• 第9回は’80年代後半から’90年代前半にかけて活動したアイドルグループ『CoCo』の一員だった、はねだえりか(47)
  • ・・・
  • グループが解散に至った経緯、また妊娠・出産を経験し、その後シングルマザーを選択した理由について聞いた
  • ・・・
  • アイドルを目指す10代の女の子たちで構成された番組内のグループ『乙女塾』の1期生で、同年に5人組アイドル『CoCo』としてデビューした、はねだえりか
後で読む
かつて世間の注目を集めた有名人に「あの騒動の真っ最中、何を思っていたか?」を語ってもらうインタビュー連載。

第9回は’80年代後半から’90年代前半にかけて活動したアイドルグループ『CoCo』の一員だった、はねだえりか(47)。

グループが解散に至った経緯、また妊娠・出産を経験し、その後シングルマザーを選択した理由について聞いた。

「もともと芸能界に入るつもりはなかったんです。母は私を姉と同じ薬剤師にさせたいと考えていたので、そうするつもりでした」  ’89年に放送開始したフジテレビ系バラエティー番組『パラダイスGOGO!!』。

アイドルを目指す10代の女の子たちで構成された番組内のグループ『乙女塾』の1期生で、同年に5人組アイドル『CoCo』としてデビューした、はねだえりか(旧芸名・羽田惠理香)。

現在もタレントとして芸能活動をしているが、デビュー当時は2年前に『おニャン子クラブ』が解散し、“アイドル氷河期”と呼ばれたころだった。

はねだがCoCoになるまで 「姉が勝手に私の書類を作って、『国民的美少女コンテスト』に応募したんです。トントン拍子に選考が進んだので、気持ちが盛り上がって。でも、最終選考はステージの上を歩いただけで終わり、受賞を逃しました。それがすごく悔しくて、『乙女塾』に応募したのが始まりでした」 『CoCo』と同時代に活躍したアイドルグループ『ribbon』メンバーも在籍していた『乙女塾』。

タレント育成も目的としており、女優・歌手・モデル・タレントを目指して日々レッスンを行っていた。

はねだは“歌手コース”に在籍していた。

「1週間に土曜日だけ歌のレッスンがありました。でも、私は女優コースで応募していたんです。歌がうまいわけではなかったし、“羽田さんは歌手コース”と言われて驚きました。無理ですよと……」  それでも『パラダイスGOGO!!』に出演しながら、『EQUALロマンス』という曲でデビュー。

「初めてのレコーディングはヒドイものでした。ヘッドホンから自分の声が流れるなんて、わけがわからず(笑)」  デビュー曲はオリコン7位を獲得。

その後もシングルは11曲連続ベスト10入り。

バラエティーなどのテレビ出演も増え、次第に忙しくなる。

はねだは進学校に通っていたので、苦労も多かった。

「小・中・高と筑波大学附属校に通っていました。いわゆる“芸能人が通う学校”ではなく学業優先。学校に芸能活動を伝えると、アルバイトとしては認めるけれど、特別扱いはしないと。仕事現場で宿題をやって、間に合わないと家に持ち帰っていました。夜遅くまで仕事しても、朝は時間どおりに学校に通っていたので、いつも睡眠不足。学校生活をしっかりこなそうとしましたが、留年して高校には4年間通ったんですよね」  現場からメイクしたまま学校に行くことも。

忙しい毎日だが給料は月給制で、デビュー当初は月7万円だった。

「あまり買い物もしないし、母に管理してもらっていました。1年ほどすると、自分はアイドルのタイプじゃないと思うようになりました」  ’92年にはメンバーが1人抜けて、4人組に。

「1人抜けてからも2年間は活動したのですが、だんだんソロ活動が増えてきました。グループとして活動することが難しくなってしまったのかな。私は“5人でCoCo”と思っていたので、4人になることを聞かされたとき、疑問が大きかった。解散が決まったときは“来るときが来たな”と思いました」  ’94年に『CoCo』は解散。

その後、日本テレビ系の人気番組『進め!電波少年』では過激なアポなし取材で身体を張ったロケが話題に。

「女優をやりたいという思いはありましたが、いただくお仕事はバラエティー中心。でも、やってみるとすごく楽しかった。もちろん、バラエティーをやった先に女優業があればいいなと思って、事務所には話していましたが、“はねだはバラエティー班だから”って(笑)」  ’12年に突然、結婚と妊娠を発表。

無事出産するが、はねだは未婚のまま。

パートナーとは、しばらくは一緒に生活していたが破局。

先に子どもを授かって  そのころの気持ちを、今回初めて打ち明けてくれた。

「パートナーとは、いわゆるタイミングが合わなかったんです。

先に子どもを授かったので、バタバタと籍を入れるよりも、落ち着いてからと思っていました。

でも、だんだんお腹が大きくなっていくうちに、お互いにズレが生じて。

子どもが生まれた後、そのズレが一気にふくれ上がってしまった。

5/23(土) 11:00 Yahoo!ニュース
元スレ:2ch

※Twitter画像動画検索結果


3:2020/05/23(土)11:52:37
影山どうなった?

5:2020/05/23(土)11:55:50
バンドブーム全盛時代に健闘してたほうだと思う

7:2020/05/23(土)11:57:14
他のメンバーから嫌われてた人

11:2020/05/23(土)11:59:34
スプーの絵を描いたお姉さんか。この人シンママだったんだな意外

12:2020/05/23(土)12:00:40
CoCo壱番屋

13:2020/05/23(土)12:00:58
電波少年で見ていた頃は知的なバラドルで好感を持っていた。

15:2020/05/23(土)12:04:33.99
瀬能あづさの情報は一切ないな

16:2020/05/23(土)12:05:07.11
あなた、意地悪っ♪

17:2020/05/23(土)12:05:41.30
瀬能あずさはどこ行った

20:2020/05/23(土)12:07:43
解散後に他のメンバーたちが羽田を嫌いだったとか公言し始めて

23:2020/05/23(土)12:09:21
で、おまいらCoCoのだれ推しだったの?(´・ω・`)

27:2020/05/23(土)12:13:03
さすがに老けたなあ

29:2020/05/23(土)12:14:42
細木数子になっとる。

33:2020/05/23(土)12:16:21
誰が好きとかじゃなくcocoの曲が好きでCD買ってたわ

39:2020/05/23(土)12:24:01
当時コイツだけはオカズに出来なかった…

51:2020/05/23(土)12:39:15
ちん派はいねえのか

57:2020/05/23(土)12:45:32
で、結局自分の判断でその世界にしがみついだんでしょ?

64:2020/05/23(土)12:51:04
今のようにクイズ番組全盛だったら需要あったかも

67:2020/05/23(土)12:54:17
永作はribbonだね

70:2020/05/23(土)12:54:49
そうは言っても、そんなにマイナーなアイドルでもないから、デカい舞台でのコンサートとか普通では絶対味わえない経験できたから悔いはないだろ

72:2020/05/23(土)12:55:47
石井が唯一食わなかったやつ?

86:2020/05/23(土)13:02:56
大野幹代は戸田菜穂に似てる

89:2020/05/23(土)13:07:56
COCOって石井琢郎がメンバー全員食ったとかいうグループじゃなかったっけ

93:2020/05/23(土)13:12:29
昔ココのラジオ番組にゲストでアジャコング出た時は面白かったな「私もエリカなんです〜」て言ってアジャが暴れるというのはお約束台本なんだろな

99:2020/05/23(土)13:17:55.79
カバキを語れよ

101:2020/05/23(土)13:19:22
何年間か大学受験してなかったっけ。

102:2020/05/23(土)13:19:27
すごい仲悪いグループだったんだよなw

106:2020/05/23(土)13:21:11
不倫でもないのに籍を入れてくれない男の子供かよw

107:2020/05/23(土)13:22:14
百田夏菜子に似てるよね?

116:2020/05/23(土)13:30:28
はねだえりかと宮前真樹と三浦理恵子とあと誰だっけ

117:2020/05/23(土)13:30:48
当時の筑波大附属なら薬剤師なんて余裕だっただろうな。医学部だって帝京、北里、聖マリみたいな底辺なら偏差値低かったし。

118:2020/05/23(土)13:31:39
宮前真樹ってさんまに気に入られてなかったっけ

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事