• 戦後に日本人が書いた小説史上、最もわかりにくい「文」を出そう
  • ・・・
  • 野坂昭如の『火垂るの墓』の冒頭である…さらに、最後になって「清太には」と、また主語が戻ってくる
  • ・・・
  • 戦後なのに『源氏物語』より難しい
後で読む
2020.08.31 戦後に日本人が書いた小説史上、最もわかりにくい「文」(私が読んだ中で)を出そう。

野坂昭如の『火垂るの墓』の冒頭である。

おそらく、多くの人がスタジオジブリの映画では見たことがあるだろう。

一回で意味が取れたらすごい。

《省線三宮駅構内浜側の、化粧タイル剥げ落ちコンクリートむき出しの柱に、背中まるめてもたれかかり、床に尻をつき、両脚まっすぐ投げ出して、さんざ陽に灼かれ、一月近く体を洗わぬのに、清太の痩せこけた頬の色は、ただ青白く沈んでいて、夜になれば昂ぶる心のおごりか、山賊の如くかがり火焚き声高にののしる男のシルエットをながめ、朝には何事もなかったように学校へ向かうカーキ色に白い風呂敷包みは神戸一中ランドセル背負ったは市立中学、県一親和松蔭山手ともんぺ姿ながら上はセーラー服のその襟の形を見分け、そしてひっきりなしにかたわら通り過ぎる脚の群れの、気づかねばよしふと異臭に眼をおとした者は、あわててとび跳ね清太をさける、清太には眼と鼻の便所へ這いずる力も、すでになかった。

》 多くの読者は、何度読んでもわからないのではないか? 入試問題に使えば、受験生が混乱の渦に巻き込まれること必至の文章だ。

まず、「省線三宮駅構内浜側の、化粧タイル剥げ落ちコンクリートむき出しの柱に、背中まるめてもたれかかり、床に尻をつき、両脚まっすぐ投げ出して、さんざ陽に灼かれ、一月近く体を洗わぬのに、」までは、まあ理解できる。

次に「清太の痩せこけた頬の色は」ときて、ようやくそこまでの描写が清太のものであったことが判明する。

ただ、そこからがまたわかりにくい。

「清太の痩せこけた頬の色は、ただ青白く沈んでいて」とあるから、清太の顔について話していることはわかる。

ここの接続のしかたがいけない。

「ただ青白く沈んでいて、」はテ形の接続だ。

テ形の接続は「並列」である。

ところがどっこい、そこから先、「夜になれば」から「その襟の形を」まではもはや清太の描写ではない。

すぐ後ろの「見分け」の非常に長い目的語なのだ。

126文字もある。

「見分け」の意味上の主語は何だよ、清太の目か? で、「見分け」も連用形接続なくせに、主語が変わっている。

変わっているのに、修飾語がまたやたらと長いので、何が主語かわかるまで非常に時間がかかる。

ようやく出てきたころにはパニックである。

さらに、最後になって「清太には」と、また主語が戻ってくる。

戦後なのに『源氏物語』より難しい。

続きはソースをご覧下さい
元スレ:2ch

※Twitter画像動画検索結果


2:2020/08/31(月)20:17:53.21
この作品を書いた作者の気持ちを述べなさい
締め切りに追われて大変だった

3:2020/08/31(月)20:18:19.95
大島渚とケンカしたイメージしかない

4:2020/08/31(月)20:19:07.36
ソ、ソ、ソックラテスかプラトンか〜

7:2020/08/31(月)20:20:50
英語っぽい文章の並べ方だな、ダラダラと描写をセンテンスでつないで。

10:2020/08/31(月)20:22:05.91
でも文章にリズムがあるから読める

12:2020/08/31(月)20:27:46.64
ドグラマグラは?

13:2020/08/31(月)20:27:49.94
文法なんて後付の理屈

14:2020/08/31(月)20:27:52.33
味があって良いじゃない

15:2020/08/31(月)20:27:57.57
読みにくいけどなんとか解る
俺は逆にこの解説の「テ型の接続」とか「並列」だとか「連用形接続」がわからんわ
こんなん高校までに習った?

17:2020/08/31(月)20:30:29.76
確かに分らんたぶん本多勝一なら罵倒する文章だろう本多勝一は大江健三郎の文章を分析して批判していたからな

18:2020/08/31(月)20:31:27.18
でも教科書に載ってたよね
中学だか高校の教科書に

21:2020/08/31(月)20:33:19.93
俺の文章センスあってかっこいい。自己満の世界。

22:2020/08/31(月)20:34:26.58
いやわかるけど

24:2020/08/31(月)20:36:59.18
叙事にみせかけた叙情

27:2020/08/31(月)20:38:16
昔ならともかく今の俺だとこういう文章は徹底的に批判したくなるな。文学であろうと褒める要素はなしだ

29:2020/08/31(月)20:40:17.54
みんな小説なんて知らない
アニメしか知らない

30:2020/08/31(月)20:40:44.79
つまりなに?
ほたるの墓は駄文ってこと?

33:2020/08/31(月)20:41:55.37
こんなん読んでりゃ感覚でわかることを難解とか言っちゃうやつは病気だろ?

34:2020/08/31(月)20:42:58.23
少年が列車に轢かれるところから始まるのが凄い

37:2020/08/31(月)20:43:27
火垂るの墓何度も見てて冒頭のシーンも覚えてるから文章読むとあのシーンが頭の中に浮かんで完全に補完される

38:2020/08/31(月)20:43:46
ニュアンスでなんとなくわかる文章

39:2020/08/31(月)20:45:04
火垂るの墓はアニメが凄すぎて読む気にならんな
アニもも涙無しには見れないし、

46:2020/08/31(月)20:48:18.72
一気に書き上げた小説なんだよなたしか

52:2020/08/31(月)20:54:23.78
火垂るの墓をビデオかなんかで見た数日後に、
野坂が大島渚ぶん殴ってた

57:2020/08/31(月)20:55:42
この世はもう直ぐお終いだ
あの街この街鐘が鳴る

60:2020/08/31(月)20:59:09.68
確かに驚くほど下手くそな文章だw

61:2020/08/31(月)21:00:53
この文章読んで映像が見えてきたぞ
でもそれはアニメを見てイメージの元が
頭の中に出来てたからかな

67:2020/08/31(月)21:04:25
原始仏典と比較したら幼書みたいなもの

69:2020/08/31(月)21:08:01.40
銀英伝のファイエル!が読み方間違ってると指摘するぐらい無粋

70:2020/08/31(月)21:08:03.77
野坂はTVに出てた頃は偏屈な爺さんだなあとしか思わんかったが

73:2020/08/31(月)21:10:40.32
火垂るの墓を見たことが無ければ一読で情景を浮かべるのは辛いだろうな

75:2020/08/31(月)21:13:14.40
そして最終的にダニアースに至る

76:2020/08/31(月)21:13:25.12
野坂の文体は一文が長いもんな

77:2020/08/31(月)21:13:26.18
源氏物語は古文だから読みにくいだけで話は別に難解じゃないだろ

78:2020/08/31(月)21:14:06.49
いや、難しくはない
場面が変わっていく感じが面白いな

82:2020/08/31(月)21:20:12.35
この程度でわからないとか言ってる奴はユリシーズとか読んだらどう思うの

83:2020/08/31(月)21:21:21.75
映画を見ても、かわいそうというだけで
意味わからんかった

85:2020/08/31(月)21:22:51.45
これ元は小説だったのか
それすら知らんかった

86:2020/08/31(月)21:22:55.55
まぁ純文学でなく大衆文学だし書き方は作家の個性を表しても問題ないだろう。
でもこれが直木賞獲ったんだろ?
もっとなかったのかと言いたい。

91:2020/08/31(月)21:24:14
映画的な描写だな
視点が変わってるだけで意味は一読でわかると思うが

92:2020/08/31(月)21:24:23
どうすれば生存エンド迎えられたの?

94:2020/08/31(月)21:27:24.48
昭和6年生まれ

101:2020/08/31(月)21:32:11.16
難しくはないよね…

104:2020/08/31(月)21:33:04
映画を観てたからなんとか情景を思い浮かべることが出来たけど、
逆に考えると、高畑勲はこの文章からよくあの映像表現が出来たなと感嘆してしまう

110:2020/08/31(月)21:35:00.30
大江健三郎とか石原慎太郎もすごい読みにくい

111:2020/08/31(月)21:35:52
ゲーテもドストエフスキーも読みにくいよ

114:2020/08/31(月)21:37:01.49
プログラミングの入門書も難解で挫折したお

118:2020/08/31(月)21:38:08.78
野坂は喫茶店で缶詰めになって書いたんで中身覚えてないと言ってたやん

119:2020/08/31(月)21:39:02.97
アカギも、たまに何言ってるか分からない時がある

122:2020/08/31(月)21:39:53.11
文章書くの下手くそなんじゃ?

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事