• すでに場所前のイベントは続々中止になっている
  • ・・・
  • 協会は3月1日の臨時理事会で決断を下すという
  • ・・・
  • 直前の2場所で11勝、10勝…大関昇進は「三役で3場所33勝」なので、ノルマは12勝だ
後で読む
 苦しい選択を突き付けられた。

 新型コロナウイルスの影響で、開催の是非を問われている大相撲3月場所(8日初日=大阪)。

すでに場所前のイベントは続々中止になっている。

毎年恒例の住吉大社での横綱土俵入りが中止になり、開幕直前の7日に行われる土俵祭りも力士は不参加、一般開放もなしと決定した。

 尾車事業部長(元大関琴風)は「力士がひとりでも(コロナウイルスに)感染していたら中止にせざるを得ない」と話し、健康管理の徹底を呼び掛けた。

通常開催か、それとも無観客か、あるいは中止になってしまうのか。

協会は3月1日の臨時理事会で決断を下すという。

 角界にはいま、追い風が吹いている。

それを象徴するのが、北の湖以来38年ぶりとなる「横綱大関」だ。

大関は原則2人だが、現在は貴景勝(23)しかいない。

そのため、番付表では横綱が大関を兼ねる必要がある。

今回は西の横綱鶴竜がその役割を果たすということだ。

 裏を返せば、三役以下の力士にとっては出世のチャンスに他ならない。

北の湖が最後に横綱大関の看板を背負ったのが、琴風がひとり大関だった1982年1月場所。

その翌年の83年7月場所では隆の里、北天佑、朝潮、若島津の4人が大関に名を連ね、5大関が揃い踏みすることになった。

誰も彼も、「今が昇進のチャンス」と貪欲に食らいついた結果だろう。

 現在の土俵も、大関候補たちが虎視眈々と牙を研いでいる。

その筆頭が朝乃山(25)だ。

直前の2場所で11勝、10勝。

大関昇進は「三役で3場所33勝」なので、ノルマは12勝だ。

先場所、徳勝龍(33)との賜杯争いに敗れた正代(28)も、かつては「将来の大関」と呼ばれた逸材。

これまで消極的だった相撲も改善されつつあり、ようやく頭角を現してきたといっていい。

盛り上がりに水  そうした楽しみも、本場所中止なら5月場所に先送り。

せっかくの盛り上がりに水を差すことになりかねない。

無観客開催の可能性もあるものの、誰の声援も聞こえない中での相撲だ。

正代も「気持ちが入らないかもしれない」と、真情を吐露している。

 無観客、あるいは中止なら、収益の面でも痛手だ。

協会の収入の大部分を占めるのが事業収益。

主に本場所と地方巡業の2本柱で、前者の利益が大きいのはいわずもがなだ。

■前売り券は完売  仮に3月場所が中止になれば、すでに前売り券が完売しているチケット代や、1場所5億円ともいわれるNHKの放映権料はすべてパーになる。

 大阪開催の3月場所は人気があり、昨年も15日間、満員札止めだった。

今回も同様と仮定した上で計算すると、1日あたりのチケットの売上総額はおよそ6000万円。

15日間なので計9億円にも上る。

それがすべて払い戻しとなれば、泣くに泣けないだろう。

 無観客でも中継があれば9億円、中止なら14億円の大赤字。

通常開催が不可能なら、館内の弁当やお土産など、物販の売り上げもゼロである。

オープン戦全試合の無観客を決めたプロ野球のように、多くのスポーツ興行、イベントが中止や一般不参加などに舵を切っている。

 3月1日の臨時理事会まで残り1週間もない。

通常開催なら批判は避けられず、そうでなくとも赤字は必至。

ライブイベントなど、当日になって急に中止になったものもある。

難題を突き付けられた相撲協会の決断はいかに。

日刊ゲンダイDIGITAL / 2020年2月28日 9時26分 写真
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事