• シリアの警察を空手でボコボコにした酔っぱらい日本人の正体なぜ、空手はアラブに広まったのかアラブ地域での空手の競技人口は200万人にも上る
  • ・・・
  • 日本の武道が広まった背景には、シリアに派遣された空手家・岡本秀樹の存在があった
  • ・・・
  • だが、当初集まった生徒は3人だけ…現地の生活に嫌気がさし、帰国を決めた岡本がとった行動とは——
後で読む
  • ボクシングの元世界4階級制覇ロベルト・デュラン氏(69)=パナマ=に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと複数の地元メディアが報じた
  • ・・・
  • パナマの地元メディア「El Siglo」によると、デュラン氏は数日前に風邪の症状のためパナマ市内の病院で検査を受け、2020年6月25日に新型コロナウイルスの陽性反応が確認された
  • ・・・
  • 現在はパナマ市内の病院に入院しており、経過観察中だという
後で読む
  • 松本人志が仕掛ける『HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE』は、不動の人気を誇る『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズに続く、「ただ耐え抜く」というかつてない笑いのサバイバル企画
  • ・・・
  • 戦いのルールはただ1つ、「動いたら負け」…これまで「絶対に出たくない」と言い張っていた松本自らが参加、長年バラエティで鍛え抜いた忍耐力で、我慢の限界に挑む
  • ・・・
後で読む
  • ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太が22日、自身のインスタグラムを更新し、YouTubeチャンネルを開設したことを発表した
  • ・・・
  • 視聴者からのコメントに対して村田自身がチャレンジする企画も検討しているという
  • ・・・
後で読む
  • ボクシングも、7月12日に無観客で行われる中日本新人王予選を皮切りに、いくつかの試合がラインナップされている
  • ・・・
  • と肩を落とすのは、元WBC世界バンタム級王者で、名古屋にある薬師寺ジムで会長を務める薬師寺保栄氏(51)である
  • ・・・
  • 費用は中日本ボクシング協会が負担するため無観客でも成り立つのだとか
後で読む
  • テレビ朝日の大熊英司アナウンサー(56)が今月いっぱいで退社することが20日、分かった
  • ・・・
  • 今後はフリーとして活動する…大熊アナは1987年に入社
  • ・・・
  • 週末の「ANNニュース」は06年4月から今年3月まで14年にわたって担当
後で読む
  • 6月から格闘家とのコラボ動画シリーズを展開している朝倉
  • ・・・
  • 6月8日に公開された動画「ボクシング世界チャンピオンとスパーリングしてみた」では、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人とボクシングルールでスパーリングを実施
  • ・・・
  • 今回の動画で集まった“元世界チャンピオンのレジェンド”は、竹原慎二、畑山隆則、渡嘉敷勝男
後で読む
  • 元ボクシング世界王者の3人のYouTubeチャンネル『渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則 公式チャンネル』とRIZINで活躍する朝倉未来のYouTubeチャンネルがコラボ
  • ・・・
  • ボクシングのレジェンドチャンネル側から朝倉側にコラボ依頼があり、朝倉がボクシングを教えてもらいに行くことになったという
  • ・・・
  • 朝倉は…「…こんな待遇あります?」…渡嘉敷氏の持つパンチングミットにも強烈なミット打ちを見せ…「…ボクシング転向した方がいい」と渡嘉敷氏
後で読む
  • 総合格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行CEOが17日、ツイッターで新型コロナウイルス感染拡大の影響による大会自粛の窮状を訴えた
  • ・・・
  • 榊原CEOは「…国の要請に従い3つの大会を中止し7億円の売上が飛んだ…」
  • ・・・
  • 「…選手たちも困窮していて生きていけなくなってしまう…このままでは座して死を待つのみになる…」
後で読む
  • 柔道男子90キロ級の東京五輪代表に内定している向翔一郎(24)が、YouTubeで喫煙シーンや特定の人物を中傷するような動画を掲載していたことが分かった
  • ・・・
  • 「電子タバコを吸いながら現役柔道家が…それも東京五輪内定選手としてYouTubeで全世界に配信をしているではないか!もし我が息子だったら猛省させケジメとして確実に東京五輪は辞退させる」
  • ・・・
  • この後、高藤は動画から喫煙シーンをカットして再掲載した
後で読む
  • 試合開始からパンチ3発で初防衛を果たした…開始のゴングから約3秒
  • ・・・
  • ラワルは背中から倒れてダウン…なんとか立ち上がるも、ハメドはノーガードで追撃
  • ・・・
  • 「スカイスポーツ・ボクシング」公式ツイッターは「プリンスによる瞬殺劇…」と文面につづり…24年前の動画を公開している
後で読む
  • お笑いコンビ・南海キャンディーズの山崎静代が、6月2日放送の『幸せ!ボンビーガール』で、下積み時代を振り返った
  • ・・・
  • 南野陽子に憧れ、芸能界を目指していくつもオーディションを受けるが、すべて落選
  • ・・・
  • ある日、劇団ひまわりの研究生募集の告知を目にし、入所に必要な30万円を稼ぐため、バイト生活を始めた
後で読む
  • プロボクシングの元世界2階級制覇王者の亀田和毅(28)が12日、自身のインスタグラムのストーリーズでフォロワーから募集した質問に回答
  • ・・・
  • 一番闘いたい日本選手について…IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=を挙げた
  • ・・・
  • 亀田はフェザー級で世界3階級制覇を目指しており、現状では井上と2階級の差があるが、3階級制覇達成後にスーパーバンタム級に戻る可能性は「0ではない」と答えた
後で読む
  • ボクシングの元世界ヘビー級統一王者で15年ぶりの現役復帰を目指すマイク・タイソン氏が、元PRIDEミドル級王者でUFCでも活躍した総合格闘家ヴァンダレイ・シウバとのファイトマネー1800万ドル(約19億2600万円)の対戦オファーを拒否した、と10日(日本時間11日)、米格闘技サイト、MMAニューズがスペイン紙「マルカ」の報道として伝えた
  • ・・・
  • 同サイトによると、タイソン氏とシウバの対戦オファーは米国の新興ボクシング団体「ベア・ナックル・ファイティング・チャンピオンシップ」が提示
  • ・・・
  • 後者はオファーを受諾したが、タイソン氏はBKFCの対戦ルールはグローブをつけずに素手で殴り合うため拒否
後で読む
  • 現WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人とRIZINで活躍する朝倉未来が互いのYouTubeでコラボ
  • ・・・
  • 驚く京口だったがそこはご愛嬌…朝倉は圧力をかけて前に出て京口は足を使って動く
  • ・・・
  • その京口の動きに朝倉はいかにして当てるか考えているようで、ストレート、アッパーと手数を出していく
後で読む
  • ボクシングの元WBA世界ライトフライ級王者の具志堅用高氏(64)が会長を務める「白井・具志堅スポーツジム」は6日、公式サイトで7月いっぱいでジムを閉鎖すると発表した
  • ・・・
  • 具志堅氏はメッセージを掲載し…「白井・具志堅スポーツジムは…」と報告
  • ・・・
  • 「…具志堅用高は…ここが潮時と決断致しました」と説明した
後で読む
  • WBSS決勝を回顧「…井上に地獄を味わわせた」
  • ・・・
  • 37歳にして「フィリピンの閃光」は健在に自信を漲らせている
  • ・・・
  • PBCポッドキャストに登場したドネアは「私は咬ませ犬だった…彼に地獄を味わわせた…」
後で読む
  • ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドが生涯収入10億ドル(約1100億円)に到達した初めてのフットボール選手になった
  • ・・・
  • ビジネス誌『フォーブス』によると、ロナウドは昨年、税引き前の収入が1億500万ドル(約115億円)を記録
  • ・・・
  • なお、フットボール界からは、バルセロナのリオネル・メッシが1億400万ドル(約114億円)で5位、パリ・サンジェルマンのネイマールが9550万ドル(約105億円)で7位に入った
後で読む
  • キックボクシング界の若手スター・那須川天心がツイッターとインスタグラムを更新し、新たにYouTubeチャンネルを開設したことを明かした
  • ・・・
  • インスタグラムには「#YouTube #チャンネル登録してね」とハッシュタグを添え、「那須川天心チャンネル」と記された同アカウントのヘッダー画像を披露した
  • ・・・
  • チャンネルの概要欄には「…初めまして那須川天心です…世界一元気になるYoutubeを始めました!」
後で読む
  • 井上尚弥  プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=と、WBO世界同級王者のジョンリール・カシメロ(31)=フィリピン=の3団体王座統一戦が9月に行われる可能性があると31日、米スポーツ専門局ESPNの公式サイトが報じた
  • ・・・
  • 井上と契約している米興行大手トップランク社のボブ・アラムCEO(88)=米国=が明かしたという
  • ・・・
後で読む
  • プロボクシング亀田3兄弟の父で、人気ユーチューバーの史郎さん(55)が28日、三男・和毅(28)がメキシコ市内で第一子となる男児を授かったことに「ホンマに良かったわ」と喜びのコメントを寄せ…26日に元世界2階級制覇の次男・大毅さん(31)に第2子となる男児が誕生していたことを明らかにした
  • ・・・
  • 今月22日に55歳の誕生日を迎え、この3日間で2人の孫も誕生
  • ・・・
  • めでたいこと続きの史郎さんは…「孫…」と笑った
後で読む
ソースは速報又はツイッター等
後で読む
  • ボクシングの元世界3団体ヘビー級王者マイク・タイソン氏は53歳でエキシビジョンマッチ出場の可能性が取り沙汰されているが、米国の新興のボクシング団体「ベア・ナックル・ファイティング・チャンピオンシップ」が2000万ドル(約21億5000万円)の巨額オファーを提示しているという
  • ・・・
  • リング復帰が実に楽しみだが、新たな情報が報じられている
  • ・・・
  • 「ベア・ナックル・ファイティング・チャンピオンシップからタイソンへ2000万ドルを超えるオファー」と題した記事では、BKFCがタイソンのリング復帰への巨額のオファーを出したことを報じている
後で読む
  • 具志堅が会長を務める「白井・具志堅スポーツジム」の現状だ
  • ・・・
  • 具志堅の愛弟子である
  • ・・・
  • 現場に口出し先月24日、友利氏は自身のSNSに、〈白井具志堅ジムのカギを返して20数年勤めたジムを正式に退職しました〉と記し、〈残念ながら、このジムは何で選手、トレーナーが辞めて行くのかわかった気がする…チーフなんかやるんじゃなかった〉との呟きを残している
後で読む
  • これまでもド迫力のミット打ちなどを披露し、着々と準備を進めていることが伝えられているが、中国版ツイッターの「ウェイボー」では腹筋がうっすらと割れ、仕上がったド迫力ボディーを動画で披露
  • ・・・
  • “復帰”へ向け、仕上がりは上々だ…己の肉体を誇示するかのように上半身裸のタイソン
  • ・・・
  • そして、高速シャドーでラッシュを繰り出すと、満面の笑み
後で読む
  • 「…こんにちはマイク・タイソンです…その時には毛沢東の精神で戦います」
  • ・・・
  • タイソン氏は05年6月、ケビン・マクブライド戦で棄権による6回終了TKO負けを喫した後に現役を引退
  • ・・・
  • 英紙サンなどでは、エキシビション戦の相手として2度の対戦経験があるイベンダー・ホリフィールド氏(57)が挙がっているとも報じた
後で読む
  • テレビには、歯に衣着せぬコメントや誰が相手でも引かない強い女性芸能人たちが多く出演している
  • ・・・
  • そこで今回は10〜50代の男性100人に「強いと思う女性芸能人」についてアンケート
  • ・・・
  • 芸能界最強と思われている女性は!?第3位は、菜々緒
後で読む
  • だが、18日夜には埼玉県警浦和署から釈放された
  • ・・・
  • 「…まずは妻…」と…謝罪を代弁した…ボビー容疑者は3秒ほど頭を下げたが一言も発しなかった
  • ・・・
  • ボビー容疑者は警察の調べに「暴力は振るっていない」と否認している
後で読む
  • 視聴者からの質問〈自分の身を守ると言う意味でもし街中とかで殴られそうになった場合…?〉の対処法について、渡嘉敷氏は、一番はガードしながらよけることだとし、そこまでの余裕がなくて、先手必勝、先に殴ったりして、相手が怯めばいいが、逆上して凶器を手にする危険性もあるから、やはりボクシングを覚えて、うまくガードするのがいいと持論を展開した
  • ・・・
  • やむを得ない場合は、横腹を殴る、金的をくらわすといった手段もあるが、相手が倒れて死んでしまってはいけない、と渡嘉敷氏らしい優しさも見せ、と走るスタミナをつけたほうがいいのではないかと結んだ
  • ・・・
後で読む
  • 大吾、再出発へダッシュ-…世界ボクシング評議会フライ級元王者で、沖縄県浦添市出身の比嘉大吾(24)=宮古工業高出=が新天地の横浜市内で汗を流している
  • ・・・
  • 謹慎中、野木氏が勤めるスポーツジムで練習した
  • ・・・
  • だが戻ったジムとのしこりは解消されず、比嘉の不信感は募った
後で読む
  • WBC世界バンタム級王座に3度就いた辰吉丈一郎だ
  • ・・・
  • 「あの頃があったから今がある」と言う、不屈の原点を振り返る
  • ・・・
  • 50歳の辰吉は現役だ…ただ金はボクシングで稼ぐと決めており、副業も資産運用もせず、今は自分の拳で稼いだ糧で暮らしている
後で読む
  • ボクシングの元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎が15日、50歳の誕生日を迎えた
  • ・・・
  • 電話取材に応じた辰吉は「50やからな。年とったなぁ思うし。世間的にいうたら若いかもしれんけど」
  • ・・・
  • 誕生日祝いについては「もう50やで。楽しみなわけないやん」と和やかに話した
後で読む
  • WBC世界バンタム級王座に3度就いた辰吉丈一郎だ
  • ・・・
  • 5月15日で50歳を迎えた“浪速のジョー”が独占インタビューに答え、スリリングな試合を呼んだ極端に低い左ガードは、網膜剥離で視野が奪われたことを逆手に取った秘策であったことなど、知られざる真実を語った
  • ・・・
  • 運命は、初戴冠直後に負った左目の網膜裂孔、その後の網膜剥離にほんろうされた
後で読む
  • 再デビュー戦の有力候補地は日本!? ボクシングの元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏がリング復帰を宣言したことで、日本の格闘界が色めき立っている
  • ・・・
  • 今度こそ本当にレジェンド招聘は実現するのか——
  • ・・・
  • 世界の格闘技関係者がその動向に注目しているのがタイソン氏だ
後で読む
  • 番組の中でビッグマッチを盛り上げるという観点で、榊原代表がボクシングの伝説のヘビー級王者・マイク・タイソン(53)について話した
  • ・・・
  • 榊原代表が関係者と話したところ…「…やっぱりマイクタイソンは生で見てみたいよね」と興奮気味
  • ・・・
  • このように、世間が驚くビッグマッチを用意してきたRIZINが、マイク・タイソンをリングに参戦させる日が来るのか
後で読む
  • 53歳でのリング復帰の相手には、オールブラックスの英雄ソニービル・ウィリアムズらの名前が浮上しているが、タイソンサイドは、「ボクシングへの冒涜」だと憤っているようだ
  • ・・・
  • 米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている
  • ・・・
  • だが、タイソンが求めているのは“本物のボクサー”だという
後で読む
  • 新型コロナウイルス関連ニュースが大きな関心となる中、元プロボクシングWBC、WBA世界ミニマム級王者で、指導者として井上尚弥ら世界王者を送り出してきた大橋ジムの大橋秀行会長(55)がこのほど、自身のSNSで、見知らぬ女性からメッセージを受けたことを明かした
  • ・・・
  • 「20年後のラブレター」は切なく胸を打った
  • ・・・
  • 大橋会長に見知らぬ女性から突然、SNSメッセージが届いた
後で読む
ソースは速報又はツイッター等
後で読む
  • ボクシングの世界4階級制覇王者、サウル・“カネロ”・アルバレスは、WBA世界ミドル級王者の村田諒太と日本で戦うのかーーー
  • ・・・
  • そんな最強王者が、なぜ日本での試合を望んでいるのか
  • ・・・
  • なぜ日本で戦いたいと思ったんですか?サウル・アルバレス: これまでもずっと日本で戦いたいと思っていました
後で読む
  • チャリティーマッチ出場のため現役復帰を決めたプロボクシングの元ヘビー級の世界3団体統一王者、マイク・タイソンに仰天オファーが届いた
  • ・・・
  • 全米で新興格闘技として人気上昇中の素手で殴り合うボクシングの団体、ベアナックル・ファイティング・チャンピオンシップが2000万ドル(約21億2000万円)の巨額オファーで獲得に乗り出したのだ
  • ・・・
  • 同メディアに対して「…マイクが参加するための様々なオプションを用意している…」
後で読む
  • ミット打ちでは現役時代さながらの動きを披露し大きな話題を呼んでいたが、米メディアは1年前との体の変化にも注目
  • ・・・
  • リング復帰へ向けて注目の高まるタイソン…米スポーツ専門局「ESPN」は1年前と今の2枚の写真を比較
  • ・・・
  • 1年前はTシャツの上からでもはっきりとわかるくらいお腹がぽっこりと出ていたが、今はがらりと変わり別人のように引き締まっている
後で読む
  • チャリティーマッチ出場のため53歳にして現役復帰を目指しているボクシングの元ヘビー級世界3団体統一王者のマイク・タイソンに豪州のプロモーターが1億円のファイトマネーでエキジビションマッチ出場を打診したことが6日、明らかになった
  • ・・・
  • タイソンは2005年を最後に現役のリングを去っているが、先日、薬物中毒患者やホームレスを支援するためのチャリティーマッチ出場のため現役復帰したいとの考えを明らかにし、さっそくインスタグラムにミット打ちの様子をアップした
  • ・・・
後で読む
  • ツイッターでの「Come Back」示唆に米メディア注目ボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソンの53歳のリング復帰が話題を呼んでいるが、かつての因縁の相手イベンダー・ホリフィールドも57歳にして、カムバックを示唆している
  • ・・・
  • チャリティーマッチでの復帰が取り沙汰されているタイソンと、時を同じくしてホリフィールドも再びのリング復帰へと動き出しているのか
  • ・・・
  • 57歳でリングに上がるとなれば異例中の異例
後で読む
  • ボクシングのWBA世界ミドル級王者の村田諒太が30日、インスタグラムを更新
  • ・・・
  • 若かりし頃の写真を公開した…今や業界を代表するスターになった村田だが、恥ずかしい過去を持っていたようだ
  • ・・・
  • 「マコ先輩と嶋田先輩のリクエストに応えて…あの頃は若かったシリーズ」とコメントして投稿した1枚の写真は、黒Tシャツに首からは金色のネックレスというファッション
後で読む
  • 残り1分を切って、ロープに追い詰めて右ストレート
  • ・・・
  • 世界が見えてきたころは、WBAはホルヘ・リナレスが王者
  • ・・・
  • 日本人とはやらないというので、チャンスは難しいと思っていた
後で読む
  • ムエタイの“生ける伝説”ブアカーオ・バンチャメークは、2019年11月に自身のブランド“Buakaw premium fight gear”でファイトギアーの販売を開始
  • ・・・
  • ブアカーオのオリジナルファイトギアーはSuper export Shopを通してネット通販もしており、この度、ブアカーオ自身がモデルとなってのPVが公開された
  • ・・・
  • 顔は以前よりふっくらとした印象を受けるものの、注目すべきはその肉体
後で読む
  • 「…僕は最初断ったんですよ…ジョーの声を作ってもいません…日本のアニメで…『…今の声に絵を合わせます』…」まさにジョーそのものという感じのあおいさん
  • ・・・
後で読む
  • 2000年代から恒例となった大晦日の格闘技イベント
  • ・・・
  • 昨年も現在日本で最大の総合格闘技団体であるRIZINが大会を開催した
  • ・・・
  • ユーチューバーとしても人気となった朝倉未来、海の兄弟や、キックボクシング界の“神童”那須川天心らスター選手が出場し、コアな格闘技ファンを中心に盛り上がりを見せたが
後で読む
  • そのときに見城さんの言った言葉が印象に残っているんだけど…「尾崎豊のファンっていうのはすべてのファンがあの寺に行く…“尾崎豊のファン”なんだ」って言ったの覚えてる?「尾崎のファンってそういうファンなんだよ」
  • ・・・
  • 見城:だから、ものすごく心中率が高いファンなんですよ
  • ・・・
  • 白髪で太っちゃっていて、全然尾崎の面影はなかったんですよ
後で読む
  • プロボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥が17日、自身のツイッターで、マスクを着用せず、握手を求めてきたファンに理解を求めた
  • ・・・
  • 丁重にお断りしましたが、まだまだこの世界的な現状を把握できていない人がいるなんて理解ができない…」などとつぶやいた
  • ・・・
  • 日本のボクシング界をリードする立場を自覚する井上は、ツイッターなどで新型コロナウイルス感染拡大への警鐘を鳴らし続けている
後で読む
  • ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥が17日、ツイッターを更新
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況で、マスクをせずに握手を求めてくる人がいることを明かした
  • ・・・
  • 井上は…「未だにマスクもしないで『握手してください』…」と投稿
後で読む
  • 往年の3階級制覇王者フェネック「彼のスキルはロマを圧倒的に引き離している」ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥は、25日(日本時間26日)に米ラスベガスで予定されていたWBO同級王者ジョンリエル・カシメロとの3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となったが、その評価は絶大
  • ・・・
  • 「…私はいつだってロマチェンコよりもイノウエを見てきた…戦っている階級が上という部分…私はこの青年を愛しているんだ…」
  • ・・・
後で読む
  • ボクシングの元3団体統一王者マイク・タイソン氏(53)の動物にまつわる過去の「しくじり」が話題を呼んでいる
  • ・・・
  • タイソン氏は2020年3月29日、米国のラッパー、ファット・ジョー氏とのインスタグラムライブ配信で「俺はバカだった」と当時を振り返った
  • ・・・
  • 「俺は2匹の猫を飼う方法を全く知らなかった…俺は襲われて死んでいたかもしれない」と説明した
後で読む
    ボクシングの辰吉丈一郎vs薬師寺保栄戦
ソースは速報又はツイッター等
後で読む
  • 人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン、30)が4日、自身のツイッターを更新
  • ・・・
  • 「…家から見える公園でお花見してる人が沢山います…」
  • ・・・
  • HIKAKINは「東京 新たに約120人感染確認」というニュースを引用
後で読む
  • 炎上していました…TOKIOの長瀬智也が憧れたロックスターとして知られるガンズ・アンド・ローゼズのボーカリスト、アクセル・ローズも変貌ぶりが騒動を招きました
  • ・・・
  • 「『相撲部屋に入ったスーパーマリオか?」等と心無いコメントがファンから上がったり、ギタリストの弟から、『デブ野郎』とディスられたりしたので、無理なダイエットを強行して、骨折しました
  • ・・・
  • 来日公演では、ジャニーズ初のロックバンド男闘呼組の岡本健一がアリーナ席でヘッドバンキングしたり、L’Arc?en?Cielのhydeや黒夢の清春が楽曲をカバーしたりしたことでも知られるロックスターでした
後で読む
  • 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で新理事らによる定例理事会を開いた
  • ・・・
  • 同協会が運営・管理する国技館は、1年程度延期になった東京五輪のボクシング競技会場になっているが、本場所のある5月の貸し出しには難色を示した
  • ・・・
  • 日本相撲協会は、東京五輪よりも本場所を優先させる方針を示した
後で読む
  • “誠意大将軍”から一転、咎人として牢に繋がれた男が、娑婆に出てから初めて取材に応じた
  • ・・・
  • 〈そう語るのは羽賀研二、58歳…そもそも、羽賀が最初に逮捕されたのは2007年6月にまで遡る
  • ・・・
  • 知人男性に医療関連会社の未公開株の購入話を持ちかけ、3億7千万円を騙し取ったなどとして、元プロボクシング世界王者の渡辺二郎と共に、詐欺と恐喝未遂の罪に問われたのだ
後で読む
  • 米倉は小さい頃からバレエに親しみ、高校時代にオスカーが主催する第6回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞した
  • ・・・
  • しかし、現状のままでは海外での仕事をとことん突き詰めることはできない
  • ・・・
  • 今後の女優人生を考えての判断──より女優として羽ばたくために、独立を選択したのだ
後で読む
  • 元格闘家で参院議員の須藤元気氏(42)が24日、自身のツイッターを更新
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国や埼玉県が開催自粛を求めていた中、開催された格闘技イベント「K—1」の観戦者から発熱の症状が出たという報道に言及した
  • ・・・
  • 続けて「政府は自粛要請によるイベント中止などの影響に伴う損失を補償すべきです」と補償制度の必要性を訴えた
後で読む
  • K—1の中村拓己プロデューサー(38)は「新型コロナの影響がある中での大会開催となりましたが…最大限の予防策を講じて開催しました」と改めて語った
  • ・・・
  • 国と埼玉県から開催自粛を求められながらも大規模イベントを“強行開催”し、ファン、関係者の間では賛否両論が起こった
  • ・・・
  • 「後日…改めて説明する場を設けさせていただきます」
後で読む
  • キックボクシング団体K-1のビッグイベント「ケイズフェスタ3」が22日、さいたまスーパーアリーナで開催された
  • ・・・
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本政府が大型イベントの自粛要請を促しているにもかかわらず、主催者側は大会実施を強行
  • ・・・
  • しかしながら屋内施設でキック系格闘技の試合を開催しているという点を見ても明らかなようにムエタイとK-1のイベントの共通項は危険過ぎるぐらいに酷似している
後で読む
  • タイの格闘技「ムエタイ」の競技場で、新型コロナウイルスの集団感染が起きた
  • ・・・
  • 感染者は23日時点で128人とタイ全体の約2割に上り、新たな感染の火種となっている
  • ・・・
  • 集団感染が起きたのは、首都バンコクの競技場ルンピニ・ボクシングスタジアム
後で読む
  • 英断か、無責任か、それとも——…新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国と埼玉県から開催自粛を求められていた立ち技格闘技イベント「K—1」の年間最大イベント「K’FESTA.3」が22日に予定通り、さいたまスーパーアリーナで開催された
  • ・・・
  • 感染拡大が進む中で6500人もの観衆を集めた大規模イベント開催は異例のことで、社会的に波紋を呼ぶ大騒動に発展
  • ・・・
  • 選手、関係者の間でも賛否両論が渦巻く事態となった
後で読む
  • 80年代前半に爆発的人気を博した覆面レスラーの初代タイガーマスクで、現在はプロレス団体リアルジャパンを主宰する佐山サトル(62)が23日、パーキンソン病の疑いであると診断されたことが分かった
  • ・・・
  • パーキンソン病とは、運動障害を示す進行性の神経変性疾患
  • ・・・
  • 佐山は15年に狭心症の手術を受け、16年6月にエキシビションマッチで復帰したものの、その後も体調は復帰するまでの回復には至らず、大会ではリング上であいさつを行うにとどまっていた
後で読む
  • 23日放送のフジテレビ系「バイキング」では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国や埼玉県が開催自粛を求めていた格闘技イベント「K—1」が22日、さいたまスーパーアリーナで予定通り行われた件について報じた
  • ・・・
  • モデルでタレントのアンミカ(47)は…「政府が一番データを持ってるのに…政府が責任放棄みたいに主催者の判断に任せますって言われたら…」と語った
  • ・・・
後で読む
  • フリーランスでやっていく覚悟は持ってますから、これで弱音を吐くのではなく、この中で如何に闘っていくかを考えてやっています
  • ・・・
  • 3月22日K-1さいたまアリーナ開催!!K-1開催が格闘技業界の試験紙的な意味合いがあったと思う
  • ・・・
  • 前日のK-1開催中止要請…しかしK-1中村Pは出世です
後で読む
  • 猪突猛進の結果が悪影響を及ぼす流れは避けられそうもない
  • ・・・
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本政府が大型イベントの自粛要請を促しているにもかかわらず、主催者側は大会実施を強行
  • ・・・
  • いや、もうすでにK-1は「強行開催」というパンドラの箱を開けてしまった
後で読む
  • 大会開催前から西村康稔経済再生担当相と埼玉県・大野元裕知事は主催者側に自粛を要請
  • ・・・
  • しかし受け入れられず、当日会場にまで駆け付けた大野知事が報道陣の取材に怒りを露にする場面も見られた
  • ・・・
  • 会場は通常の収容人員より少なくするため座席数を減らす措置も行われたとのことだが、それでもリングへ近づくほどに大勢のファンが密集
後で読む
  • ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が自身のツイッター(@kskgroup2017)を更新
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスに関するメディアの報道の仕方に物申した
  • ・・・
  • 本田は自身のツイッターで…「…死者が『5000人突破』…」
後で読む
  • 23日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、国や埼玉県が開催自粛を求めていた格闘技イベント「K—1 WORLD GP 2020 JAPAN〜K’FESTA.3〜」が22日、さいたまスーパーアリーナで予定通り行われた件を特集した
  • ・・・
  • 「…補償するということを強く打ち出すべきと思います」と話した上で「都市閉鎖などと言ったら莫大な経済損失ですが…補償をすることで文化を守り…もう少し強く言うべきではないでしょうか」
  • ・・・
後で読む
  • 武尊は急遽の対戦相手変更について…今回の試合を「試練」と評した
  • ・・・
  • 武尊も左インロー…左インローの連打は武尊! ペッダムも左ミドル
  • ・・・
  • しかし武尊もしっかりチェックし前足へのローでペッダムは後退
後で読む
  • タイの格闘技「ムエタイ」での集団感染止まらずバンコク首都圏は3月22日から事実上”封鎖“政府呼びかけ「社会的距離」が感染阻止する鍵タイの首都バンコクは3月21日、市内のデパートや娯楽施設などの営業を3週間禁止すると発表した
  • ・・・
  • それに先立ちタイ政府は入国規制の厳格化も発表した
  • ・・・
  • そして急増の主要因の一つが、タイの格闘技「ムエタイ」競技場で発生した集団感染である
後で読む
  • ボクシング亀田3兄弟の父・史郎氏(54)と、現役ボクサーでモデルの長女・姫月(ひめき、20)が「亀田家の真実はコレやSP」をテーマにトークした
  • ・・・
後で読む
  • 「…やるも叩かれ…やらないも叩かれ…じゃあ誰が悪いのか…」
  • ・・・
  • 経済の専門家の見地からも対策委員会を組織して欲しいという意見とともに…その思いが語られた
  • ・・・
後で読む
  • 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、国や埼玉県が開催の自粛を求めていたキックボクシング団体「K-1」の大規模なイベントが当初の予定どおり22日、さいたま市で開かれました
  • ・・・
  • 大野知事は会場を訪れ、主催者側による感染防止策を確認しました
後で読む
  • 東京五輪の「延期論」が一気に盛り上がっている
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、これまで国際オリンピック委員会、大会組織委員会は一貫して「通常開催」を主張してきたが、この状況に業を煮やした各組織団体の幹部らがついに「延期」を声高に叫び始めたのだ
  • ・・・
  • その発言や見解は一種の“踏み絵”と化しているという
後で読む
  • 国際オリンピック委員会の渡辺守成委員(61)が21日、日刊スポーツの取材に応じ、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で通常開催の是非が問われている東京オリンピックについて「…アスリートファーストの観点から通常開催を目指すべきだ」と答えた
  • ・・・
  • 渡辺氏は国際体操連盟会長…今月12日、聖火採火式が行われたギリシャ・オリンピアでIOCトーマス・バッハ会長らと東京五輪・パラリンピック大会組織委員会側で会合が行われた中に、渡辺氏はいた
  • ・・・
  • 渡辺氏は57%もの東京五輪代表選手が決まっている状態を加味し…「…バッハ会長は元オリンピアン…」と語った
後で読む
  • さいたま市で22日開催予定の格闘技イベントを巡り、西村康稔経済再生担当相が21日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、主催者側に自粛を促すよう埼玉県の大野元裕知事に要請した
  • ・・・
  • 県関係者が明らかにした
  • ・・・
後で読む
  • 日本政府は21日、北朝鮮が発射した飛翔体を弾道ミサイルと断定し、国連安全保障理事会決議に明確に違反すると非難した
  • ・・・
  • 河野氏は記者団に、北朝鮮国内でも新型コロナウイルスが感染拡大しているとの見方を踏まえ、発射との関連性を指摘
  • ・・・
  • 慎重に分析を進める方針だ…「…しっかり情勢分析をしたい」と…防衛省で記者団に強調した
後で読む
  • 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大していることを踏まえて、日本ボクシング連盟の内田貞信会長は、個人的な考えとして「選手が平等に力を発揮できるならば、オリンピック開催を1年延期するのがベストではないか」と述べました
後で読む
  • タイ保健省は20日、タイ国内で新型コロナウイルスの感染者が新たに50人確認されたと発表した
  • ・・・
  • このうち18人は集団感染が起きたバンコク都内のボクシングスタジアムで感染したとみられる
  • ・・・
  • ボクシングスタジアムではさらに数百人が感染した恐れがあるとみられ、保健省が情報提供を求めている
後で読む
  • ボクシング男子ライト級の成松大介選手など3人が20日、開催国枠で東京オリンピックの代表に内定しました
  • ・・・
  • 都内で会見した成松選手は、「目標の金メダルへ絶対に勝つという気持ちで臨みたい」と意気込みを話しました
後で読む
  • 新型コロナウイルス対策を話し合う政府の専門家会議が19日夜に開かれ、新しい見解を公表します
  • ・・・
  • 感染の状況について厳しい見方は維持する一方で、学校の再開やイベント自粛の一部緩和も議論される見通しです
  • ・・・
  • ただ、愛知県や兵庫県などで感染者が増え続けて新たに感染者が確認されている地域が出ている状況を重視し、政府が要請した学校の休校やイベントの自粛などといった対策も引き続き検討していくよう求める見通しです
後で読む
    米国株相場、7%超急落で取引停止 今週2回目のサーキット・ブレーカー 19日1時米国株相場、7%超急落で取引停止 今週2回目のサーキット・ブレーカー #fx
ソースは速報又はツイッター等
後で読む
  • 13年の判決確定以降、昨年1月に出所するまで、じつに5年と8カ月を生まれ故郷にある沖縄刑務所で過ごした
  • ・・・
  • 羽賀が罪に問われたのは、知人男性に未公開株の購入話を持ちかけ3億7千万円を騙し取ったとされる行為だった
  • ・・・
  • 「…3カ月は府警本部の留置所に入れられました…」その後収監された沖縄刑務所では…4畳半一間の独房が与えられることとなった
後で読む
  • 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、IOC=国際オリンピック委員会は16日、ロンドンで行われていた東京オリンピックのボクシングのヨーロッパ予選を中断するとともに、今後予定されていたアメリカ大陸予選と、最終予選を取りやめると発表しました
後で読む
  • 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、ボクシング世界バンタム級のチャンピオン、井上尚弥選手が来月アメリカで行う予定だった3団体統一戦が延期されることになりました
後で読む
  • 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日本人観光客も多く訪れるアメリカ西部ラスベガスのカジノやホテルが相次いで休業することになりました
  • ・・・
  • ネバダ州ラスベガスはプロボクシングの試合などが開かれるショービジネスの中心地で、こうした催しへの影響も懸念されています
後で読む
  • カシメロのトレーナーが早朝のドーピング検査に不満、SNSでファンにアピールボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロと3団体統一戦を行う
  • ・・・
  • 「イノウエも今日受けているのか?」と早朝検査に不満を露わにしていたが、ファンのコメントに対して「日本人側に立った不公平なテスト」とつづっている
  • ・・・
  • エレディア氏は早朝にドーピング検査が実施された事実を公開
後で読む
  • 「麒麟」の川島明が、カラオケ映像に関する豆知識を披露
  • ・・・
  • お笑いコンビ「麒麟」の川島明が7日放送の『川島大悟の言いがかり提案します~世の中もっと良くしません?~』に出演
  • ・・・
  • カラオケの…「本人映像」に言いたいことがあるという川島は「カラオケの映像が本人映像だと…」と訴えた
後で読む
  • 井上は日本選手初の3団体王座統一戦(4月25日=日本時間26日、米ネバダ州ラスベガス)で、WBO王者のジョンリール・カシメロ(31)=フィリピン=と対戦予定
  • ・・・
  • 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国が渡航規制を強化する動きがあることから、試合3週間前の現地入りを早めることを検討した
  • ・・・
  • しかし、年明けに申請したビザがまだ発給されていないという
後で読む
  • 海外メディア「ボクシングシーン」が同日、アルバレスが契約するインターネット・スポーツ配信大手DAZNのスキッパー最高責任者が、年内に計画する3試合として、5月にビリージョー・サンダース、9月にゲンナジー・ゴロフキン、3戦目に村田と対戦する意向を示したと報道
  • ・・・
  • 村田サイドは当初、5月末に国内でのアルバレス戦実現を目指して交渉していたが、相手陣営がメキシコ最大の祝日「シンコ・デ・マヨ(5月5日)」を理由に日本行きに難色を示したため、合意直前で試合が流れた経緯があった
  • ・・・
  • アルバレスは、18年にDAZNと11試合3億6500万ドル(約400億円)の大型契約を結ぶなど、現代のボクシング界で最も「稼ぐ」ボクサーと言われ、昨年11月には、ライトヘビー級で世界王座を獲得し、4階級制覇を達成
後で読む
  • 井上尚弥戦は後回し? リゴンドーが“逆3階級制覇”狙うと米報道「Sフライ級で…」リゴンドーのSフライ級転向案が判明、トレーナー「王座を獲ったと言うためだけに」ボクシングのWBA世界バンタム級正規王者ギジェルモ・リゴンドーが、階級を下げて“逆3階級制覇”を狙う可能性が浮上している
  • ・・・
  • 2階級制覇を達成したばかりだ…バンタム級の統一戦を目指しつつ…スーパーフライ級のタイトル獲得も目標だという
  • ・・・
  • スーパーフライ級で“逆3階級制覇”を狙い、再びバンタム級に戻ってくる計画があるようだ
後で読む
  • ボクシングのWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦は2月29日(日本時間3月1日)、元4階級制覇王者の挑戦者ローマン・ゴンサレスが王者カリド・ヤファイを9回TKOで下し、王座奪取に成功した
  • ・・・
  • 再び頂点に輝いたロマゴンは次戦の相手を指名
  • ・・・
  • かつてパウンド・フォー・パウンドの頂点に君臨したロマゴン
後で読む
  • 3年ぶりに世界タイトルを手にし、完全復活を証明した
  • ・・・
  • ゴンサレスは2017年3月に当時のWBC世界スーパーフライ級王者シーサケット・ソールンビサイに判定負けを喫し、タイトルを失い、同年9月の再戦でも4回KOで敗れた
  • ・・・
  • 今回は約2年半ぶりの世界戦だった…初回から両者とも小刻みにステップを踏みながら距離を近づけ、打ち合った
後で読む
  • KO率98パーセントを誇る絶対王者は、何もできぬまま王座から陥落した
  • ・・・
  • フューリーが優勢に試合を進めていたとはいえ、王者として、アメリカで臆病者と揶揄されることもあるタオル投入による決着はプライドが許さない
  • ・・・
  • 24日にアメリカ・メディア『Yahoo Sports』のインタビューに応じたワイルダーは、最終的な決定を下したリードトレーナーのマーク・ブリーランドに対するやり切れない思いを激白した
後で読む
  • 劇的な引き分けに終わった1回目の対戦から14か月ぶりの再戦で、フューリーは相手に耳や口から流血させるなど終始ワイルダーを圧倒
  • ・・・
  • 無敗を維持し、2回目のヘビー級王座を獲得したフューリーは、「キングが王座に戻ったぞ」と宣言している
  • ・・・
  • ジョシュアは2019年12月、アンディ・ルイス・ジュニアとの再戦を制してWBAとIBF、WBOのベルトを奪還した
後で読む
  • 現地時間2月22日、アメリカのラスベガスにあるMGMグランドガーデン・アリーナで行なわれたボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチで、元3団体統一王者フューリーは、王者のデオンテイ・ワイルダーに7回1分39秒でのTKO勝ちを収め、王座に返り咲いた
  • ・・・
  • 当人もこの勝利に対する並々ならぬ想いを明かしている
  • ・・・
  • さらにフューリーは、自身に悲観的な見方をしていた周囲に対する反骨心を抱いていたことも告白している
後で読む
  • 意外と知られていない後楽園ホールの詳細に迫った
  • ・・・
  • ボクシングやプロレスなど、格闘技の聖地として名高い後楽園ホール
  • ・・・
  • 以降、後楽園ホールはプロレスやキックボクシングなど様々な興行に活用されることになる
後で読む
  • ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは22日(日本時間23日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われ、王者デオンテイ・ワイルダーと元3団体統一ヘビー級王者タイソン・フューリーが対戦
  • ・・・
  • 世界が注目した全勝同士の再戦はフューリーが7回1分37秒TKOで制し、新王者となった
  • ・・・
  • 戦績は30勝1分け…2人は18年12月に激突しており、1年2カ月ぶりの再戦
後で読む
  • 株式会社ミクシィが主催する財団が運営する…村田はボクサーの現状を訴えた
  • ・・・
  • 「…主な収入はアルバイト…」日本チャンピオンになっても…厳しい現実もあるという
  • ・・・
  • 「…ボクシングはアルバイトで…主な収入は違う所という話にもなってしまう…」
後で読む
  • スーパーフライ級進出して4階級制覇を狙うと表明した
  • ・・・
後で読む
  • 決戦の2月に入り、米メディアのムードも盛り上がっているが、スポーツ専門局「ESPN」の名物解説者でトレーナーのテディ・アトラス氏はマイク・タイソンらを比較した上で「史上最強パンチャーだ」と絶賛している
  • ・・・
  • 史上最強のパンチ力…それは、かつての名王者と比べても上回るという
  • ・・・
  • 改めてワイルダーの魅力について念押しした
後で読む
  • JBCと秋山弘志理事長らに総額約6億6400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は1月31日、「処分は裁量権を逸脱して違法」として計4550万円の支払いを命じた
  • ・・・
  • JBCは「亀田ジムのマネジャーが記者会見でJBCの信用を損ねた」として、14年2月に会長とマネジャーの資格更新を認めない処分をした
  • ・・・
  • 興毅氏も…JBCの秋山理事長…当時の事務局長代行の浦谷伸彰理事の退陣を要求
後で読む
  • 2年7か月ぶり2度目となる米国上陸だが、聖地・ラスベガスでは初となる
  • ・・・
  • 井上と同じく3階級制覇王者のカシメロは、11月末に世界戦最速の11秒KO記録を持つゾラニ・テテからWBO王座を奪取
  • ・・・
  • 井上との統一戦を熱望していた…ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノ内にあるイベンツセンターでは、17年12月に尾川堅一がテビン・ファーマーとIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦を行っている
後で読む
  • 村田涼太、次の対戦相手は世界最強ボクサーに決定 興行収入は史上最高かWBA世界ミドル級王者・村田諒太(34)の次戦の相手が内々で決まった
  • ・・・
  • 驚くなかれ、あの“カネロ”である…階級を超えたアメリカの最強番付“パウンド・フォー・パウンド”で、井上尚弥が日本人史上最高の3位にランクインしているが、カネロは1位に君臨
  • ・・・
  • ファイトマネーは数十億円に達し、稼ぎの面でも世界一である
後で読む
  • 日本スーパーバンタム級では、元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎氏(49)の次男・寿以輝(23)=大阪帝拳=が7位にランクイン
  • ・・・
  • 辰吉は昨年12月に日本バンタム級5位・中村誠康(27)=TEAM 10COUNT=を4回TKOで下し、上位の日本ランキング入りが確実視されていた
  • ・・・
  • 中村は辰吉の1階級下ながらWBOアジアパシフィックのバンタム級13位にランクしている強豪で、辰吉にとって初めて迎える日本の上位ランカーだった
後で読む
  • JBCは1952年に設立され、国内で行われるプロボクシングの試合を指揮、監督する組織
  • ・・・
  • JBC側に厳しい判決が出ると、国内のプロボクシング興行やライセンス発行に大きな影響が出る可能性がある
  • ・・・
  • 関係者によると、同地裁はJBC側が亀田氏側に4千万円を支払う和解案を提示していた
後で読む
  • WBC王者ウーバーリとの統一戦について言及、次戦は4月25日が有力ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥に対し、海外からは大きな期待が寄せられている
  • ・・・
  • WBSS決勝でノニト・ドネアを死闘の末に破り、多くの海外メディアから称賛を集めた井上
  • ・・・
  • 井上の次戦は4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスで開催されることが有力視されている
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む
後で読む