• 北海道教育大学の中国人の教授を、中国当局がスパイ容疑で拘束していると発表したことについて、西村官房副長官は、事態の推移を注視しているとしたうえで、「事柄の性質上、コメントは控えたい」と述べました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事