• ピンポイントでゲノムを改変できる技術「CRISPR/Cas9」は、精度が高く使いやすいため、2012年に発表されると、世界の研究者がこぞって使うようになり、「ノーベル賞級の発明」と言われるようになった
  • ・・・
  • 論文を発表したのは、ノーベル化学賞の受賞が決まった、仏のエマニュエル・シャルパンティエ(51)、米国のジェニファー・ダウドナ(56)の2氏だが、源流をたどると、日本人研究者にたどり着く
  • ・・・
  • シャルパンティエ氏とダウドナ氏は、この仕組みを人間や動植物の狙った遺伝子を切断する技術に応用し、12年に「クリスパーキャス9」を発表した
後で読む
 ピンポイントでゲノム(遺伝情報)を改変できる技術「CRISPR(クリスパー)/Cas9(キャスナイン)」は、精度が高く使いやすいため、2012年に発表されると、世界の研究者がこぞって使うようになり、「ノーベル賞級の発明」と言われるようになった。

 論文を発表したのは、ノーベル化学賞の受賞が決まった、仏のエマニュエル・シャルパンティエ(51)、米国のジェニファー・ダウドナ(56)の2氏だが、源流をたどると、日本人研究者にたどり着く。

 1986年、大阪大微生物病研究所。

中田篤男さん(90)=現阪大名誉教授=や品川日出夫さん(78)=同=らは、大腸菌の内部で、特定の酵素をつくる遺伝子を突き止める研究に取り組んでいた。

 遺伝子は、「A」「T」「C」「G」という4種類の「塩基」が一列に並んでいる。

この並び順は塩基配列と呼ばれ、その並び順によって、遺伝子は様々な機能を持つ。

 大腸菌の塩基配列を調べていた石野良純さん(63)=現九大教授=はある日、同じ配列が繰り返す部分があることに気づいた。

CGGTTTA……。

塩基61個ごとに、29個が同じように並んでいる。

そんな部分が5カ所あった。

「きれいに並んでいるのは偶然ではないはず。何か意味があるのでは」と感じた。

 翌年に石野さんらは国際論文を発表した。

ただ、この発見はメインのテーマではなく、偶然見つけた繰り返し配列については「生物学的な意味がまったくわからない」としめくくった。

「当時、特徴的な繰り返しの意味がわからなかった。別の研究テーマに関心があり、論文を出すとすぐ米国に留学してしまった」と石野さんは振り返る。

 その後、同様の繰り返し配列が多くの細菌に存在することがわかり、2002年、「CRISPR」と呼ばれるようになった。

 CRISPRは、細菌がウイルスの攻撃から自らを守る仕組みのカギであることも明らかになった。

細菌は、侵入してきたウイルスから身を守るため、ウイルスのDNAの一部を切り取る「Cas」という「はさみ」を持っている。

切り取られたウイルスのDNAはCRISPRに取り込まれ、細菌はその情報を「記憶」する。

再びウイルスが侵入した際、記憶と一致すると、ウイルスの遺伝子を攻撃する。

 シャルパンティエ氏とダウドナ氏は、この仕組みを人間や動植物の狙った遺伝子を切断する技術に応用し、12年に「クリスパーキャス9」を発表した。

広く普及した現在も、さらに使いやすいようにと、世界中の科学者が改良を続けている。

 石野さんらの功績について、シャルパンティエ氏は17年、朝日新聞の取材に「極めて重要な発表だった」と答えた。

 石野さんは7日、2氏のノーベル化学賞受賞を受け九州大で会見を開き、「私も嬉しく思い、興奮しています。今回の受賞はケミストリーでもありますし、ゲノム編集、技術に応用したところが非常に評価されているところ。何をするものかまったくわからなかったが、いろんな方がいろんな研究をし、いろんな知識をもとに画期的な技術を開発された。2人の方々には心よりお祝い申し上げたい」などと述べた。

(戸田政考) 朝日新聞 2020年10月7日 20時16分
元スレ:2ch

※Twitter画像動画検索結果


7:2020/10/07(水)20:47:56.91
推薦されてなかったとか???

11:2020/10/07(水)20:50:33.33
カーペンターじゃなく
シャルパンティエなのか。

33:2020/10/07(水)20:57:39.04
有名な話だろ。

39:2020/10/07(水)20:58:12.56
チェルノブイリの年かぁ
そのころは遺伝子組み換えとかなかったんか

44:2020/10/07(水)20:59:33.85
発見したと新たに作ったとじゃ違うからな

48:2020/10/07(水)21:00:31.49
ケミストリーが


49:2020/10/07(水)21:00:34.37
そいつはよかったなw

51:2020/10/07(水)21:00:51.98
アンリシャルパンティエのケーキ食べたくなった

53:2020/10/07(水)21:02:43.53
ジヤップキモすぎ

55:2020/10/07(水)21:03:00.66
惨めなジヤップ

57:2020/10/07(水)21:03:35.01
発見から研究を続けて成果を残していれば受賞したかもしれないって事かな。

64:2020/10/07(水)21:05:17.19
この胸の衝動から始まる

68:2020/10/07(水)21:05:54.98
チョソが泣きながら↓

84:2020/10/07(水)21:08:06.87
なぜ石野さんは受賞できなかったの?
石野さんも受賞させてほしかったな

97:2020/10/07(水)21:10:12.26
阪大掠ったんか?惜しかったな

102:2020/10/07(水)21:11:11.25
俺すげえええええええ

103:2020/10/07(水)21:11:17.38
これって島津製作所の田中さん的な感じじゃないの?
何か知らんけど俺の研究応用されてんじゃんみたいな

109:2020/10/07(水)21:12:01.67
源流を遡ったらアダムとイブだ
元がどうとか下らん負け惜しみ。


123:2020/10/07(水)21:13:44.03
なるほど
そうか、そうか、で、ノーベル賞を(ry
か、、

127:2020/10/07(水)21:14:17.03
惜しいなあ
詰めが甘かったというかなんというか

130:2020/10/07(水)21:14:48.37
きっかけだけでは弱いわな
その後の研究と断絶してるし

141:2020/10/07(水)21:17:12.48
八洲と揉めすぎたなぁ、ハハハハハハハハ
が、99取ってから逝って良し!!

142:2020/10/07(水)21:17:21.31
大腸菌の研究に関係ないとして追求しなかったのかな?

144:2020/10/07(水)21:17:27.59
よくわからないけど何かある何故なんだ
このこだわりはとても大事

159:2020/10/07(水)21:21:23.30
次の100代で、コロナ第3波?
ぐらいかなぁ

165:2020/10/07(水)21:22:25.07
サッカーの起点より恥ずかしいからやめてくれ

169:2020/10/07(水)21:22:53.61
嫉妬乙
悔しくて悔しくて〜

210:2020/10/07(水)21:30:50.61
なぜそこをさらに追求しなかったんや
後悔してるだろうが
しないフリをするしかないだろうな

220:2020/10/07(水)21:34:15.56
ノーベル賞は俺が育てた

223:2020/10/07(水)21:34:33.17
受賞者が触れない限り静かにしておいた方が良いんじゃないの

229:2020/10/07(水)21:38:46.25
起点として活躍

232:2020/10/07(水)21:40:05.25
化学賞っていうけど、もはや工学賞だよな
新しい発見じゃなくて新しい技術の発見だし
まぁ、DNAシーケンシングも同じように化学賞取ってるけどさ

235:2020/10/07(水)21:41:43.83
顔をみて思い出したやたら間違いの多いそそっかしい子と
慎重と言えばそうだけどどんくさい子か

238:2020/10/07(水)21:43:03.75
学術会議が法規制法規制ってゲノム研究の邪魔してたよね

245:2020/10/07(水)21:46:43.75
この化学賞も医学生理学賞でもいい感じだな
というか化学賞範囲広すぎって感じ

252:2020/10/07(水)21:53:39.08
石野さんが取ってたら、九州大学では初の受賞だったのにな
ちなみに旧帝大でノーベル賞を取ってないのは、九州大学とソウル大学だけ
台湾大学(台北帝大)も取ってるからな

255:2020/10/07(水)21:57:16.10
変わった物を発見したら論文に書いておくのと、何かしら予言しておけばいいんだな

268:2020/10/07(水)22:54:51.23
利用されただけやんw
負け惜しみやんw

271:2020/10/07(水)23:05:14.38
ips細胞のきっかけになった高橋さんは勿論ノーベル賞は貰っていない
きっかけではノーベル賞は貰えないんだよ

277:2020/10/07(水)23:37:22.89
だけど石原良純が遺伝子の研究をやっていたとは驚きだよね

298:2020/10/08(木)01:27:55.29
うわぁ、貰えなかったか
90だもんね
まさかまだ生きているとは思わず調べもしなかったのかな

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事