• 東京のタクシー会社「国際自動車」の運転手たちが、残業代が増えるほど、それに合わせて歩合給が引かれ、結局同じ額の給与となる仕組みは違法だとして会社を訴えた裁判で、最高裁判所は「労働基準法の趣旨に沿うとは言い難い」と判断し、運転手らの敗訴とした高裁の判決を取り消しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事