• 北海道教育大学の中国人の教授が、去年、中国に一時帰国したあと、連絡がとれない状態が続いている問題で、中国外務省の報道官は「教授はスパイ犯罪に関わった疑いで中国当局の取り調べを受けている」と述べ、拘束していることを初めて認めました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います