• 同紙によると、来季から22歳以上の選手が別の国から期限付き移籍する人数を制限するという
  • ・・・
  • 2020/21シーズンは最大8人、2022/23シーズンには最大6人という形で段階的に減らしていくようだ
  • ・・・
  • 各国の協会に応じた原則に従って国際レンタル移籍の制限を実施するため最大3年間の猶予が設けられる
後で読む
国際サッカー連盟(FIFA)が2020/21シーズンから国際レンタル移籍に制限をかける案を承認した。

27日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 同紙によると、来季から22歳以上の選手が別の国から期限付き移籍する人数を制限するという。

2020/21シーズンは最大8人、2022/23シーズンには最大6人という形で段階的に減らしていくようだ。

各国の協会に応じた原則に従って国際レンタル移籍の制限を実施するため最大3年間の猶予が設けられる。

 この改革は欧州だけでなくJリーグにも影響を与えそうだ。

日本人選手が海外挑戦する場合、期限付き移籍の形で欧州のクラブへ移る事例が多い。

現在よりも海外挑戦が難しくなる可能性もありそうだ。

2/28(金) 11:40配信
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事