• はいはい、がんばって封じ込めてください…そして日本に来ないでください
  • ・・・
後で読む
  • 今月24日、福岡市西区で目張りされた車の中から男性の遺体が見つかりました
  • ・・・
  • 警察などによりますと男性は東京MXテレビのバラエティ番組「欲望の塊」の40代の担当者で現場の状況から練炭自殺とみられるということです
  • ・・・
  • 東京MXテレビが放送した「欲望の塊」では番組を企画した会社が賞品とされる高級車「ランボルギーニ」を優勝者に渡していないなどトラブルとなっていました
後で読む
  • 東京MXテレビが2019年1~3月に放送したバラエティー番組「欲望の塊」で、番組内でゲームの優勝賞品とされた高級外車が優勝者に渡されなかった問題で、番組担当者の40代男性が福岡市西区で遺体で見つかったことが、関係者への取材で判明した
  • ・・・
  • 現場の状況から自殺を図ったとみられる…MXは21日…同番組を巡り「優勝賞品の出演者への受け渡し…」とトラブルを公表し…放送責任を認め謝罪した
  • ・・・
後で読む
  • 今回、これまで関わった全作品の発行部数は3億部以上の樹林に、1番衝撃を受けた実際の事件を直撃
  • ・・・
  • しかし、浮かび上がった容疑者は10年前に死んでいたらしく
  • ・・・
  • 謎が謎を呼ぶミステリーで、漫画を超えた衝撃の結末が明らかになる
後で読む
  • 薬師丸ひろ子が、25日放送の『SONGS』に出演
  • ・・・
  • NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013年)の挿入歌として人気となった「潮騒のメモリー」を歌い、話題を呼んだ
  • ・・・
  • 劇中では、薬師丸が演じる鈴鹿ひろ美の出世作として話題となった同曲
後で読む
  • 俳優の大沢たかお(51)が、26日放送の日本テレビ「おしゃれイズム」に出演
  • ・・・
  • 2030年代の話であることから、タイトルが「2030」に変えられそうになった時には「崩壊しないとダメ!」と強く反対した
  • ・・・
  • 2年間の休業を経ての復帰…休業の理由について「わくわくしない瞬間が出てきて…」と大沢
後で読む
  • 唐田は5、6話(2月3、10日放送予定)に主演
  • ・・・
  • 不倫発覚後も撮影に参加していた…不倫騒動に加え、その役柄に理由がある
  • ・・・
  • 唐田は本人役で、売れかけの女優という設定…劇中には、その女優が不倫をする姿が描かれていた
後で読む
  • 今年1月1日に実は結婚していたということを公表したウイカ
  • ・・・
  • ウイカは「…家の住所とか貯金額とかと同じくらいプライベートなものだと思って…」
  • ・・・
後で読む
  • 涙ぐむ唐田えりかを優しく見つめる東出番組では、女優の杏の夫で俳優・東出昌大と女優・唐田えりかとの不倫報道を特集した
  • ・・・
  • 不倫報道を東出の事務所はすべて認め謝罪したが…松本は「…言い方は悪いけど火消しとしてはすごくうまいじゃないですか…その割には火が消えてない」と指摘した
  • ・・・
  • 「東出さんが浜田の番組に出て生け花作った」と明かし…「…『不倫願望』…」と笑わせた
後で読む
  • タレントの藤田ニコル(21)が「イメージと違い過ぎてびっくり」とコメント
  • ・・・
  • 元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(40)は「なぜ不倫が起きるかというと、妻子のいる既婚男性に対して“それでもいいよ”と心と体を許す女性がいるから成立する」と見解を語った
  • ・・・
  • すると、西川は「お金があって、そこそこルックスもよければ、それで不倫をしていない男性がいないのは確か」と断言
後で読む
  • 同ドラマは、作品配信サービス「note」を通じて視聴者から脚本のアイデアを募る方式の番組
  • ・・・
  • 2話ごとに変わる主演や、撮影状況などは同サイト上で随時告知されている
  • ・・・
  • 写真入りで撮影の進展が報告されており「…6話の主演の女性がいます…」
後で読む
  • シンガー・ソングライターの大森靖子(32)と結婚していることを初公表した
  • ・・・
  • この日、サンリオキャラ好きでメンバーやファンを困らせていることを反省しに登場したピエール中野
  • ・・・
  • ぱいぱいでか美は結婚のことも知っていたそうで…「…『ダンナが有吉反省会に行くらしい…よろしく』…」と明かした
後で読む
  • 「…ラジオの深夜放送でみのさんの大ファンだった…いなくなるのはたいへん残念です」と語った
  • ・・・
  • 「…大いに期待してます」と語った…昨年5月10日の同番組のコーナー企画「迷ってナンボ!大阪・夜の十三」で、取材対象者のセクシュアリティーにかかわる不適切な取材と放送を行い、問題化
  • ・・・
後で読む
  • 「…1億円っていうのもざっとなので…本当は2~3億はいってる…」と明かした
  • ・・・
  • 加藤は「あの時はまだ子供だったんですよね」
  • ・・・
  • するとデヴィ夫人が…「あなたに1億円も使う男性の顔…」
後で読む
  • TBS系ドラマ「凪のお暇」で唐田と共演経験があるというウイカは、「ご一緒のシーンも何回かあって」と発言
  • ・・・
  • MCのハイヒール・リンゴらが「どうやった?」と前のめりで聞くと、ウイカは「めっちゃめちゃ静かでいい人っていう感じで、いい女優さん。びっくりしました」と振り返った
  • ・・・
  • 今回の報道について「したたかなんやな~と思った」と率直な感想を話すと、リンゴに「ウイカにしたたかって言われたらなあ~」とからかわれた
後で読む
  • 唐田えりかの腰に手をまわしエスコートする東出昌大「週刊文春デジタル」では、1月上旬から東出が都内の一軒家を出て、単身マンションで暮らしていると報じている
  • ・・・
  • 過去に複数の女性との不倫が報じられ「炎上」した経験を持つ乙武氏はこの問題について意見を求められると、「俺に振る~!?」と絶叫
  • ・・・
  • また、MCの原田龍二(49)やミッツ・マングローブ(44)らから「乙武さんみたいな聖人君子的なイメージの人が起こしたからみんな騒いだのでは」と言われると、「イメージ的にやってそうな人ほど傷が浅くて済みますよね」と自虐的に話していた
後で読む
  • HIP-HOPユニット「Creepy Nuts」のR-指定(28)が24日、関西テレビ「快傑えみちゃんねる」に出演
  • ・・・
  • リズムやタイミングの世界にいるため、普通の生活が送れなくなったことを明かした
  • ・・・
  • そんな“天才”R-指定だが、ラッパーならではの“極端なこだわり”があるのだという
後で読む
  • 東京オリンピック開幕までちょうど半年となった24日、テレビ民放キー局5社をはじめとする全国の系列114局が共同で「民放同時放送!一緒にやろう2020大発表スペシャル」を午後6時40分から20分間、東京・台場のフジテレビから生放送した
  • ・・・
  • この日の番組には、日本テレビの桝太一、テレビ朝日の弘中綾香、TBSの安住紳一郎、テレビ東京の竹崎由佳、フジテレビの宮司愛海各アナウンサーが出演した
  • ・・・
  • 同時に映る映像を目にした弘中アナは「こんなことが実現するんですね!」と興奮していた
後で読む
  • 問題となったのは19年4月6日と5月18日放送分
  • ・・・
  • 日韓関係について出演者が議論する中、岩井氏は5月の放送で韓国の姿勢を「『手首切るブス』というふうに考えておけば、だいたい片付く」などと発言
  • ・・・
  • 4月の放送でも同様のコメントをしていた…番組は2回とも事前収録だったが、関西テレビは「差別的意図はない」などとして、編集せずにそのまま放送
後で読む
  • 審議対象は昨年4月6日と5月18日の放送回
  • ・・・
  • 番組は生放送ではなく収録だった…「…今日はなんでも言っていい日なんですよね…」と発言していた
  • ・・・
後で読む
  • 人気司会者、みのもんた(75)が、MCを務めている日本テレビ系「カミングアウトバラエティ!!秘密のケンミンSHOW」から勇退することが23日、制作する読売テレビから発表された
  • ・・・
  • 4月からは後任としてお笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(55)が出演し、現MCの久本雅美(61)とタッグを組む
  • ・・・
  • スタジオではそれをもとに地方出身のケンミンが東京出身の田中に「東京どないやねん!」とその主張をぶつけていくという
後で読む
  • このヤジに小倉智昭キャスターは「ちょっとひどいヤジだと思います」と指摘した
  • ・・・
  • さらにコメンテーターで社会学者の古市憲寿氏も「本当ならあり得ない発言です」とし「結婚して少子化なんとかほしいっていう時代に自民党の議員がこういうこと言ったとするならば、現状が見えていない」と憤慨していた
  • ・・・
後で読む
  • 番組では冒頭から東出の不倫&別居報道を特集
  • ・・・
  • 東出と唐田は18年に公開された映画「寝ても覚めても」で共演、同作品はカンヌ映画祭にも出品されており、2人はカンヌでインタビューも受けていた
  • ・・・
  • 「ノンストップ!」では、その時の映像を紹介し、東出がハンカチをそっと唐田に渡すシーンも放送
後で読む
  • 世界的に人気のゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズ
  • ・・・
  • その魅力の秘密を、感動の物語、革新的ゲームシステム、グラフィック、音楽から解き明かす特番、NHK BSプレミアム『歴史秘話ファイナルファンタジーヒストリア』が1月27日放送
  • ・・・
  • 番組では、NHKで実施中の人気投票の中間結果も発表されます
後で読む
  • 明日1月24日にフジテレビ系で放送の「ダウンタウンなう」に佐野元春、王林が出演する
  • ・・・
  • 佐野のバラエティ番組への出演は約11年ぶり
  • ・・・
  • 今回佐野は事務所スタッフからの…「最近…自分の名前に飽きたらしい」という証言を受け…「40年も佐野元春という名前でやっていると自分の名前に飽きてきます」と自らの本名について想定外のトークを展開し…MCの松本人志から「芸名ならわかるけど!」とツッコまれる
後で読む
  • 年初会見となり、東京五輪・パラリンピック中継に強い決意を示した後、「民放業界としては経営面から昨年…スポット広告を中心に放送収入が落ち込んでいる現状があります」と…あらためて報告
  • ・・・
  • 「…信頼される広告媒体として…放送の価値を広告主の皆さんに再認識してもらい…広告の需要を掘り起こすことが大きな課題」に挙げた
  • ・・・
後で読む
  • 一方で板東は、子供から松ぼっくりを「ありがとう」と優しく受け取ったが、子供と別れた後にあっさりと地面に捨てた
  • ・・・
  • その後、ニセのロケと知らされた板東は怒りの表情に
  • ・・・
  • 板東の激怒ぶりに視聴者は驚がく…「放送事故だ」と表する声が相次いだ
後で読む
  • 松ぼっくりを受け取った時には「神板東」とも言うべき対応だったが、捨てた後は「鬼板東」とテロップで紹介されるほどの豹変ぶり
  • ・・・
  • 今後の収録時には松本が現場に行って板東のフォローをしないと撮影スタッフがかわいそうなのでは…松本も「…あいつヤベーだろ」とドン引きしていた
  • ・・・
後で読む
  • 広島の元エースで通算213勝を挙げた北別府学さん(62)が20日、レギュラー出演している地元局・広島ホームテレビの「みみよりライブ 5up!」に生出演し、白血病であることを公表した
  • ・・・
  • 北別府さんは75年度ドラフト1位で広島入団
  • ・・・
後で読む
  • 新聞の全面広告は定価が約4千万円だが、大晦日にも全面広告を1ページ入れているので、定価で考えれば2日間で約2億円の広告費となる
  • ・・・
  • 高給取りのテレビマンも戦々恐々の態か
  • ・・・
後で読む
  • テレビ朝日が、夜の看板報道番組『報道ステーション』を支えてきたベテランの社外スタッフ約10人に対して、3月いっぱいでの契約終了を通知し、波紋を呼んでいる
  • ・・・
  • 「リストラされるベテランスタッフは…『報ステ』…」『報ステ』といえば…昨年テレビ朝日の早河洋会長の肝煎りで『報ステ』のチーフプロデューサーに抜擢されたと噂される桐永洋CPによる女性キャスターへのセクハラ行為が発覚
  • ・・・
  • テレ朝は謝罪に追い込まれた…また…テレ朝が…ということは疑いのないところだろう
後で読む
  • 13日に公開した元タレント・島田紳助さんとのYouTube番組について「…再生回数が1日200万回…」と明かした
  • ・・・
  • 番組によると17日時点での動画再生回数は510万回にのぼっており、1再生0・1円〜0・3円相場の広告単価に当てはめると51万〜153万円の広告収入に相当するという
  • ・・・
  • 8年ぶりに紳助さんと再会した際…紳助さんからYouTube出演を持ちかけられたといい「…『帰る前にYouTube撮ろうや』…」と説明した
後で読む
  • そこで今回は、復活してほしいと思う平成のバラエティー番組について探ってみました
  • ・・・
  • 1位 ダウンタウンのごっつええ感じ2位 トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜3位 森田一義アワー 笑っていいとも!⇒4位以降のランキング結果はこちら!1991年から1997年にかけて放送された伝説のお笑い番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』
  • ・・・
  • このように、多くの人にインパクトを与えたバラエティー番組が上位に選ばれる結果となりました
後で読む
  • NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、スタートした
  • ・・・
  • 主人公の明智光秀は青や緑、斎藤義龍は赤など登場人物は原色の衣装に身を包み、農民たちの衣装も色とりどりでカラフル
  • ・・・
  • 黒沢明監督の長女で、衣装デザイナーの黒沢和子さんが衣装を手掛け、4Kカメラでの撮影が映えるビビッドな色遣いを実現させた
後で読む
  • 19日のTBS系「サンデー・ジャポン」が、韓国の団体が、東京五輪に対して「放射能五輪キャンペーン」を行い、物議を醸していることを特集した
  • ・・・
  • 「TOKYO2020」と書かれ、防護服を着た聖火ランナーが、緑色の炎をあげるトーチを持って走るポスターを作り、活動を行っているとした
  • ・・・
  • 番組の取材に金慶珠・東海大教授は…「日本としては非常に不愉快と思ってもそれは彼らの主張ですよね…」と解説した
後で読む
  • 上沼恵美子(64)が19日、読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演し、フジモンこと藤本敏史が木下優樹菜と離婚した理由は「タピオカではない」と断言した
  • ・・・
  • 上沼はフジモンの写真に視線をやり…「…関係ないです…」と両者の間にはすでに埋めがたい溝があり…タピオカ騒動の前には離婚は既定路線となっていたと指摘した
  • ・・・
  • フジモンがタピオカ騒動をうまく収束させようと動いていたとの指摘もあり、むしろタピオカ騒動を機に関係が改善するのではと思ったほどだったという
後で読む
  • 小泉進次郎環境相の「育児休業」の取得について厳しい言葉をぶつけた
  • ・・・
  • 15日に2週間の「育児休業」の取得を表明しており、閣僚の育休取得は初めてだが、議員では前例があり、第1号は金子の夫で元衆院議員の宮崎謙介氏(39)となる
  • ・・・
  • 意見を求められた金子氏は…「…今回は2週間…」とバッサリと斬り捨てた
後で読む
  • この点に関して制作側からの説明は全くないという
  • ・・・
  • 番組には男性ホストが20人出演していた…一部を制作費に充てていたとみられるが…出演したホストの一人は「…制作にお金がかかるわけがない…スタッフの人件費は一体どこに消えたのか」と指摘した
  • ・・・
  • 同局によると、番組は外部の制作会社が作って持ち込んだものを放送する形だった
後で読む
  • 1月15日放送の『ホンマでっか!?TV』で、カンニング竹山、森口博子、パンクブーブー・黒瀬純、吉本実憂ら福岡県出身有名人が「福岡あるある」を語り合った
  • ・・・
  • 竹山は福岡県人の特徴として…「…せっかちで人の話に途中でかぶせる…」と明かす
  • ・・・
  • だが、「日本三大都市」の話になると、東京、大阪に続く都市が「名古屋か福岡か」で愛知県出身のスピードワゴン・井戸田潤と福岡出身者らが舌戦に
後で読む
  • タレントの上沼恵美子(64)が19日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」に出演
  • ・・・
  • 2011年8月に芸能界を引退して以来となる島田紳助さん(63)のYoutube動画での発言を引き合いに…「言いたいことの…1000分の1も言えてない」と訴えた
  • ・・・
  • 「…事実を言えなくなった」と上沼
後で読む
  • 貧乏時代の秘話を明かした…「King Gnu」はギター&ボーカルの常田大希(27)、キーボード&ボーカルの井口理(26)、ベースの新井和輝(27)、ドラムスの勢喜遊(せき・ゆう、27)の4人組
  • ・・・
  • 番組では貧乏時代の話に触れると、メンバーは「マジで金なかった」と振り返り、新井が「愚痴屋とかやっていたもんね」と井口に話を振った
  • ・・・
  • 井口は…「電車賃がなくて…駅前で人の愚痴を聞くという仕事を…」と告白
後で読む
  • ナイナイ矢部、1度だけあったコンビ解散危機 岡村から「やめへん?」矢部浩之が、18日放送の『フォトぶら』で、岡村隆史からコンビ解散を切り出された過去を告白した
  • ・・・
  • お笑いコンビ「ナインティナイン」の矢部浩之が18日放送の『フォトぶら』に出演
  • ・・・
  • 相方の岡村隆史からコンビ解散を切り出された過去を明かした
後で読む
  • NHKは4月1日から、放送のネット同時配信と見逃し配信を実現する新サービス「NHKプラス」を開始すると発表した
  • ・・・
  • 利用対象者は、NHKの放送受信契約者…追加料金は発生せず、無料で利用可能だ
  • ・・・
  • NHKプラスは無料で提供されるサービスであるにも関わらず…「…NHKプラスはその布石だ」
後で読む
  • 加藤が「こうやって喋るのは初めてかも」と言いながら「深い話をしたくないほうでしょ」と指摘すると…行き違いが生じていたことが判明
  • ・・・
  • 加藤が改めて「じゃあ今日ちょっと色々聞いていく」としながら、ひとりのプライベートに迫った
  • ・・・
  • 彼の妻は大沢あかねだが、加藤が「ご飯とか作ってくれるの?」と聞くも、ひとりは「あんまり手料理食べてない」と返した
後で読む
  • タレントのデヴィ夫人が18日、カンテレのトーク番組「胸いっぱいサミット!」に生出演し、小泉進次郎の育休取得に「なぜ政治家が育休?」と異論を唱えた
  • ・・・
  • しかしデヴィ夫人は…「…でも彼の場合…なぜ彼が取らなきゃならない?…」
  • ・・・
  • 「…国家公務員は特別職…」
後で読む
  • 2017年7月期にTVアニメが放送された『メイドインアビス』のシリーズ続編制作が決定したことが18日、明らかになった
  • ・・・
  • PVとともに続編のイメージボードも公開されているつくしあきひと氏のファンタジー漫画が原作
  • ・・・
  • 奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っているという秘境の大穴“アビス”
後で読む
  • 一陸斗@りっくん @HajimeRikuto 21:08 -皆から2000万近く集め音信不通です
  • ・・・
ソース速報又はツイッターとか
後で読む
  • 1月14日に放送されたバラエティ番組「ありえへん∞世界」で、テレビ東京はなぜ大事件が起きても、ブレずにアニメを放送してきたのか、いわゆる“テレ東伝説”の理由が説明され、反響を呼んでいる
  • ・・・
  • この日「テレビ東京55周年を勝手に振り返る」というテーマの中で、1991年1月17日に湾岸戦争が勃発し、テレビ東京以外がこぞって緊急の報道特番を放送する中、テレビ東京だけが唯一アニメを放送していたと紹介される
  • ・・・
  • 番組の中で「社会的に重大な事件や事故が起こっても…」と理由が語られた
後で読む
  • 期間中、放送と同時に配信する番組は、日本テレビ「news every.」、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」、TBSテレビ「Nスタ」、テレビ東京「ゆうがたサテライト」ほか、フジテレビ「Live News it!」
  • ・・・
  • 関東地区で放送されている放送を同時配信する
  • ・・・
  • 同時配信の対象は地上波で放送する平日の夕方の報道番組が主で、複数局が同時間帯に配信する際のユーザーインタフェースに関する比較検証など、技術的な検証を行う予定
後で読む
  • 「この事件は『ひきこもりが起こした凶悪事件』…世間の敵意はひきこもりに向けられ…差別や偏見が当事者らを追い込んでいる」という——
  • ・・・
  • 筆者の元にはメディアから…「容疑者がひきこもりだった」
  • ・・・
  • しかし、市が会見した直後から、ネット上には「ひきこもりが起こした凶悪事件」という見出しのニュースが流れ、テレビや新聞なども同様に取り上げたことから、世間の敵意は「この容疑者がなぜ犯罪を起こしたのか」を考えることではなく、「ひきこもり」に向けられていった
後で読む
  • TBS「Nスタ」の街頭インタビュー取材に答えた女性は「内容が正しく伝わっていない」と訴え、本日1月17日、TBSは番組内で訂正、謝罪した
  • ・・・
  • 相次ぐ報道を受け、SNSでは「#女性専用車両は必要です・シェルターです」などのハッシュタグで女性たちがその重要性を訴えるなど、危機感を募らせている
  • ・・・
  • 女性専用車両特集を組んだのは、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」、Jタウンネット、TBS系「グッとラック!」(1月15日)、TBS系「Nスタ」などだ
後で読む
  • フリーアナウンサー・田中みな実が17日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演
  • ・・・
  • 元彼であるオリエンタルラジオ・藤森慎吾について自ら口にし、ダウンタウンを爆笑させた
  • ・・・
  • すると松本人志は「前の彼氏?トレンディエンジェルやったっけ?」とボケ
後で読む
  • なんと医療系ドラマが6本もあるのだ…リアリティ重視の人間ドラマあり、漫画原作のラブコメありと、語り口は異なるものの、火曜と日曜を除く毎日、視聴者は俳優陣の白衣姿を拝むことになる
  • ・・・
  • ツイッターでは、期待する声より、視聴者の悲鳴とも怒りとも言える声が続出している
  • ・・・
  • そんなに医療ものばっかり見たくないよ、、泣2020年1月ドラマ、医療系のやつ何個あんねん
後で読む
  • 父親の元貴乃花親方とは“絶縁”状態と囁かれる花田優一氏(24)
  • ・・・
  • それにしても、イチャつく母子の気持ち悪さたるや
  • ・・・
  • この初共演がどれほど数字を稼げるのかは疑問だが、ともあれ、景子さんと優一氏は元日の晩に放映された「NOと言わない!カレン食堂」に登場した
後で読む
  • 元プロ野球巨人軍の大エース・桑田真澄氏(51)の次男で、画像加工アーティスト、ミュージシャンのMatt(桑田将司=25)が17日、テレビ朝日系「ミュージックステーション」に出演
  • ・・・
  • 自身が作詞作曲した「予想もつかないStory」を初歌唱した
  • ・・・
  • オープニングで声をかけられたMattは、この日のために用意した、ラメを散りばめた特製マイクを披露
後で読む
  • 日本と世界各国の認識の違いなどを紹介した…自身のコメントについても…「…日本が好きだから…良くなってほしいから言っているわけです…僕が何かを批判するとすぐに『反日』…日本人は…日本のことを何か直した方がいいよって言われると…」と嘆いた
  • ・・・
後で読む
  • 食、ひと、ことなど東海地方の魅力を伝える生番組
  • ・・・
  • 「…東海地方のことを『知らない』…いろいろと東海の魅力というのを今後たくさん知っていき…ほかの県にも『タイチサン!』…」
  • ・・・
  • 番組ではロケにも参加…「『スマートフォンでのロケ』…新番組ってのもドッキリじゃないのかなと心配になったんですが…土岐の皆さんが『2月に番組が始まるんだよね』…」
後で読む
  • 月曜2作、火曜1作、水曜1作、木曜3作、金曜3作、土曜2作と、ほぼ毎日放送され、「テレビは刑事・医療ドラマ専門チャンネル」と揶揄されるほどの危機的状況は、なぜ訪れてしまったのでしょうか?刑事・医療ドラマが多いのは今冬にはじまったことではなく、2010年代は何度か全体の約半数を占めることがあり、そのたびに「偏りすぎ」 「食傷気味」という声があがっていました
  • ・・・
  • その結果、ドラマの多様性は失われ、刑事・医療ドラマのイメージは悪化し、若年層どころか30〜40代のドラマ離れにつながってしまった感があります
  • ・・・
後で読む
  • ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(47)が17日までに自身のツイッターを更新し、テレビに出ない理由を告白した
  • ・・・
  • 堀江氏はフォロワーから「なんでテレビ出ないの?」という質問が寄せられると、「時間拘束長いし、杉村太蔵みたいなアホなコメンテーターと話ししてると会話にならなくてイライラして、そのイライラが視聴者に伝わってヒール役にされちゃっていい事ないから」と真意を説明した
  • ・・・
後で読む
  • 紳助氏は、misonoに紹介されると、たばこ片手に登場
  • ・・・
  • スポーツ紙芸能デスクは声を潜めてこう語る…「…昨年夏には『行列のできる法律相談所』…観測気球を打ち上げたということでしょう…」ネット上では…肝心のテレビ局の反応は案外…冷ややかだ
  • ・・・
  • 「…やはり今のテレビ局は…」テレビマンの目は冷ややか
後で読む
  • 元欅坂46で女優の今泉佑唯(21)が、テレビ東京系ドラマ「100文字アイデアをドラマにした!」の第3話、第4話(1月20日、27日放送)で主演を務めることが13日、分かった
  • ・・・
  • 新妻役や、Youtuber役に初挑戦する…今泉は新妻役など初めて演じる役も含め、1人5役に挑戦する
  • ・・・
  • 今泉は「…それぞれ見てもらうと共感できる<好き>や…」
後で読む
  • 佐藤健が1月10日放送の『ぴったんこカンカン』でアルバイト経験を語った
  • ・・・
  • 佐藤が高校時代を過ごした埼玉県の越谷周辺をドライブしながら当時を回想し、「高校時代はもっぱらサイゼリヤに行ってました」と語る
  • ・・・
  • 「…やってみたらあまりの仕事量の多さと複雑さに衝撃を受けました…」
後で読む
  • 昨年末に出演した関西ローカルのテレビ番組で冒頭のように語った鳥谷
  • ・・・
  • もっとも、阪神一筋のベテランへのオファーは当初から難しいとみられていた
  • ・・・
  • 「…今の鳥谷が守るならサードですが…」監督自身が今季…という声も
後で読む
  • 実に2年半ぶりの男女混戦となった今回は、ディフェンディングチャンピオンのMAX鈴木に加え、アンジェラ佐藤、魔女菅原、大食いツインズの小野かこ・あこ姉妹など、番組おなじみの大食い常連らが多数出演
  • ・・・
  • すると、2000年の同番組で初出場初優勝を果たし、翌年のアメリカホットドッグ早食い選手権では、歴代最高記録の2倍を食べて優勝した「伝説の大食い王」小林尊が登場した
  • ・・・
  • 現在、小林は大食いの第一線からは退いているため、レジェンドのサプライズ登場に決勝進出選手は仰天
後で読む
  • 他人の家に土足で上がり込む的なドキュメンタリー性、そこで語られる想像を超えた波乱万丈な人生ドラマがウケているバラエティー番組『家、ついて行ってイイですか?』
  • ・・・
  • おぎやはぎ・矢作兼とビビる大木がMCを務める同番組の公式サイトには、終電を逃した人に、タクシー代を払うので「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行く完全素人ガチバラエティーと掲げられている
  • ・・・
  • だが、この完全素人ガチについて、たびたび“ある疑惑”が囁かれている
後で読む
  • 俳優のムロツヨシ(43)が14日深夜放送のテレビ朝日「川柳居酒屋なつみ」に出演
  • ・・・
  • 「…シャワーじゃない蛇口から水が出ていて“あれ…」と暴露
  • ・・・
  • 「…とんでもない請求がきた…」と明かすと…MCのフリーアナウンサー宇賀なつみ(33)は「えー!?そんなにいなかったんですか」とビックリ
後で読む
  • 『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に、元子役でYouTuberの“てんちむ”が登場し、「『天才てれびくん』を辞めたら超絶グレちゃった先生」として授業を行った
  • ・・・
  • 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”に平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、岡田結実、NGT48・中井りか、BOYS AND MEN・水野勝らが出演
  • ・・・
  • 驚きの年収額に平成ノブシコブシ・吉村は「いい加減にしてくれよ! 17歳だよ?」と激しくツッコミ
後で読む
  • 問題となっているのは、昨年9月に発生し、未だ被害が広がり続けているオーストラリア火災について取り上げている際の一幕
  • ・・・
  • オーストラリア各地で新しく発生した火災もあるとのことだったが、番組では1120万ヘクタール以上の延焼面積について「韓国の面積(約1000万ヘクタール)以上」と韓国を引き合いに出し、紹介
  • ・・・
  • MCの宮根誠司も「韓国の面積以上に燃えちゃってる」と驚きの声を上げていた
後で読む
  • しかし、その様子をじっと窺っていた田中は、早くも新メンバーのあたりをつける
  • ・・・
  • 設定金額を発表するのは、「新春おもしろ荘」で優勝したエイトブリッジで、ド天然のツッコミ・別府が大好きな岡村隆史は大喜びだ
  • ・・・
  • 新メンバー最初のオーダーは、なんといきなりのチャーハン
後で読む
  • だが、この完全素人ガチについて、たびたび“ある疑惑”が囁かれている
  • ・・・
後で読む
  • 紳助氏は、misonoに紹介されると、たばこ片手に登場
  • ・・・
  • スポーツ紙芸能デスクは声を潜めてこう語る…「…昨年夏には『行列のできる法律相談所』…観測気球を打ち上げたということでしょう…」ネット上では…肝心のテレビ局の反応は案外…冷ややかだ
  • ・・・
  • 「…やはり今のテレビ局は…」テレビマンの目は冷ややか
後で読む
  • 日本と世界各国の認識の違いなどを紹介した…自身のコメントについても…「…日本が好きだから…良くなってほしいから言っているわけです…僕が何かを批判するとすぐに『反日』…日本人は…日本のことを何か直した方がいいよって言われると…」と嘆いた
  • ・・・
後で読む
  • 1月14日に放送されたバラエティ番組「ありえへん∞世界」で、テレビ東京はなぜ大事件が起きても、ブレずにアニメを放送してきたのか、いわゆる“テレ東伝説”の理由が説明され、反響を呼んでいる
  • ・・・
  • この日「テレビ東京55周年を勝手に振り返る」というテーマの中で、1991年1月17日に湾岸戦争が勃発し、テレビ東京以外がこぞって緊急の報道特番を放送する中、テレビ東京だけが唯一アニメを放送していたと紹介される
  • ・・・
  • 番組の中で「社会的に重大な事件や事故が起こっても…」と理由が語られた
後で読む
  • 阪神で戦力外となり、現役続行を希望して退団した鳥谷敬内野手(38)の去就が注目されている
  • ・・・
  • 昨年末に出演した関西ローカルのテレビ番組で冒頭のように語った鳥谷
  • ・・・
  • という声も…実は、テレビ出演した際の容姿が話題になっているのだ
後で読む
  • その6本とは、リアリティ重視の人間ドラマあり、漫画原作のラブコメありと、語り口は異なるものの、火曜と日曜を除く毎日、視聴者は俳優陣の白衣姿を拝むことになる
  • ・・・
  • ツイッターでは、期待する声より、視聴者の悲鳴とも怒りとも言える声が続出している
  • ・・・
  • そんなに医療ものばっかり見たくないよ、、泣2020年1月ドラマ、医療系のやつ何個あんねん
後で読む
  • 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”に平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、岡田結実、NGT48・中井りか、BOYS AND MEN・水野勝らが出演
  • ・・・
  • 中学時代からやっているブログで、15歳になる頃には月収約100万円を得ていたてんちむ
  • ・・・
  • ブログとモデルに加えて、プロデュースした商品が大ヒットすると、17歳にして最高年収は約3500万円に
後で読む
  • 実に2年半ぶりの男女混戦となった今回は、ディフェンディングチャンピオンのMAX鈴木に加え、アンジェラ佐藤、魔女菅原、大食いツインズの小野かこ・あこ姉妹など、番組おなじみの大食い常連らが多数出演
  • ・・・
  • すると、2000年の同番組で初出場初優勝を果たし、翌年のアメリカホットドッグ早食い選手権では、歴代最高記録の2倍を食べて優勝した「伝説の大食い王」小林尊が登場した
  • ・・・
  • 現在、小林は大食いの第一線からは退いているため、レジェンドのサプライズ登場に決勝進出選手は仰天
後で読む
  • 認可の条件として、常時同時配信を含むネット活用業務について、実施規模を抑制的に管理する具体的な仕組みを早期に導入することや、民放などとの連携を具体化する場を設置
  • ・・・
  • 放送が本来業務のNHKがネット活用業務を行うには実施基準案を策定し総務相の認可を受ける必要がある
  • ・・・
  • 高市早苗総務相は昨年11月、NHKが申請した案に対し判断を留保する異例の対応を取った
後で読む
  • いったい素顔はどんな人物なのか…本人はこう分析する
  • ・・・
後で読む
  • この日の講師である武田真治の授業中に睡魔に襲われるシーンがあった
  • ・・・
  • この後、武田は初告白の話を続々と披露…だがストレスで顎関節症になりサックスが吹けなくなった武田
  • ・・・
  • 教壇の前へ連れ出した…授業は突如として一旦中断し、浜辺は罰としてスクワットをさせられるハメに
後で読む
  • この2日の放送で発表された「2019年のバラエティーランキング」の上位は、1位「世界の果てまでイッテQ!」、2位「水曜日のダウンタウン」、3位「ポツンと一軒家」だった
  • ・・・
  • 「ポツンと」は前年の25位からの大躍進で、その理由をテレビ東京の名物プロデューサー佐久間宣行が解説したのだが、さすが制作現場のプロは見ているところが違った
  • ・・・
  • なるほど、「ポツンと」を見ていてほんわかした気分になるのは、一軒家の住民たちの心豊かな穏やかな暮らしぶりだけでなく、作り手の真面目さがにじみ出ているからだったのだ
後で読む
  • 『AFC Uー23選手権タイ2020』グループステージ第2戦、Uー23シリア代表戦に臨むUー23日本代表のスターティングメンバーが発表された
  • ・・・
  • 試合は日本時間22時15分にキックオフ予定
  • ・・・
  • テレビ朝日系列、NHK BS-1にて生中継される
後で読む
  • 12日の日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」が一部生放送になることが11日、分かった
  • ・・・
  • TOKIOの城島茂(49)が志願し、東京・汐留から生中継を行う
  • ・・・
  • 「別に『緊急生』…『大発表』や『衝撃のニュース』…城島氏は燃えています」と予告した
後で読む
  • お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が、11日に放送されたフジテレビ系バラエティ特番『人志松本のすべらない話』で、過去の日本テレビ系大型特番『24時間テレビ』でチャリティーランナーに決まっていたことを明かした
  • ・・・
  • 語り手を決めるサイコロでフリーの出目…「★」が出て自ら話し始めた松本は…「実は『24時間テレビ』のランナーに…僕決まっていたことがあったんです」と告白
  • ・・・
  • 「これだけはうまく話してくれるかな」
後で読む
  • 国民的司会者・タモリとの初対面について驚きの事実を明かした
  • ・・・
  • そのなかで、日本を代表する司会者となったタモリとの初対面に言及
  • ・・・
  • スパイダース解散から5年後、堺が知り合いの放送作家から紹介されたのがタモリだった
後で読む
  • 番組で共演するタレント・井森美幸と飲みに行ったときのエピソードを語った
  • ・・・
  • 「…『なんで井森さん飲まないの?』…『酔って何かがあったら嫌だから』…」と…飲み会での井森の言動を暴露…井森も「わかんないからね」と認め…VTRを見守っていたスタジオから「かわいい」の声が飛んだ
  • ・・・
後で読む
  • 所属事務所を独立して以降、芸能界の表舞台から干され続けている女優・のん
  • ・・・
  • 2013年上半期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でヒロインを演じ、脚光を浴びた能年玲奈だったが、15年、所属していた『レプロ・エンタテインメント』との“奴隷契約”をめぐって独立騒動が勃発
  • ・・・
  • 16年に契約が終了した段階で独立したものの、前事務所から芸名の使用禁止を受けて、本名だった能年玲奈から“のん“に改名したが、そこから長らく芸能界の表舞台、特にテレビからは干されることになった
後で読む
  • 低空飛行が続く森保ジャパンにテレビ局も“NO”を突きつけた
  • ・・・
  • テレビ各局もすでに森保ジャパンに失格の烙印だ
  • ・・・
  • 民放キー局関係者は…「森保ジャパンの視聴率は本当にひどい…はっきり言って視聴者の関心は薄い…」
後で読む
  • 複数の関係者によれば、NHKは民放が生中継している映像を「そのままネットでも使いたい」と要求したが、民放各局はもちろん強く抵抗
  • ・・・
  • 「五輪やW杯などでは民放の場合…」…ただ、黒字の見通しは全く立たないという
  • ・・・
  • 民放関係者は…「…黒字にはならないでしょうね」と嘆き節
後で読む
  • NHKの上層部が、まさかの結果に悲鳴を上げている
  • ・・・
  • 令和最初の紅白として注目を集めた『第70回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率が、1部34・7%、2部37・3%と、昨年の視聴率(1部37・7%、2部は41・5%)よりも大幅に下回ったばかりか、2部においては紅白史上、最低の視聴率を記録してしまったのだ
  • ・・・
  • 「…視聴率分析表を手に…紅白の打ち切り話が出るのも時間の問題だからです…」(事情通)正直…この結果にNHK関係者はショックを隠せない
後で読む
  • 俳優の本木雅弘(54)とエッセイスト内田也哉子さん(43)の長男で、モデルのUTAが10日放送のTBS「ぴったんこカン・カンスペシャル」(後7・00)にゲスト出演
  • ・・・
  • テレビ番組初登場で、父が自身の友達から「マフィアの人」と言われたエピソードを語り、笑いを誘った
  • ・・・
  • 本木の持つ緊張感に同調したUTAは…「…マフィアの人なの?』…」
後で読む
  • 日本テレビとテレビ朝日が「視聴率三冠」獲得に向けて、しのぎを削る中、その争いにまったく入っていけないのがフジテレビだ
  • ・・・
  • フジテレビに至っては…今年元日の看板特番にもそれが如実に現れてしまったようだ
  • ・・・
  • 「…フジテレビの正月を象徴する番組『爆笑ヒットパレード』…フジテレビは2020年…」
後で読む
  • 女優の小池栄子(39)が10日、フジテレビ「ダウンタウンなう」に出演
  • ・・・
  • 元格闘家の夫・坂田亘氏(46)への不満を赤裸々に明かした
  • ・・・
  • 小池と坂田氏は07年に結婚し、夫婦生活13年
後で読む
  • 1月8日、身振り手振りを交えながら、さながら司会者のように会場を仕切り、2時間25分にわたって熱弁をふるったカルロス・ゴーン被告(65)会見では拍手が沸き起こる場面もあり、会場はまさに“ゴーン劇場”と化していた
  • ・・・
  • しかし会場の周りには…、会場には入れなかった世界各国のメディアがあふれ、中でも日本のメディアは除き、ほとんどが会場から締め出されてしまった
  • ・・・
  • そんな中、すでに「直撃LIVEグッディ!」の安藤優子キャスターは、ゴーン被告を直撃取材すべく日本を飛び立ち、レバノンへと向かっていた
後で読む
ソース速報又はツイッターとか
後で読む
  • 1月15日の石垣島の独演会、テレビ、沖縄のテレビもしくは新聞、取材しなさい
  • ・・・
  • 終わったあと、全員で飲み会をして地元民と沖縄の犠牲について語り合いたい
  • ・・・
  • ニュースはいんなさい…ギャラいらないし何なら奢るから
ソース速報又はツイッターとか
後で読む
  • フジテレビのバラエティ番組で、Wi-Fiの周波数帯である「5Ghz」をモバイル通信の「5G」と誤って紹介する場面があり、ネット上で話題になっている
  • ・・・
  • 5Gは、現行の4Gに続く第5世代移動通信システムだ
  • ・・・
  • フジテレビは、「確認不足のために誤った情報を放送してしまった」と謝罪した
後で読む
  • 9日深夜放送『霜降りバラエティ』で昨今のお笑い界を牽引するお笑い第7世代とピン芸人No.1を決める『R-1グランプリ』ファイナリスト芸人が対決
  • ・・・
  • 「…『R-1』芸人を出したい…『R-1』自体を誰も知らない」と自虐的に粗品は語る
  • ・・・
  • 「テレビの世界で必要な協調性やチームワークをまったく持ち合わせていない」とピン芸人の彼らがテレビに出られない理由を熱弁し、「その現状を変えたい」と同企画を立ち上げたと明かした
後で読む
  • 女優の本田翼が、1月9日に放送されたバラエティ番組「VS嵐」に出演
  • ・・・
  • 前シリーズから本田の間食はすごかったそうで…「…オカンみたいに『やめとき』…」と暴露
  • ・・・
  • 本田は恥ずかしそうにうつむき…以前よりも太ったことを明かした
後で読む