• 2点差を追うボローニャは28分、冨安がエリア右へ飛び出してアンドレア・ポーリからの浮き球パスをダイレクトで折り返したが、中央のリッカルド・オルソリーニは空振りで終わった
  • ・・・
  • そのセカンドボールをエリア右の冨安が鮮やかな右足ダイレクトボレーで叩き込む
  • ・・・
  • しかし、これもVARの判定でパラシオのオフサイドにより、冨安のセリエA初得点は幻となった
後で読む
セリエA第26節が2月29日に行われ、ラツィオとDF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。

冨安はフル出場し、豪快なボレーシュートを決めたが、VARによって幻となった。

 試合は18分、ルイス・アルベルトがペナルティエリア前中央からシュートをゴール左へ突き刺して、ラツィオが先制。

ボローニャは20分、エリア中央でロドリゴ・パラシオの落としをフリーのロベルト・ソリアーノがダイレクトで叩いたが、これはGKの好セーブに阻まれた。

 直後の21分、ラツィオはL・アルベルトがエリア右へパスを送り、ホアキン・コレアが右足を振り抜くと、シュートはDFに当たってニアに決まって追加点。

2点差を追うボローニャは28分、冨安がエリア右へ飛び出してアンドレア・ポーリからの浮き球パスをダイレクトで折り返したが、中央のリッカルド・オルソリーニは空振りで終わった。

 後半に入って52分、ボローニャは左CKをステファノ・デンスビルが頭で合わせると、GKにセーブされたボールが倒れ込んだデンスビルに当たってゴールに吸い込まれた。

しかしVARの介入があり、ハンドの判定で得点は認められなかった。

 さらにボローニャは68分、敵陣中央のポーリが前線へ浮き球パスを送ると、反応したパラシオが頭で落とすが、これは相手DFにクリアされる。

そのセカンドボールをエリア右の冨安が鮮やかな右足ダイレクトボレーで叩き込む。

しかし、これもVARの判定でパラシオのオフサイドにより、冨安のセリエA初得点は幻となった。

 試合はこのまま終了し、ラツィオが完封勝利で5連勝を含む21試合無敗。

ボローニャは2度のVARによるゴール取り消しに泣き、3試合未勝利となった。

 次節、ボローニャは3月8日にホームでユヴェントスと、ラツィオは同7日にアウェイでアタランタと対戦する。

【スコア】 ラツィオ 2-0 ボローニャ 【得点者】 1-0 18分 ルイス・アルベルト(ラツィオ) 2-0 21分 ホアキン・コレア(ラツィオ)
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事