旧優生保護法による不妊手術 賠償求めた訴え退ける 東京地裁

  • 旧優生保護法のもとで不妊手術を強制されたとして、70代の男性が国に賠償を求めた裁判の判決で、東京地方裁判所は、訴えを退けました
  • ・・・
  • 全国の裁判で判決が言い渡されるのは去年5月の仙台地裁に次いで2件目で、初めて賠償が認められるか注目されていましたが、認められませんでした
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事