菅首相 東日本大震災から10年を前に避難者帰還支援の考え強調

  • 東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の発生から10年となるのを前に菅総理大臣は福島県を訪れ、原発周辺の帰還困難区域を将来的にすべて解除する政府の方針に変わりはないとして、引き続き、避難している人の帰還の支援にあたる考えを強調しました
後で読む

コメントを残す

コメントがすぐに表示されない場合がございますが

特にNGワード等は設定していませんので少し時間をあければ反映されると思います

最新記事