• ライブは、幻想的な映像演出から2016年リリースのメジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」収録曲でリンリン作詞の「Am I FREANZY??」よりスタート
  • ・・・
  • 「…BiSHは…このNHKホールに来る前に紅白に出たかった…でも出れなかった…今年の年末は絶対ここに戻ってきて紅白に出ます!…」と…紅白出場を目指す事を宣言
  • ・・・
後で読む
  • 逮捕監禁などの疑いで逮捕されたのは、住吉会系暴力団の元組員・神谷卓容疑者(33)と会社員の白石久峰容疑者(32)ら6人です
  • ・・・
  • 6人は去年8月、神谷容疑者が実質的に経営する秋葉原駅近くのアイドルカフェの店長だった男性(28)をJR西日暮里駅前で無理やり車に連れ込み、ハンマーで殴って肋骨を折るなどの重傷を負わせたうえ、江戸川区のマンションに監禁した疑いがもたれています
  • ・・・
  • 捜査関係者によりますと、6人は男性が店員の女性と交際し、無断で辞めたことに腹を立てたとみられ、2日後に男性が隙を見て逃げ出し、事件が発覚しました
後で読む
  • 平手は2015年8月、当時の「鳥居坂46」のオーディションに合格
  • ・・・
  • 欅坂としてデビュー後、19年2月発売の「黒い羊」まで、シングル全8曲でセンターを務めるなど、絶対的なエースとして君臨し続けた
  • ・・・
  • 直後の18年1月には、右腕の上腕三頭筋損傷で全治1か月と診断され、同月末に予定されていた欅坂46の日本武道館コンサートが、けやき坂46(現・日向坂46)に変更された
後で読む
  • きっかけは、今月10日からスタートした深夜アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』のエンディングテーマとして、主人公・えりぴよの声優、ファイルーズあいのカバー曲が放送されたから
  • ・・・
  • 「松浦亜弥伝説」が色褪せない理由、そしてその背後にある「本格派ソロアイドル待望論」とは
  • ・・・
  • 今年、果たして絶対的な実力を持つ“カリスマソロアイドル”が誕生するのかどうか気になるところだが、現時点で“最後”ともいえる絶対的ソロアイドル・松浦亜弥“自身”の復活を期待してしまうのは、野暮というものだろうか
後で読む
  • 指原は2019年12月20日、自身のツイッターで被害状況と警察への被害届の提出を伝えていた
  • ・・・
  • X氏は12月20日に強要の疑いで逮捕…「Xは逮捕から20日間拘留されました…『…A子やノイミーには近づかない』…」
  • ・・・
  • 「週刊文春デジタル」の取材で、X氏は3年以上前から一緒に、アイドルと直接繋がることを目的に犯人らと行動を共にしていたことがわかっている
後で読む
  • 1月8日発行の「東京スポーツ」と、同16日発売の「女性セブン」が、立て続けに伝えた“元国民的アイドル”の薬物疑惑
  • ・・・
  • 昨年11月には、女優の沢尻エリカが合成麻薬・MDMAを所持していたとして逮捕され、世間を驚かせたが、国民的人気を誇っていた過去を持つAの逮捕も、同様の衝撃を与えるだろう
  • ・・・
  • その“事件”は、ある雑誌のインタビュー中に起きたとか
後で読む
  • 美くびれあらわな下着姿を披露した…山田は自身のカレンダー『NANA YAMADA calendar 2020.04〜2021.03』(2月22日発売)が、「今年も発売されることになりました」と報告
  • ・・・
  • B5変型サイズ・卓上タイプの13枚綴り、両面仕様となっており「私のぷにぷにボディと共にぜひとも楽しんでください!!」とコメント
  • ・・・
後で読む
  • 確かに覚醒剤やコカインなどの薬物とは違って、大麻使用に関しては、どうやら反社会的な行いに対する個人的な意識の薄さがあるのも事実だろう
  • ・・・
  • 例えば、米国から国際郵便で大麻ワックス約57グラムを18年12月に密輸した大麻取締法違反で昨秋、逮捕・起訴されたプロスノーボーダーの国母被告
  • ・・・
  • 前出の薬物ウォッチャー…「もはや警視庁とマトリのどちらが早く逮捕するかの段階」というわけだ
後で読む
  • 人気アイドルグループ出身で現在はソロ歌手として活躍する板野友美(元AKB48)、鈴木愛理、渡辺美優紀(元NMB48)が、3月20日に神奈川・KT Zepp Yokohamaで行われるライブイベント『MO-BLOW presents Mash Up Labo』に出演することが決定し、3ショットが公開された
  • ・・・
  • 初開催となる今回は、かつて人気アイドルグループの中心メンバーとして熱烈な支持を受け、現在もソロで幅広い活躍を見せている板野、鈴木、 渡辺をブッキング
  • ・・・
後で読む
  • 17歳だった彼女は、喜び勇んで人生のスタートを切ろうとしていた そんな時、彼女の無残な姿の写真がInstagramに投稿された
  • ・・・
  • あるいは、どこにでもいる普通の女の子「beegtfo」
  • ・・・
  • また時には、若き闇の女王「oxiecontin」でもあった
後で読む
  • 最近、10代の女の子の間では木村拓哉を「かっこいいおじさん」と呼んでいるそうだ
  • ・・・
  • アイドルのなかでも別格といわれたキムタク…昭和の大スター・高倉健さんと重なるものがある
  • ・・・
  • アイドル全盛期だった頃の木村を知らない10代の女の子が“かっこいい”と褒める
ソース速報又はツイッターとか
後で読む
  • なかでも2020年の“第1号”として具体的に名前が挙がっているのが元女性アイドルの“A”です
  • ・・・
  • 「…たまたま深夜に飲食店でAの姿を見かけたんです…」Aの“異変”は複数の関係者が目撃している
  • ・・・
  • 10代の頃から国民的アイドルグループのメンバーとして活動
後で読む
  • A氏と食事をしたこともある週刊誌記者によると…「日ごろは記者という身分を隠してタレントに近づいて話を聞き…」という
  • ・・・
  • しかし、それを自慢げに話すAは、同業の記者たちから白い目で見られていた様子なのだが、夏ごろからKの出演するイベントにその姿が見られなくなり、「親しかった記者とかも連絡が取れなくなっているらしい」というのだ
  • ・・・
  • 「…記者のくせに文章力がひどくて…」そこでAを使っていた女性誌の編集部に話を聞くと…なんと「業務上の問題を起こして3年ぐらい前に関係を切った」
後で読む
  • 美くびれあらわな下着姿を披露した…山田は自身のカレンダー『NANA YAMADA calendar 2020.04~2021.03』(2月22日発売)が、「今年も発売されることになりました」と報告
  • ・・・
  • B5変型サイズ・卓上タイプの13枚綴り、両面仕様となっており「私のぷにぷにボディと共にぜひとも楽しんでください!!」とコメント
  • ・・・
後で読む
  • 確かに覚醒剤やコカインなどの薬物とは違って、大麻使用に関しては、どうやら反社会的な行いに対する個人的な意識の薄さがあるのも事実だろう
  • ・・・
  • 例えば、米国から国際郵便で大麻ワックス約57グラムを18年12月に密輸した大麻取締法違反で昨秋、逮捕・起訴されたプロスノーボーダーの国母被告
  • ・・・
  • 前出の薬物ウォッチャー…「もはや警視庁とマトリのどちらが早く逮捕するかの段階」というわけだ
後で読む
  • 先日「東京スポーツ」が報じた「…沢尻エリカを超える衝撃…元国民的アイドルの薬物逮捕が間近」報道
  • ・・・
  • ネット上ではすでに「AKB48の前田敦子」や、有名アイドルの名前が取り沙汰されているが、そのすべては「間違った憶測」だという
  • ・・・
  • 「逮捕間近、かは怪しいですが、元モーニング娘
後で読む
  • 公開げいこを行った佐渡稔、小林麻耶、辰巳雄大、佐藤B作、片岡鶴太郎、鈴木杏樹石井愃一、まいど豊、黒田こらん、菅原りこ、あめくみちこ、小林美江、山本ふじこ、中西良太=東京・ヒューリックホール東京山口真帆(24)と共に、昨年5月にグループを卒業した菅原
  • ・・・
  • 卒業から約半年がたったが、アイドルは「もうやりきりましたって気持ちです」と未練はないという
  • ・・・
  • 女優として舞台に立つことを「新鮮な気持ち」と表現し、「これからは新しい自分で!」と笑顔で言い切った
後で読む
  • アイドルグループ・乃木坂46の白石麻衣(27)が6日、グループからの卒業を発表したことを、各スポーツ紙が報じた
  • ・・・
  • 時期は未定だが年内に卒業コンサートを開催するという
  • ・・・
  • 乃木坂は2011年に結成…また、乃木坂のみならず、姉妹グループの欅坂46、日向坂46と合わせ「坂道シリーズ」と呼ばれ、男性ファンだけでなく、女性ファンの支持も得ている
後で読む
  • このタイミングでの卒業について、前述の芸能関係者はこう語る
  • ・・・
  • 同じく秋元康氏(61)プロデュースのアイドルとして元AKB48の小嶋陽菜(31)がいる
  • ・・・
  • 「卒業ではなく…私はAKB48 とアイドルが大好きなので…30歳までAKB48 を卒業しません!」と発表
後で読む
  • それが皆さまご存じ、ハロープロジェクト、略してハロプロ
  • ・・・
  • そして、ハロプロ正月コンのチケットを手に入れたのだ!ありがとう、友達!そんなこんなで初めてハロプロさんのコンサートに参戦させてもらったわけだが、期待以上だった
  • ・・・
  • みんなメインボーカルなのか?と思うくらい、上手い
後で読む
  • ビリー・アイドルとX JAPANのYOSHIKIがジョン・レノンの「Imagine」をカヴァー
  • ・・・
  • ビリーがヴォーカルを、YOSHIKIがピアノを担当
  • ・・・
後で読む
  • この日の『東大王』は新春3時間スペシャルで、終盤にて「重大発表」があると事前に予告されていた
  • ・・・
  • 『東大王』は、現役東大生である水上颯を中心にした8名の東大生で構成された男女混合チーム
  • ・・・
  • 今回のファンイベントは、「アイドル化」した東大生チームのファンのために行われるイベントであるため、『東大王』を東大生目当てではなく、ごく普通のクイズ番組として視聴していた人たちは、あまり興味のない情報だったことが、浮き彫りになった告知であった
後で読む
  • ドラマの主な舞台は1986年ということで、鈴木は1980年代に秋元康氏がプロデュースしたアイドルグループ「おニャン子クラブ」の衣装として起用され、一大ブームとなったファッションブランド「SAILORS」のブルゾンを着用して登場
  • ・・・
  • 「80年代アイドルのスペックがすごく高い」と、驚きを語った
  • ・・・
  • 会社をリストラされ、離婚も秒読みで、お先真っ暗だと思っていたある日、気がつくと、時は1986年、心は46歳のまま、身体は16歳の自分に戻っていた…という主人公の天野光彦が、初恋の小沢さつき、高校時代には話したこともなかった現在の妻・幸子との間で、とまどいつつも、高校生に戻って、“2度目の青春”を謳歌する
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
12/31(火) 10:01配信 現代ビジネス 紅白出演のTWICEも…KPOPアイドルが日本語の歌詞で歌う理由  いっときのブームかに見えたKPOPはもはやブームとは言えないほど日本の音楽市場に長く定着している。そんななか、日本のKPOPファンの中である疑問が起こっている。なぜKPOPアーティストは日本では日本語の歌詞で歌うのか、である。 令和の『絶対に笑ってはいけない』が示す、吉本興業の厳しい現実  たしかに、アメリカの音楽チャートの常連になっているBTS(防弾少年団)は同国では韓国語のアルバムをリリースし、ライブやテレビ番組でも韓国語で歌っているにもかかわらず、日本では日本語のアルバムをリリースし、先日の「2019 FNS歌謡祭」に出演した際も日本語で歌っていた。FNS歌謡祭と同日に東京ドームでライブを行ったBLACKPINKもすべて日本語でパフォーマンスしており、本日放送のNHK「紅白歌合戦」に3度目の出場となるTWICEも、過去2回すべて日本語で歌っている。  KPOPファンの多くは、韓国語の歌詞の楽曲を聴くという。もともとその言語のためにつくられた楽曲だからこそ、当然、韓国語の方がクオリティが高いからである。Spotifyを見ても、韓国語の歌詞の楽曲のほうが圧倒的に聴かれている。  なぜKPOPアーティストは日本においてのみ「現地化」の戦略をとるのか。日韓合同の音楽フェスを主催し、過去にCNBLUEやFTISLANDなどのアーティストを日本でプロデュースしてきた崔尹禎(チェ・ユンジョン)さんにその背景について聞いた。  ※以下、崔さんによる寄稿。 きっかけはBoAの日本における成功 2004年にリリースされたBoAのクリスマスソング「メリクリ」は未だに人気で、先日4年ぶりに「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演したBoAは同曲を披露した〔PHOTO〕BoAのクリスマスアルバム「メリクリ」のジャケット  KPOPのアーティストが日本語の歌詞の楽曲をリリースすることが定石となったのには、2001年に日本でデビューした「BoA(ボア)」の現地化戦略による成功があるといえる。BoAの日本の音楽業界における成功は、当時の韓国音楽業界に大きなインパクトを与えた。  さらに、2004年から日本で旋風を巻き起こした「冬ソナ」「ヨン様」を筆頭とした「思いも寄らぬ」韓流ブームは、韓国の芸能界にバラ色の夢を与えてくれた。まるでアメリカンドリームのような「ジャパンドリーム」を追いかけ、次から次へと金鉱を求めるかのように自国のアーティストを日本に送り込む“ゴールドラッシュ”が始まったのである。  KPOPの成功を数値的に分析する記事はさまざまあるが、実務者の立場から見ても、韓国から日本に進出してワンソース(アーティスト)マルチユースでさまざまなコンテンツを生み出した韓国の企業、アーティスト本人、そして裏の立役者である日本企業が当時、巨大な富を手に入れたことは事実である。  このとき多くのアーティストは海外進出のパイオニアであるSMエンターテインメントとBoAの成功例を参考にした。日本でデビューし現地化戦略をとれば、失敗のリスクが減る、と。今の韓国アーティストのこういったスタイルを定着させたのは、SMエンタとBoA、そしてその受け皿であったAvexと言っても過言ではないだろう。 https://gendai.ismedia.jp/
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む