索するなり、他の新たな変化球を身に付けるべきなのに、それをしなかった。

というより、しようとしなかったからこそ結果を残せなかったと、少なくとも周囲はそうみている。

29日にはメジャーでは異例の100球を投げ込んだが……。

2/28(金) 12:00配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事