• 星の名前が無い…これに関して、日本は湿気が多くて、星が見えにくいので人々は星をよく見ることができなかったので、星に名前を付けるという習慣がなかった、のだという説があるが、この説はかなり苦しい
  • ・・・
  • 一つは、今は北海道だけにその拠点を持つアイヌの人々であり、もう一つは我が国の中で特異な文化と伝統をもった、漂泊の民サンカの人々である
  • ・・・
  • アイヌの神話・伝承には多くの星が出てくる…一方、漂泊の民サンカは航海をしない、山の民である
後で読む
■大和ことばに星の名前が無い理由とは ※省略 ■古事記と日本書紀に星の名前が出てこないわけとは 星の名前が無い。

国の公文書であった古事記・日本書紀においても星の名前は昴以外何も出てこない。

これは古代化からの文明を持つ民族・国語においては極めて奇異な現象なのである。

これに関して、日本は湿気が多くて、星が見えにくいので人々は星をよく見ることができなかったので、星に名前を付けるという習慣がなかった、のだという説があるが、この説はかなり苦しい。

そもそも古代においては平均気温は現在よりも、2度近く低く寒かったのである。

古代の日本がほかのアジア諸国に比べて、一年中湿度が多いだとか、雲が多いなどということはない。

私の子供のころだって、まだ空気は澄んで、ネオンも街灯も少ない日本の空には、多くの星々が輝いていた。

ではなぜ星に名前をつけなかったのか?  星というものに実用性を求めるとしたなら、まず、航海にさいしての目印ということがあげられる。

もちろん大陸の平原を移動する狩猟民や、時代は下るが遊牧民においても同じである。

大事な目印なのだから、それぞれに名をつけ、星々を組み合わせて星座という物もつくっていことになった。

全ては、安全に集団が移動するための手段である。

と、するならば、日本人というものは、少なくともこの列島に定住をしたいろいろな民族たちは、いったん腰を下ろしてしまったならば、あまり移動というものをしなかったのではないだろうか。

移動をしないですむということは、住居の確保と食料調達が比較的安全かつ潤沢であった証拠である。

人類の特徴はその移動性の高さだというところから、ホモ・モーベンス(移動する人)という概念があるが、その意味においては、我々の先祖はホモ・モーベンスをやめてしまったらしい。

■星と航海と美意識 ※省略 ■アイヌの星座と漂泊の民サンカの星 ここまで、星と日本人の関連性についてのべてはきたが、我が国においても星に強い関心をもっていた人々が二つある。

一つは、今は北海道だけにその拠点を持つアイヌの人々であり、もう一つは我が国の中で特異な文化と伝統をもった、漂泊の民サンカの人々である。

アイヌの神話・伝承には多くの星が出てくる。

先に述べた昴に関しては、【七人の働き者の男と12人の怠け者の女】という話がある。

七人の働き者の男とは、オリオン座のことであり、12人の怠け者の女とは昴・プレアデス星団のことである。

この話は星空を海に見立てて、船で漕ぎあがるものであり、アイヌの文化に航海と漁猟が欠かせなかったことを如実に物語っている。

一方、漂泊の民サンカは航海をしない、山の民である。

ただ彼らは山間部を非常に長距離いどうする。

以前放送されたBS朝日でのインタビューでは、秩父のサンカの女性たちが、川遊びをしようと今の世田谷区付近の多摩川まで行き来をしていたことが語られていた。

彼らが夜間の移動をするとしたら、やはりその目印は星であったのではないのか。

事実、明治以降全国民に苗字の使用が義務付けられたとき、サンカの多くが星という字を使った苗字を選んだ。

これは現在でも同じで、星・赤星とか星野などという苗字は、ほぼすべてがサンカにルーツをもつ人たちのものである。

■星を観なかったから地動説を信じられた日本人 星を見ない、観ても特段には貴ばないとなれば、もちろん神聖視もしない。

一部、天台宗や真言宗の密教では星を祭るが、これは一般民衆や、権力を持つ武士階級にはどうでもいいことであった。

そのことが、後年日本にとって幸運をもたらした。

近世になって、地球を中心とした観念であった天動説にたいして、科学主義の地動説が唱えられた。

ヨーロッパではキリスト教の教義に反するとして、多くの天文学者が異端審問にかけられ拷問死や火あぶりに処せられたが、日本では、驚かれはしたものの、ああそうですかという感じで、すんなりと受けいられたのである。

この現実から遡って考えてみれば、我々日本人は人下の存在の上に覆いかぶさる、神秘的な権威というものにはなじまず、それが世俗的というより、もっと卑近な人間関係を中心とした、道徳と文化をはぐくみ、近代化というものに適応をしたのではなかろうか。

(続きはソース) 2020/10/8
元スレ:2ch

※Twitter画像動画検索結果


8:2020/10/12(月)22:42:24.65
10年前の2ちゃんで盛り上がってたな
サンカについて

10:2020/10/12(月)22:42:51.60
挨拶は大事って事すら古事記に書いてあるのにな

19:2020/10/12(月)22:48:19.92
山ばっかりで天頂の星しか見えなかったとか

42:2020/10/12(月)22:56:24.48
柳田はサンカを本気で信じてたんだよ
たぶんロマンだったんだと思う
でも、見つけられなかった

46:2020/10/12(月)22:57:03.37
東北に神様がおられませんか?

52:2020/10/12(月)22:58:39.23
方角を大切にする風習は方違という形で残っている

59:2020/10/12(月)23:00:38.97
日本の鉄の産地には星の神話があるんでなかい?

62:2020/10/12(月)23:03:30.03
明治の当時、サンカをモデルにした小説がはやってたらしいんだよ
権力に屈せず自由で
その影響があったとかなかったとか

65:2020/10/12(月)23:05:40.65
「サンカ」って浮浪者や流れ者に対する広島県警の隠語やで

67:2020/10/12(月)23:07:27.22
星神アマツミカホシは邪神何だっけ

81:2020/10/12(月)23:29:40.10
まだ三角寛が出てこないとは

85:2020/10/12(月)23:32:34.42
秩父にも荒川が流れているのに
なぜ多摩川?

89:2020/10/12(月)23:37:20.31
サンカは山から降りてきて物を交換したり里の手伝いをしたりしてまた山に戻る生活だったらしい
山童の伝承とそっくり

92:2020/10/12(月)23:43:52.57
日本書紀のアマツミカボシの記述の解釈で良いんじゃないか?
星信仰が弾圧されたって事だろ

93:2020/10/12(月)23:44:07.78
普通に天香香背男命って神様いるよね

95:2020/10/12(月)23:48:34.35
なんか詳しくは忘れたけど北斗七星の神とかその反対に位置する神とか日本にもいるじゃん

104:2020/10/12(月)23:56:14.55
朝廷にまつろわぬ神の象徴が星
星はツツで蛇という話
金神が星雷

111:2020/10/13(火)00:00:27.04
古代の日本ではまつろわぬ神を石にしたり月にしたりした
そして最凶の神を星にして遠ざけたという話
だから金神は祟るとされた

113:2020/10/13(火)00:01:15.40
たしかにないな
天照大御神太陽
月読尊月
天津甕星金星?

125:2020/10/13(火)00:09:55.56
織り姫と彦星
はい論破

131:2020/10/13(火)00:13:59.61
こりゃ、面白いな。気が付かなかったわ

132:2020/10/13(火)00:14:14.52
日の神を祀ったとか月の神を祀ったという記述は有るけど星は無いな
天の鳥舟は隕石の火球か彗星だと思うけど

133:2020/10/13(火)00:14:37.65
新約聖書に火星とか土星とか出てくるの?黙示録あたりには出てきそうだが。

139:2020/10/13(火)00:20:24.16
万葉集でも月と太陽くらいか?
面白いな。

143:2020/10/13(火)00:22:21.72
キトラ古墳とかどうすんの

147:2020/10/13(火)00:25:55.56
古代から日本は太陽信仰だからだろ?

156:2020/10/13(火)00:39:27.81
7〜8世紀キトラ古墳の天井の天文図があるよね

157:2020/10/13(火)00:40:03.96
沿岸航法だからね
地形を見る方が大事

159:2020/10/13(火)00:41:50.18
現存するものの中ではキトラ古墳の天文図は世界最古で
350の星と74の星座がある

163:2020/10/13(火)00:46:46.70
サンカは秘密結社になって現代にもひっそりと生きている
メンバーには経済界の総帥や政界のフィクサー、そして世界的な科学者もいる

166:2020/10/13(火)00:47:22.01
まあ夢はあるけどホンマかいな
隆慶一郎の小説なんて暇さえあれば傀儡子が出てくるけど
そんなにダンサーがたくさんいたのか
なんの芸か知らんけど

176:2020/10/13(火)00:56:15.86
日本書紀に出てくるエミシは入れ墨の文化が特記されていて
これはポリネシアの影響を受けていることを示唆している

183:2020/10/13(火)01:05:03.81
星宮神社愛知県名古屋市南区西宮
星宮神社愛知県名古屋市南区本星崎町宮町祭神は天津甕星

216:2020/10/13(火)01:16:11.80
大将軍(金星)とか妙見(北斗七星)とか
今とは違う名で呼んだパターンもあるんでないの

232:2020/10/13(火)01:32:51.47
コロボックルはそんなに小さくはない

247:2020/10/13(火)01:55:28.36
まあ日本神話では星を司る神が邪神扱いだしな

253:2020/10/13(火)02:10:59.16
ほらあれが星一徹だよ

260:2020/10/13(火)02:29:35.16
現代でも天の河肉眼で見えるからな

261:2020/10/13(火)02:31:12.16
で、尾瀬の岩塔ヶ原にサンカの集落はあったの?

264:2020/10/13(火)02:57:06.85
オソマ美味しい❤

276:2020/10/13(火)03:25:15.24
蘇我氏が滅んだ時にそれまでの歴史書はすべて焼かれた
つまり神話も失われたから

284:2020/10/13(火)04:43:27.05
惑星はよくみているようだけど
山の中でみる満天の星々だと
星がありすぎて点つなぎ出来ませんわ

293:2020/10/13(火)06:45:23.42
結局にわかが知ったかぶりして恥な話かこれ

304:2020/10/13(火)07:05:17.74
地動説を「ああそうですか」で済ませるトコ

306:2020/10/13(火)07:09:11.37
サンカ関連でも某新聞のやらかしがあったな……

308:2020/10/13(火)07:13:16.84
文字がなかったからだろ

315:2020/10/13(火)07:30:55.95
古事記は創作の節がある

321:2020/10/13(火)07:35:01.65
古事記と日本書紀には日本書紀を移したフシがある

334:2020/10/13(火)07:48:34.36
こんなに言い切ってもっともらしく分析までしてるけど眉唾もの
キトラしかり、星座や星の和名沢山ある

342:2020/10/13(火)08:02:14.69
星乃リゾート
サンカリゾート

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事