• 長野と群馬の県境にある浅間山について火山噴火予知連絡会は、6月20日ごろから山の膨らみを示すとみられる傾斜変動が続き、火口内の温度の上昇も認められるとして、「火山活動が高まっていて、今後、小規模な噴火が発生する可能性がある」とする見解をまとめました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事