• 去年行われた競泳の世界選手権の金メダリストで、ドーピング検査を妨害した疑いが持たれていた中国の孫楊選手について、CAS=スポーツ仲裁裁判所は28日、ドーピングの規程に違反する行為があったと認定し、8年間の資格停止処分とする裁定を下しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事