• 30日夜、東シナ海で海上自衛隊の護衛艦と中国の漁船が衝突した事故について、海上自衛隊トップの山村浩海上幕僚長は、去年に続いて艦艇の衝突事故が起きたことを踏まえて、「大変重く受け止めている」と述べ、改めて再発防止に向けた教育を徹底する考えを示しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事