• 国際ウエイトリフティング連盟で、前の会長による不正会計やドーピング違反の隠蔽などが明らかになったことを受けて、日本ウエイトリフティング協会の三宅義行会長は2024年のパリオリンピックで競技が除外されることへの強い危機感を示したうえで、存続に向けたアピール活動などを他の国や地域に呼びかけていく考えを示しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事