• 東京パラリンピックに向けて、医学的なアドバイスを行う委員会の委員長を務める陶山哲夫医師がNHKのインタビューに応じ、パラリンピックには新型コロナウイルスで重症化しやすい呼吸器の機能の弱い選手が出場するとして、このまま感染拡大が続いた場合、大会本番では無観客などの対策を検討する必要があるという認識を示しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事