• 世界中の科学技術を盗もうとする中国の「千人計画」の全容と、そこに参加した日本人研究者へのインタビューを「週刊新潮」10月22日号で報じた
  • ・・・
  • なぜ彼らは計画への参加を決めたのか…取材を続けると、背景に日本の研究環境の“現実”が見えてきた
  • ・・・
  • 「…自分を含めて中国に来た若手の研究者は…日本に研究者としてのポストがない…」中国トップ10に入る最難関大のひとつである浙江大学で…サルなど霊長類の遺伝子を研究する高畑亨教授(43)
後で読む
世界中の科学技術を盗もうとする中国の「千人計画」の全容と、そこに参加した日本人研究者へのインタビューを「週刊新潮」10月22日号で報じた。

なぜ彼らは計画への参加を決めたのか。

取材を続けると、背景に日本の研究環境の“現実”が見えてきた。

*** 「自分を含めて中国に来た若手の研究者は、働けるなら日本にいたいというのが本音です。給料や研究費が高いから中国に行くのではなく、 日本に研究者としてのポストがない。だから中国へ行くしかなかったのです」 中国トップ10に入る最難関大のひとつである浙江大学で、サルなど霊長類の遺伝子を研究する高畑亨教授(43)。

給与は日本の国公立大の准教授クラス(平均年収700万円前後)だというが、研究費や“ボーナス”は潤沢に用意されている。

「5年前に浙江省の『千人計画』に選出された際に1500万円が支給され、5年分の研究室の運営費として5000万円を支給されました。 『ネイチャー』や『サイエンス』に論文が掲載されたら、1500万円くらいのボーナスが出る」 実際、日本と中国では科学技術の予算に大きな差がある。

20年前は共に約3兆千億円前後と拮抗していたが、 2016年度の時点で中国の予算は22兆3988億円と大きく飛躍し、日本の6倍以上となっている。

「中国はいま、ほとんどノーベル賞の受賞者がいませんが、これから先は基礎科学の分野においても、どんどん出てくると思います。 あと10年もしたら、目に見えて結果が出てくるんじゃないですか」 と懸念を示すのは、16年にオートファジーの研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した、東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏(75)。

日本の研究環境にはこう警鐘を鳴らす。

「日本は財務省の役人に分かってもらえるような研究なら何とか予算がつく状況。 今の日本のやり方は、研究にお金を出したらその分の見返りがなくてはいけないというもので、これでは絶対に上手くいかないと思います。 このままいけば、日本で活躍の場がないからという理由で、基礎科学者が中国に流出することが、今以上に増えていくと思います」 10月22日発売の「週刊新潮」では、千人計画に参加した多くの日本人研究者の声とともに、図らずも露呈した我が国の研究環境の惨状を詳報する。

【学術会議】中国「千人計画」で日本の技術が盗まれる 参加の東大名誉教授が告白「中国は楽園。学問に没頭できて幸せ」 8
元スレ:2ch

※Twitter画像動画検索結果


5:2020/10/21(水)17:26:46.11
東芝の研究者がサムスンに行くようなもんだろ金だろ

7:2020/10/21(水)17:27:01.21
学問の自由がーーーーー

10:2020/10/21(水)17:27:47.63
優秀な学者でも結局は金なんだな

14:2020/10/21(水)17:28:02.85
もう戻って来ないんだろ?

15:2020/10/21(水)17:28:12.92
で、仲介斡旋してるのが学術会議なんですかね?www

16:2020/10/21(水)17:28:19.94
おーい、学術会会長早く来てぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

17:2020/10/21(水)17:28:25.42
そうだ
大学減らして半分にしたら予算倍になるだろ

18:2020/10/21(水)17:28:26.83
行くしかなかった?笑
実際に「行かなくてもいいほどの専門知識」や「行くべきではないという良識」を持ってないだろう。

19:2020/10/21(水)17:28:29.21
いっぱい仕分けされちゃったからねえ

21:2020/10/21(水)17:28:54.84
こんな体たらくな学者いらんな

23:2020/10/21(水)17:29:12.47
公務員解雇でいい

24:2020/10/21(水)17:29:23.70
お金ですって言えよw

27:2020/10/21(水)17:30:04.01
大学が多すぎるんだろ

30:2020/10/21(水)17:30:14.80
ほんとこれやな
基礎研究できる環境を失いつつあるのが一番の問題
高齢者にもしっかり健康保険3割負担させて財源つくるべき

44:2020/10/21(水)17:31:58.72
だから何?
同情してくれとでも言いたいのか

47:2020/10/21(水)17:32:20.78
軍事研究を反対してその言い草
やはり廃止にすべきだな

56:2020/10/21(水)17:33:20.25
日本の研究環境はそんなに酷い状態なの?

70:2020/10/21(水)17:34:20.51
そら行くわな
日本じゃ予算を削られる一方だし

76:2020/10/21(水)17:34:41.85
女つきで証拠をとられてってパターンも多いだろうな

86:2020/10/21(水)17:35:33.89
そういうのを改善したり、そのための提言をする為に、学術会議とかがあったりするんじゃないのか。

94:2020/10/21(水)17:35:47.74
世の中は金じゃないとかいうでしょ
でも金ないと何も出来ん

96:2020/10/21(水)17:35:51.62
貧すれば鈍するだけ。
日本自体がオワコンでしょ。

106:2020/10/21(水)17:36:27.08
別に加担するのは構わんけどなんかあったら俺らが加担しましたってちゃんと責任とってくれな

108:2020/10/21(水)17:36:36.11
そもそも学者なんて金持ちが金持ちが思わずパトロンになるかくらいの天才だけで
いいんだよみんな働け

110:2020/10/21(水)17:36:51.87
あー事業仕分けの残滓か…

112:2020/10/21(水)17:36:55.47
オレも大学院へ行ったが、学問したいならカネのことは口にするな、と教育されたぜ

115:2020/10/21(水)17:37:12.41
これが学問の自由ねぇ

117:2020/10/21(水)17:37:17.48
待遇が違うから仕方無いよ
文句を言うなら、出すもん出してから言えってことだよ

119:2020/10/21(水)17:37:21.04
金の心配せず好きな研究に没頭できるならそら乗っかるわな

125:2020/10/21(水)17:37:47.93
ますます学術会の存在意義がなくなりますねw

128:2020/10/21(水)17:38:07.93
金、金、金!
研究者として恥ずかしくないのか!

129:2020/10/21(水)17:38:09.42
つまり認めたんですね

143:2020/10/21(水)17:38:54.65
あらゆる産業の技術者も魂を売ってきたんだろう

152:2020/10/21(水)17:39:10.78
まぁでも金銭的に魅力で行きたい気持ちも分かるわ
せめて日本も研究費もっと取りやすくすればな

157:2020/10/21(水)17:39:28.57
学問の資本主義化でしょう?

160:2020/10/21(水)17:39:54.34
どうすんのこれ、学術会議のお偉いさんよ

164:2020/10/21(水)17:39:56.96
金に厭目をつけずに研究できる幸せ。こんな理想郷ないでしょ

167:2020/10/21(水)17:40:02.97
見よこれが「学問の自由」の本当の姿だ

168:2020/10/21(水)17:40:12.55
大学院が多すぎる。

174:2020/10/21(水)17:40:28.36
背に腹は代えられない、か。

176:2020/10/21(水)17:40:28.96
当時は若くお金が必要でした

191:2020/10/21(水)17:41:04.51
金がないと研究できないからな

200:2020/10/21(水)17:41:40.46
湯水のようにお金をくれないと俺達は仕事が出来ない結果も出せない
だからじゃんじゃん金をくれ〜〜〜〜〜〜〜!!!

213:2020/10/21(水)17:42:35.04
待ってろよ
ガースーが救ってくれるから

216:2020/10/21(水)17:42:42.68
まぁ…ポストにつけない研究者なら問題ないでしょう

223:2020/10/21(水)17:43:01.62
ようは身売りだろう。カネほしいならほっぺだぜアルアル

224:2020/10/21(水)17:43:04.67
行けばいいけど
日本にもう来ないでね

225:2020/10/21(水)17:43:05.54
御冥福をお祈りします

226:2020/10/21(水)17:43:07.97
最初に1500万もらえるのは良いとして
その後は5年分の運営費5000万円だけ?
論文が掲載されなきゃ収入はないの?

229:2020/10/21(水)17:43:15.79
お金は大事だよーって話だった
まあ大事だな
  1. この30年、大学院重点化の結果、博士持ちの数が急増。
    相応の年齢になったときに日本の大学に空きがないという現実に直面する。
    で、30半ばになって身の振り方を考えるわけ。
    これまで10年以上のキャリアで積み重ねてきた研究を捨てて、自分の研究に
    価値を見いださない企業に隷属するか、それとも今の十倍以上の研究資金を
    出して自分の研究を推進してくれる中国の大学を選ぶか。チャレンジ精神のあるまっとうな人間であれば、後者で自己実現をすることを選ぶだろう。
    博士の数だけ増やしてその先どうするかは知りません、という政策だから金のある場所に人材が流出するという当然の帰結になる。だが少子高齢化で大学教育の需要は減っている一方で、直近のリターンが望めない基礎研究は財政的に逼迫する大学にはそのままお荷物になる。一方、中国は基礎研究に長期投資する国力がついてきた、ということだ。

    結論としては日本には大量生産した博士を長期投資に利用するだけの国力がなくなってしまったということ。ブラック企業になってしまった社員は他の会社を探すしかない、そういうこと。

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事