• ライブは、幻想的な映像演出から2016年リリースのメジャー1stアルバム「KiLLER BiSH」収録曲でリンリン作詞の「Am I FREANZY??」よりスタート
  • ・・・
  • 「…BiSHは…このNHKホールに来る前に紅白に出たかった…でも出れなかった…今年の年末は絶対ここに戻ってきて紅白に出ます!…」と…紅白出場を目指す事を宣言
  • ・・・
後で読む
  • 圧倒的な表現力とパフォーマンスでファンから“てち”の愛称で親しまれていた平手
  • ・・・
  • 支えてくれてありがとう、てちがいたから頑張ろうって思えてたよ てちには感謝しかないよてちもん、もっと見たかった、、、、じわじわつらい、、、、、、、つらい、、、突然の脱退発表となった平手
  • ・・・
  • しかし、本誌は彼女の“異変”を目撃していた
後で読む
  • シンガー・ソングライターの山下達郎(66)が19日、TOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」に出演、昨年末の紅白歌合戦での「AI美空ひばり」を「冒とく」とバッサリ斬り捨てた
  • ・・・
後で読む
  • シンガー・ソングライターの山下達郎(66)が19日、TOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」に出演、昨年末の紅白歌合戦での「AI美空ひばり」を「冒とく」とバッサリ斬り捨てた
  • ・・・
後で読む
  • 韓国語に堪能な彼女は、仕事を通して韓国出身のデザイナー・李燦雨氏(イ・チャヌ・31)と知り合い、仕事関係から恋愛に発展したという
  • ・・・
  • 「…芸能人の愛用者も多いですよ…」2019年のNHK紅白歌合戦にも李氏の衣装が登場した
  • ・・・
  • A子さんの友人からの情報提供だった…仕事終わりのA子さんを直撃
後で読む
  • 昨年大みそかに出演した「第70回NHK紅白歌合戦」の舞台裏について語った
  • ・・・
  • たけしは紅白で自身が作詞、作曲した「浅草キッド」を熱唱
  • ・・・
  • さらに、紅白が第70回を迎えたことからサプライズで表彰状を読み上げたほか、最終審査には観客の票をカウントする日本野鳥の会になりきって現れた
後で読む
  • NHKの上層部が、まさかの結果に悲鳴を上げている
  • ・・・
  • 令和最初の紅白として注目を集めた『第70回NHK紅白歌合戦』の平均視聴率が、1部34・7%、2部37・3%と、昨年の視聴率(1部37・7%、2部は41・5%)よりも大幅に下回ったばかりか、2部においては紅白史上、最低の視聴率を記録してしまったのだ
  • ・・・
  • 「…視聴率分析表を手に…紅白の打ち切り話が出るのも時間の問題だからです…」(事情通)正直…この結果にNHK関係者はショックを隠せない
後で読む
  • アイドルグループ・日向坂46の1st写真集『立ち漕ぎ』が、1/13付オリコン週間BOOKランキングジャンル別「写真集」で、3位にランクイン
  • ・・・
  • こうしたメディア露出が追い風となり、アイドル、女優、声優などの写真集の発売が集中した12月のなかでも確かな存在感を示し、TOP3に返り咲く要因となった
  • ・・・
  • 15日からメンバーが総出演する連続ドラマ『DASADA』の放送がスタートするほか、『ひなくり2020』を東京ドームで開催することが決定するなど、2020年もその勢いは増しているだけに、写真集もロングヒットしていきそうだ
後で読む
  • 2019年放送の『第70回NHK紅白歌合戦』に、ゲスト審査員として出演した広瀬すず
  • ・・・
  • 例年、審査員席にはアスリートや俳優、文化人と、出場者にも引けを取らない“今年の顔”が勢揃いとなるが、広瀬に関しては、「本人の意向」が無視された形で席が用意されてしまったようだと、関係者間でウワサされているという
  • ・・・
  • 広瀬は18年の『紅白』では、紅組司会という大役を務めていた
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
12/31(火) 10:01配信 現代ビジネス 紅白出演のTWICEも…KPOPアイドルが日本語の歌詞で歌う理由  いっときのブームかに見えたKPOPはもはやブームとは言えないほど日本の音楽市場に長く定着している。そんななか、日本のKPOPファンの中である疑問が起こっている。なぜKPOPアーティストは日本では日本語の歌詞で歌うのか、である。 令和の『絶対に笑ってはいけない』が示す、吉本興業の厳しい現実  たしかに、アメリカの音楽チャートの常連になっているBTS(防弾少年団)は同国では韓国語のアルバムをリリースし、ライブやテレビ番組でも韓国語で歌っているにもかかわらず、日本では日本語のアルバムをリリースし、先日の「2019 FNS歌謡祭」に出演した際も日本語で歌っていた。FNS歌謡祭と同日に東京ドームでライブを行ったBLACKPINKもすべて日本語でパフォーマンスしており、本日放送のNHK「紅白歌合戦」に3度目の出場となるTWICEも、過去2回すべて日本語で歌っている。  KPOPファンの多くは、韓国語の歌詞の楽曲を聴くという。もともとその言語のためにつくられた楽曲だからこそ、当然、韓国語の方がクオリティが高いからである。Spotifyを見ても、韓国語の歌詞の楽曲のほうが圧倒的に聴かれている。  なぜKPOPアーティストは日本においてのみ「現地化」の戦略をとるのか。日韓合同の音楽フェスを主催し、過去にCNBLUEやFTISLANDなどのアーティストを日本でプロデュースしてきた崔尹禎(チェ・ユンジョン)さんにその背景について聞いた。  ※以下、崔さんによる寄稿。 きっかけはBoAの日本における成功 2004年にリリースされたBoAのクリスマスソング「メリクリ」は未だに人気で、先日4年ぶりに「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演したBoAは同曲を披露した〔PHOTO〕BoAのクリスマスアルバム「メリクリ」のジャケット  KPOPのアーティストが日本語の歌詞の楽曲をリリースすることが定石となったのには、2001年に日本でデビューした「BoA(ボア)」の現地化戦略による成功があるといえる。BoAの日本の音楽業界における成功は、当時の韓国音楽業界に大きなインパクトを与えた。  さらに、2004年から日本で旋風を巻き起こした「冬ソナ」「ヨン様」を筆頭とした「思いも寄らぬ」韓流ブームは、韓国の芸能界にバラ色の夢を与えてくれた。まるでアメリカンドリームのような「ジャパンドリーム」を追いかけ、次から次へと金鉱を求めるかのように自国のアーティストを日本に送り込む“ゴールドラッシュ”が始まったのである。  KPOPの成功を数値的に分析する記事はさまざまあるが、実務者の立場から見ても、韓国から日本に進出してワンソース(アーティスト)マルチユースでさまざまなコンテンツを生み出した韓国の企業、アーティスト本人、そして裏の立役者である日本企業が当時、巨大な富を手に入れたことは事実である。  このとき多くのアーティストは海外進出のパイオニアであるSMエンターテインメントとBoAの成功例を参考にした。日本でデビューし現地化戦略をとれば、失敗のリスクが減る、と。今の韓国アーティストのこういったスタイルを定着させたのは、SMエンタとBoA、そしてその受け皿であったAvexと言っても過言ではないだろう。 https://gendai.ismedia.jp/
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
ソースなし
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む