• Dragon Ashが1997年から現在までに発表したタイトルのうちのべ322曲の配信が、各サブスクリプションサービスにてスタートした
  • ・・・
  • 1997年2月にメジャーデビューして以降、さまざまな変遷を遂げながらも、日本のロックシーンを牽引してきたDragon Ash
  • ・・・
  • メンバーである桜井誠には「隠れた名曲」をコンセプトに、Dragon Ashと親交のある著名人12名には「私が選ぶDragon Ashの3曲」をテーマにプレイリストを作成してもらった
後で読む
Dragon Ash特集|過去タイトルストリーミング解禁記念 著名人12名が選曲した“Dragon Ashの3曲” 2020/02/28音楽ナタリー Dragon Ashが1997年から現在までに発表したタイトルのうちのべ322曲の配信が、各サブスクリプションサービスにてスタートした。

1997年2月にメジャーデビューして以降、さまざまな変遷を遂げながらも、日本のロックシーンを牽引してきたDragon Ash。

オルタナティブロック、ヒップホップ、エレクトロ、ラテンなどさまざまなジャンルを取り入れた先鋭的なサウンドは時代を超えて多くのリスナーに支持されている。

今回のストリーミング解禁を記念して、音楽ナタリーでは特集を企画。

メンバーである桜井誠(Dr)には「隠れた名曲」をコンセプトに、Dragon Ashと親交のある著名人12名には「私が選ぶDragon Ashの3曲」をテーマにプレイリストを作成してもらった。

※コメントは省略。

●Dragon Ashメンバー桜井誠(Dr)が選ぶ隠れた名曲 ・Snowscape ・Trigger ・PARTIAL BLIND ●大木伸夫(ACIDMAN) ・陽はまたのぼりくりかえす ・百合の咲く場所で ・繋がりSUNSET ●GEN(04 Limited Sazabys) ・Let yourself go, Let myself go ・Deep Impact feat. Rappagariya ・Life goes on ●JQ(Nulbarich) ・Iceman ・Drugs can’t kill teens ・Under Age’s Song ●JFKK(カメラマン) ・Big Town Rhapsody ・夢で逢えたら ・Viva la revolution ●TAKUMA(10-FEET) ・夕凪UNION ・Scarlet Needle ・Velvet Touch ●N∀OKI(ROTTENGRAFFTY) ・Fantasista ・For divers area ・ROCK BAND
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事