• カブスのダルビッシュ有投手が29日(日本時間1日)、ブルワーズとのオープン戦に先発
  • ・・・
  • 最速は98マイル(約157.7キロ)をマーク
  • ・・・
  • 今季初実戦で順調な調整ぶりを示した…ダルビッシュは先頭のオーランド・アルシア内野手に95マイル(約153キロ)を左中間に運ばれた
後で読む
カブスのダルビッシュ有投手が29日(日本時間1日)、ブルワーズとのオープン戦に先発。

先頭打者に初球を本塁打されたが、その後は失点を許さず、2回を投げて打者8人に対して2安打3奪三振1失点だった。

最速は98マイル(約157.7キロ)をマーク。

今季初実戦で順調な調整ぶりを示した。

■2回は1死三塁のピンチを作るも後続を断って無失点 カブス – ブルワーズ(オープン戦・日本時間1日・メサ)  カブスのダルビッシュ有投手が29日(日本時間1日)、ブルワーズとのオープン戦に先発。

先頭打者に初球を本塁打されたが、その後は失点を許さず、2回を投げて打者8人に対して2安打3奪三振1失点だった。

最速は98マイル(約157.7キロ)をマーク。

今季初実戦で順調な調整ぶりを示した。

 ダルビッシュは先頭のオーランド・アルシア内野手に95マイル(約153キロ)を左中間に運ばれた。

しかしその後は右飛、空振り三振、空振り三振に退けた。

3番打者のガルシアを空振り三振に仕留めたボールがこの日最速の98マイルだった。

 2回は1死からベン・ギャメル外野手に左中間に二塁打され、パスボールで三塁進塁を許したが、マシアスを空振り三振、ブロクストンを遊ゴロに打ち取って無失点に抑えた。

 ダルビッシュはカブス移籍2年目の昨季、31試合に登板、6勝8敗、防御率3.98だった。

前半戦は18試合登板で防御率5.01。

97回で111三振を奪ったが、49四球6死球と制球難に苦しんだ。

しかし、後半戦は13試合登板で防御率2.76と復活。

81回2/3を投げて118奪三振をマークし、7四球5死球、142打者連続無四球など制球を劇的に改善させた。

 この試合でも、三振を奪うたびにスタンドから「ユー! ユー!」と“ユーコール”が起こるなどカブスファンからの信頼も厚いダルビッシュ。

今季も活躍が期待できそうだ。

2020.03.01
元スレ:2ch.sc

※Twitter画像動画検索結果

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事