• 国会審議はあくまで国会の議院運営委員会などが決めることとしながら「権利というものはいつ侵害されるか分からない」と強調し、今国会で政府が提出している登録品種の海外流出防止を目的とした種苗法改正案が成立すれば、12月には品種保護の国際的な条約であるUPOV条約の加盟76か国に対して通知して規制をかけることによって海外流出防止ができると指摘した
  • ・・・
  • 江藤農相は…コロナ対策が一義的だとしながらも…と話した
  • ・・・
後で読む
国会審議はあくまで国会の議院運営委員会などが決めることとしながら「権利というものはいつ侵害されるか分からない」と強調し、今国会で政府が提出している登録品種の海外流出防止を目的とした種苗法改正案が成立すれば、12月には品種保護の国際的な条約であるUPOV(ユポフ)条約の加盟76か国に対して通知して規制をかけることによって海外流出防止ができると指摘した。

江藤農相は「秋以降はいちばん種苗、苗木が動く季節。それまでに法案を成立させたいという気持ちに今でも変わりがない」と述べたほか、コロナ対策が一義的だとしながらも「これがあるから種苗法の議論ができないのかといえば必ずしもそうではない。不要でもないし、急ぐ理由がないということでもない。まだ審議に入れる可能性はあると思っている」と話した。

一方、種苗法改正案については芸能人からも農家が苦境に陥るなど懸念の声がツイッターに上がったことについて「誤解もあると思うが、農家の経営に関心を持っていただけることは有り難い面もある」と話した。

また、「農は国の基、という思いが国民に広く共有されているとはなかなか思えない。(食料は)あって当たり前、輸入も普通にできるし農家はまじめに現場で生産活動するし食に困ることはないのだという感覚になっているがぜひ関心を持ってほしい」と述べるとともに、改正の狙いについて「日本としての強みを守ることが必要だ。種苗が海外に流出することは日本が得られるべき利益(が流出すること)、それが農家の所得になっていたらどれほどのことになったかということに思いを馳せてもらいたい」、「国益を守る。農家の得られるべき利益を守るという効果を現場で発揮することを強く希望している」と強調した。

以降ソースにて 審議すれば国民に疑念説明できる−種苗法改正案で江藤農相 2020年5月22日 農業協同組合新聞 関連記事) 5分でわかる種子法廃止の問題点。

日本人の食を揺るがしかねない事態って知ってた? 2018.07.07 種子法廃止や種苗法改定に潜む危険 外資が種子独占し農業を支配する構造 2018年5月24日 アルゼンチンでのモンサント法案との闘い 2019/04/27 以上
元スレ:2ch

※Twitter画像動画検索結果


4:2020/05/23(土)10:42:07
いやその前に466億+αの詳細でしょう

5:2020/05/23(土)10:43:40
成立するまで盗み放題だしな

7:2020/05/23(土)10:46:13
「今まで通り、種の持ち出しを認めろ」という本音を隠した反対意見続出の悪寒

9:2020/05/23(土)10:47:21
損失はコウさんが個人保障してくれるよね?

12:2020/05/23(土)10:49:52
稲田法を種田法務大臣が脳症

15:2020/05/23(土)10:51:41.29
コウさんはいくらもらったの?

19:2020/05/23(土)10:54:08
つまり、引っ込めた法案は説明できないってことだな。

21:2020/05/23(土)10:55:56
説明とか挨拶みたいに言うけどそれをするやつってほとんどいないよね

31:2020/05/23(土)11:05:02
美味しいイチゴ作るの大変なのに

33:2020/05/23(土)11:10:09.32
しかし、重要な法案とかあっても新聞って1面に法案の掲載と解説とかもしないよね。

42:2020/05/23(土)11:26:16
あの柴崎コウですら削除して逃げたからな。いまだに反対してる人なんているの?

47:2020/05/23(土)11:47:28
知財自体が厄介な権利なんで、それを強化するのはなんでも極力やめた方がいいし、やるなら相当慎重に最小限にするべき

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事