• 全国の学校への休校要請は意外な所にも影響を与えています
  • ・・・
  • 27日の発表から一夜明け、ある野菜の値段が大きく動いていました
  • ・・・
  • さらに今後、値下げが加速する可能性が高いといいます
後で読む
“一斉休校”余波 なぜか食品の値段が上がり下がり  全国の学校への休校要請は意外な所にも影響を与えています。

27日の発表から一夜明け、ある野菜の値段が大きく動いていました。

一体、なぜなのでしょうか。

 国産の葉物野菜は軒並み安くなっています。

その原因は給食です。

給食で大量に使われるはずだった野菜が余り、2割ほど安くなっていました。

さらに今後、値下げが加速する可能性が高いといいます。

一方、逆に値上がりしているものもあります。

 アキダイ・秋葉弘道社長:「長芋が非常に売れている。市場では長芋がないと大騒ぎ。(仕入れ値は)2~3割上がっています」  海藻類など保存が効くものも27日から急に売れ始めたといいます。

 コロナショックは意外なところにも影を落としていました。

墓石です。

中国の工場がストップし、墓不足に陥りました。

武蔵石材店では、5人の客が墓石待ちだといいます。

 また、夏場には欠かせない冷却ミスト。

問題は容器の「トリガーノズル」と呼ばれる部分です。

ウイルス対策で除菌スプレーの需要が増え、中国の工場も生産の見通しは立っていません。

※ ソースに動画あります 2/28(金) 20:03配信テレ朝 news
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事