• 千秋楽は観客の9割5分がマスクをつけていたといい…「…ぱっと出て『ここは給食センターか』って言うとウケた」と明かした
  • ・・・
後で読む
明石家さんま(64)が29日に放送されたMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、新型コロナウイルス感染拡大による影響について語った。

さんまは26日まで、クール・ジャパン・パーク・大阪WWホールで、主演舞台「七転抜刀!戸塚宿」をやっており、「3日前くらいから公演できるかと」 と心配していたことを明かした。

千秋楽は観客の9割5分がマスクをつけていたといい「真っ白だった。ぱっと出て『ここは給食センターか』って言うとウケた」と明かした。

それでも 多くのファンが観劇したことに「満杯で盛り上がってもらって、感謝しかない」と話した。

新型コロナウイルス感染拡大に「どうしようもない。犠牲者の方も出てるし、何とも言えない。オリンピックもあるし」といい「これからバラエティーは 無観客収録」と心配していた。

今後について「これからどうなるか分からんけど、個人個人が気をつけてできる限りの防御をせなしゃあないか」と呼びかけた。

5月に舞台を予定しているといい「チラシも作ってないから、やめといた方がいいのか損害が少ないのか、どうなのかっていうのも会社と相談せなあかん」 と話していた。

握手を禁止している芸能人がいるといい、さんまは「握手して顔を触る。健康体で菌を保有するタイプやから気をつけなあかんねん。俺に近寄らないでね」と笑わせた。

日刊スポーツ
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事