• 都幹部は「今は開催することを前提に準備を進めていくしかない」と割り切る
  • ・・・
  • 都は、3月15日までを感染拡大防止の集中対策期間と定め、大規模イベントの延期や中止を決定
  • ・・・
  • 聖火リレーのランナーから実施の有無について都に問い合わせが寄せられるなど、関係者の間には不安が広がっている
後で読む
五輪準備「進めるしかない」 東京都、開催に悲観論も-新型肺炎 2020年02月28日17時14分  新型コロナウイルスの感染が拡大する中、東京五輪・パラリンピックを予定通り開催すると強調する政府や大会組織委員会の公式見解とは対照的に、東京都庁内では「感染の収束が見通せない中、どのような状況になるのか分からない」と悲観論も漂う。

都幹部は「今は開催することを前提に準備を進めていくしかない」と割り切る。

 都は、3月15日までを感染拡大防止の集中対策期間と定め、大規模イベントの延期や中止を決定。

だが、別の都幹部は「ウイルスは未知。4月以降に感染が収まっているかどうか分からない」と頭を抱える。

聖火リレーのランナーから実施の有無について都に問い合わせが寄せられるなど、関係者の間には不安が広がっている。

 この幹部は、国際オリンピック委員会(IOC)が大会を延期する可能性はあるとみる。

「日本で収束しても、世界各地で感染爆発が起こり五輪出場選手の練習に影響が出れば、IOCは決断するのではないか。現時点で延期や中止の選択肢を否定することはできない」。

元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事