• イタリア衛星放送『Sky Sport』のインタビューで「僕らは怒っている…」と述べた
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスの影響で無観客試合となる大一番に向け、C・ロナウドは「バルセロナ対レアル・マドリーのような試合だ」と意気込んだ
  • ・・・
  • エースは「練習で試していることが試合でできないこともある…」
後で読む
インテル戦は「クラシコのよう」 amd.c.yimg.jp/amd/20200229-00070331-sdigestw 悲願の欧州制覇を目指すユベントスにとって、チャンピオンズ・リーグ(CL)のラウンド・オブ16第1レグでリヨンに敗れたのは小さくない痛手となった。

だが、クリスチアーノ・ロナウドは逆転突破を信じている  昨シーズンも同じラウンドでアトレティコ・マドリーを相手に見事な逆転劇を演じたC・ロナウドは、イタリア衛星放送『Sky Sport』のインタビューで「僕らは怒っている。でも、恐れはない」と述べた。

「僕らがラウンドを突破すると確信している。チャンピオンズ・リーグはもっとも難しい大会なんだ。でも、ホームで戦う第2レグに向けて自信を持っている。冷静だし、集中しているよ。今は目前の試合に勝つことを考える。そして、それからチャンピオンズ・リーグだ」  実際、ユベントスはセリエAでビッグマッチを控えている。

3月2日のインテル戦だ。

新型コロナウイルスの影響で無観客試合となる大一番に向け、C・ロナウドは「バルセロナ対レアル・マドリーのような試合だ」と意気込んだ。

「インテル、ミラン、ラツィオとの試合はすべてビッグマッチだ。素晴らしい試合だよ。インテル戦はファンタスティックな監督とチームを相手にするファンタスティックな試合となるだろう」    無観客試合となることについては、「悲しいけど、責任は変わらない」と話した。

「ホームなんだし、素晴らしい結果を残したい。これほど大切な試合が無観客なのは不思議な感じだろうね。良いことじゃない。でも、健康がもっとも大切だ。決定を尊重しなければならない」  リヨン戦の黒星でマウリツィオ・サッリ監督への批判が高まっているが、エースは「練習で試していることが試合でできないこともある。でも、大騒ぎはしない。サッカーとはそういうものだ」と述べている。

「勝つことも負けることもある。僕らは監督のアイデアをリスペクトしているよ。練習を続け、今後の試合に備えていくのが僕らの仕事だ。自分は自分の貢献をする。得点とアシストでチームを助けながらね。厳しい時期だとは思っていない。素晴らしいシーズンになると確信している」
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事