• 富士山の噴火を想定したハザードマップの改定作業の中間報告がまとまり、新たに見つかった火口などを考慮した結果、従来よりも、火砕流などが到達する距離が延び、主要な道路まで到達するおそれがあることが分かりました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事