• 米スポーツ用品大手ナイキは6日、男女マラソン世界新記録などをサポートした厚底シューズの次世代モデル「エア ズーム アルファフライ ネクスト%」を発表した
  • ・・・
  • 19年10月、非公認ながら1時間59分40秒と人類で初めて2時間の壁を破った際に使用した「プロトタイプ」は3枚のカーボンプレートが搭載され、厚さも40ミリ以上と想定されていたが、英紙ガーディアンによると、発表された新モデルは厚さ39・5ミリ、カーボンプレート1枚
  • ・・・
  • 前足部にはナイキ特徴のエアも内蔵されている
後で読む
  • お笑い芸人の有吉弘行(45)が31日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」に出演
  • ・・・
  • 男女マラソンの世界新など好記録が相次ぎ、規制される可能性が取り沙汰されている米スポーツ用品大手ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズを試し、その性能に「凄い」と驚きを見せた
  • ・・・
  • 2人は「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」を試し履き
後で読む
  • 昨年10月に男子の世界記録保持者のエリウド・キプチョゲが昨秋の非公式レースで、人類初の2時間切りとなる1時間59分40秒を出した際に履いていたプロトタイプ「アルファフライ」については、カーボンプレートが3枚使用されており、規制される見込みとなった
  • ・・・
  • 昨秋からVFについて調査していた世界陸連の研究チームは…表明
  • ・・・
後で読む
  • ナイキの「厚底シューズ禁止」見送りへ 英紙が報道陸上長距離界で男女マラソンの世界記録更新など好タイムが続出した米スポーツ用品大手ナイキの「厚底」靴を巡り、世界陸上競技連盟が新規則で禁止するとされた問題で、英紙ガーディアン電子版は29日、世界陸連は全面的な禁止を見送る方針だと伝えた
  • ・・・
後で読む
  • 同紙によると今月31日に世界陸連が見解を発表する際に、物議を醸しているナイキ「ズームX ヴェイパーフライネクスト%」は全面禁止されないとしている
  • ・・・
  • 世界陸連は東京五輪後まで、シューズの新技術の一時停止を発表する予定だという
  • ・・・
  • また、ナイキと他社の利点評価するための新しい研究プロジェクトを開始するとした
後で読む
  • 「ヴェイパーフライ履けなくなる問題」のインパクトまず今回の件で、日本人にとって「ヴェイパーフライ履けなくなる問題」のインパクトがどれだけ強いものだったかということが、浮き彫りになりました
  • ・・・
  • 当時、僕らのようなファンの間では「トラックとマラソンでシューズによる違和感をなくすためにラップは分厚いスパイクで走った」そういう解釈だったのですが、いまにして思えば、Wエントリーを可能にするために、疲労感を残さないシューズ開発の原型は2016年からの話であったのです
  • ・・・
  • このときは2時間切りを果たせませんでしたが、昨年10月、特設レースでキプチョゲ選手はナイキが新たに開発したシューズを履いて、非公認ながら人類初の2時間切りを果たします
後で読む
  • ナイキ厚底シューズ余波で… ドクター中松氏「スーパーピョンピョン」にも注目集まるマラソンの新記録を続出させ、長距離界を席巻しているナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」が話題となっているが、ネットでは発明家のドクター中松氏が発明したシューズ「スーパーピョンピョン」も話題となっている
  • ・・・
  • ドクター中松氏は「スーパーピョンピョン」という靴底にバネを付けた特殊シューズを発明している
  • ・・・
  • サイトでは20130円で販売されており、正月の箱根駅伝が行われた際には、中松氏が公式ツイッターですぐさま「駅伝の記録が伸びた理由はドクター・中松のフライングシューズ理論だった」とつぶやいている
後で読む
  • 米スポーツ用品大手のナイキが、厚底シューズの新モデルを東京マラソン(3月1日)で日本デビューさせる計画を進めていることが19日、分かった
  • ・・・
  • 同大会は東京五輪男子代表選考を兼ね、日本記録保持者の大迫傑(28)=ナイキ=や前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=らが出場予定
  • ・・・
  • 世界記録を持つエリウド・キプチョゲ(35)=ケニア=だけに使用が許されていた第4モデルの「超厚底」が供給されれば、五輪切符を巡る超高速レースが実現しそうだ
後で読む
  • 女子長距離の新谷仁美が19日、米ヒューストンで行われたハーフマラソンに出場し、1時間6分38秒の日本新記録を樹立した
  • ・・・
  • 従来の記録は06年福士加代子の1時間7分26秒
  • ・・・
  • ナイキの厚底シューズを履き、実に14年ぶり、48秒の大幅更新となった
後で読む
  • 米ナイキ社の厚底シューズが国内外のマラソン・駅伝レースを席巻する中、日本メーカーのアシックスとミズノが反撃に向けて新型シューズの開発を急いでいる
  • ・・・
  • 世界陸連がナイキの厚底を禁止するとの報道もあり、東京五輪に向けた“シューズ戦争”の行方は予断を許さない
  • ・・・
  • ナイキ旋風が吹き荒れている…このシューズがミズノのプロトタイプだ
後で読む
  • ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォームを採用、「推進力」をつけるため、特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている
  • ・・・
  • 日本でも大迫傑が日本記録をマークしたほか、1月2、3日に行われた箱根駅伝では8割を超える選手が着用し、区間新記録が10区間中7区間で誕生
  • ・・・
  • 禁止となれば、陸上長距離界に大きな衝撃が走ることになる
後で読む
  • ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォームを採用、「推進力」をつけるため、特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている
  • ・・・
  • 日本でも大迫傑が日本記録をマークしたほか、1月2、3日に行われた箱根駅伝では8割を超える選手が着用し、区間新記録が10区間中7区間で誕生
  • ・・・
  • 禁止となれば、陸上長距離界に大きな衝撃が走ることになる
後で読む
  • ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォームを採用、「推進力」をつけるため、特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている
  • ・・・
  • また男子の世界記録保持者のキプチョゲは昨年、2時間切りを目指す非公式レースでナイキ社の最新シューズをはき、人類で初めて2時間を切る1時間59分40秒をマークしている
  • ・・・
  • 日本でも大迫傑が日本記録をマークしたほか、1月2、3日に行われた箱根駅伝では8割を超える選手が着用し、区間新記録が10区間中7区間で誕生
後で読む
  • 英紙「テレグラフ」、「タイムズ」、「デイリーメール」など英各紙は15日、男女のマラソン世界記録を誕生させるなど陸上長距離界を席巻しているナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」について、国際陸連によって禁止となる可能性が高いと一斉に報じた
  • ・・・
  • ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォームを採用、「推進力」をつけるため、特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている
  • ・・・
  • 禁止となれば、陸上長距離界に大きな衝撃が走ることになる
後で読む
  • 男女のマラソン世界記録を誕生させるなど陸上長距離界を席巻しているナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」について、国際陸連によって禁止となる可能性が高いと一斉に報じた
  • ・・・
  • ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォームを採用、「推進力」をつけるため、特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている
  • ・・・
  • 禁止となれば、陸上長距離界に大きな衝撃が走ることになる
後で読む