• 鹿児島県の口永良部島について、火山噴火予知連絡会は、地下のマグマの増加量が、すべての住民が島外に避難した2015年の爆発的な噴火前に匹敵しているとして、「今後、2015年に匹敵する火山活動に発展する可能性も考えられ、活動の推移に注意が必要だ」とする見解をまとめました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事