• 組織的なドーピングで、東京オリンピック・パラリンピックなどへの参加を禁止したロシアへの処分の正当性をめぐる仲裁で、CAS=スポーツ仲裁裁判所は、ことし4月までは関係者から聞き取りを行う聴聞会を開かないと発表し、最終的な判断は5月以降になる見通しとなりました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事